Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Blogで数式を書く MathJaxを使ってみる

最近は、こんな方法を使ってます。

くろきげんさんがMathJaxを使ったBlogで数式を書く例を書かれているので、試してみた。
2次方程式 $ ax^2 +bx + c = 0 $ の解は
\[ x = \frac{-b \pm \sqrt{b^2-4ac}}{2a} \]
ふむ。Blogのテンプレートを編集しなければなりませんが、こちらの方が、数式中の文字がキレイですね。

ブログの「見た目」のテンプレートをまだ選びかねているので、テンプレートの編集が面倒ですが、MathJaxで行きましょう。

[2014/8/10 追記]
スポンサーサイト

Blogで数式を書く、 肩慣らし

最近は、こんな方法を使ってます。[2014/8/10追記]
数式をBlogの中で使うにはどうすればいいのかちょっと調べてみた。こちらの方がcodecogというサービスを利用する例を書いていたので、真似してみます。

< img src="http://www.codecogs.com/eq.latex? x^3" alt="" />

みたいなHTMLタグを書けばいいらしい。
結果:



おお、ちゃんと書ける。

数式をインライン表示させるときには< img src="http://www.codecogs.com/eq.latex? x^2+2 \cdot x + 3"/ >のように入力するらしい。
数式をインライン表示させるときには のように入力するらしい。おおー、これはすばらしい。

二次方程式、 の解は、



なるほどねー。問題はTeXの書き方になれないといけないことと、結構表示に時間がかかることですな…
いまいち、表示が汚いですね…TeX系のサービスを使う方法はほかにもあるようなので、もう少し調べます。

WD20EARS-00MVWB0 低速病発症の瞬間


WESTERN DIGITAL WD20EARS-00MVWB0 (2TB/SATA) [バルク品] 新品 税込

WD20EARS-00MVWB0のいわゆる「低速病」が発生する瞬間をとらえました。

 

Personalities : [linear] [multipath] [raid0] [raid1] [raid6] [raid5] [raid4] [raid10]md6 : active raid6 sdd3[3] sdc3[2] sda3[0] sde3[4] sdb3[1] sdf3[5]
      7764888832 blocks level 6, 64k chunk, algorithm 2 [6/6] [UUUUUU]
      [==================>..]  resync = 93.6% (1818411264/1941222208) finish=71.2min speed =28706K/sec
unused devices: <none>

Personalities : [linear] [multipath] [raid0] [raid1] [raid6] [raid5] [raid4] [raid10]
md6 : active raid6 sdd3[3] sdc3[2] sda3[0] sde3[4] sdb3[1] sdf3[5]
      7764888832 blocks level 6, 64k chunk, algorithm 2 [6/6] [UUUUUU]
      [==================>..]  resync = 93.7% (1819156420/1941222208) finish=79.3min speed =25634K/sec
unused devices: <none>

Personalities : [linear] [multipath] [raid0] [raid1] [raid6] [raid5] [raid4] [raid10]
md6 : active raid6 sdd3[3] sdc3[2] sda3[0] sde3[4] sdb3[1] sdf3[5]
      7764888832 blocks level 6, 64k chunk, algorithm 2 [6/6] [UUUUUU]
     [==================>..]  resync = 93.7% (1819349632/1941222208) finish=290.0min speed=7003K/sec
unused devices: <none>

Personalities : [linear] [multipath] [raid0] [raid1] [raid6] [raid5] [raid4] [raid10]
md6 : active raid6 sdd3[3] sdc3[2] sda3[0] sde3[4] sdb3[1] sdf3[5]
      7764888832 blocks level 6, 64k chunk, algorithm 2 [6/6] [UUUUUU]
      [==================>..]  resync = 93.7% (1819534680/1941222208) finish=320.8min spee=6320K/sec

Raid6の同期をとっているところですが、/proc/mdstatを30秒毎に表示させたところ、急激に速度が落ちる場合があるのが確認できました。3番目のところで、(同期の)残り時間がはねあがり、スピードが極端に落ちるのがわかると思います。 ウワサはやはり本当でした。  
6台もつかっていると、確率6倍ということですかね。  orz



Teamviewer Linux版

んー、なんか「お疲れちゃん」です。。。 orz


それはともかく、簡単にルーター越えができる、リモートデスクトップ、Teamviewerがlinuxにも対応しました。いままで、MacOSX版はあったので、linuxにも早く対応してくれればいいのに、と思ってましたが、やっとβ版が公開されました。早速インストールしてみますが、

Ubuntu 9.04 (カーネルは2.6.28-18)では○
Ubuntu 10.04 (カーネルは2.6.32-21)では×

という結果になりました。Ubuntu10.04で動作しないのは、残念。

まあ、βですので気長に待ちましょう。。。



ワイン

 クリスマスは、我が家では適当にお惣菜を買ってきて家でご飯にしています。家内が雑踏があまり好きではないのと、クリスマス・ディナーは美味しいものに出会う確率が低い(少なくともクリスマス以外の方が美味しい店が多い)ためです。

今回は、横浜で、オードブルとチキンのディアボラ(半身)を買ってきました。オードブルはかなりおいしかったのですが、チキンは少しがっかり。ダイエーのロテサリー・チキン(結構いける)の方が良かった。デメルのケーキは「今風」ではないけれどとてもおいしかったです。

ワインはこんなのをあけました。cain5
ワインは一時期、米国出張のたびに、1ダース買い込んでくるほど、入れ込んでいたのですが、最近は保存のことを考えてさっぱりですけど…そのころのパターンとしては、$20台のものを中心に買って、1本だけ$60くらいを限度でお勧めを買ってくる感じだったのですが、根が貧乏なので高いものはなかなかあけられず、高いものだけが残っています。

 これは99年に$60で買ったもの。朝のうちからビンを立てて、食事の1時間ほど前にあけました。おいしかったです、ハイ。心配していた保存のまずさも私の舌ではわかりません(笑)。メルローが1/4近く配合されているせいでしょう、呑みやすく珍しく家内も美味しいといっていました。(家内は口が「おこちゃま」ですけど)

 95年のCain Fiveの値段を調べたら、$250なんてのも出てきました。びっくり。

そういえば、一週間ほど前に、六本木ヒルズの上のレストラン(寿司屋)で食事をしました。いわゆる接待を受けたわけで、もちろん私はただご相伴に預かっただけですが、そのとき、シャンパン、白、赤といずれもカリフォルニアワインをあけてくれたのだけど、ほかはともかく、白(フィメ・ブランだと思う)が抜群に美味しくて、ワインももう一回挑戦してみようかな、なんて思いました。
----
[本日の御託]
 で、六本木ヒルズの寿司屋ですが、隅で一人でメシ食ってるやつがいました。この不景気だっていうのに、IT成金さんでしょうかねぇ。(別にうらやましかねぇーぞ、笑)



FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。