Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Win7のDLNAサーバーを試す

 えー、プリンタを買いました。たぶん8年ぶりくらい。今回は、

【代引手数料無料】PIXUS MP990

これです。前回がCanonだったのでエプソンにしようかなーとも思ったのですが、エプソンは給紙が前からしかできません。それはそれで便利なのですが、シール台紙とかはうまくいかないような気がしてまたCanonです。しかし、6色インクなんてほんとにいるの?とも思いましたが、写真は本当にきれいです。とりあえず、満足。

 


それはともかく、Windows7(RC版)のDLNAサーバーを試してみました。VistaにもDLNAサーバーの機能はあったのですが、トランスコード機能がないので、私にとっては意味無し。市販ソフトも買ってみたりしましたが、SDのみ、5.1chには対応しないなど、orzな状態です。ちなみに、クライアントはRegza Z2000です。

 

C2D E6600でHD PVRで録画したH264のHDの動画を再生してみますが、なんかキタナイ。CPUパワーが足らないのかと思ってC2Q Q6300にも入れてみましたが、同じ。HDになりませんねー。だめだ、こりゃ(期待してなかったけどさ)。 

 



スポンサーサイト

U3 Windows7で動作しました…でも、やってもうた

日本では、なぜかいまいち話題にならないSandiskのU3ですが、Windows7で動かないものか、調べてみました。U3は、いわゆるUSBのフラッシュディスク(英語では、Thumb Driveって言います)なのですが、対応するアプリケーションやデータをインストールしておくと、どこのPCでも挿すだけで使える便利物です。

[送料210円~]SanDisk 8GB U3スマートドライブ USBフラッシュメモリ[メ]【お買い物駅伝0908】【エンタメ駅伝】
8GBもあれば、相当使い勝手があると思います。

調べてみると、いつの間にかVistaで動作するようにアップデートされてます。今まで、家のVista機で使うときには、いちいちVMPlayerでXPを動かしてその上で使ってましたが、アホみたい。 orz

多分、Vista用のアップデートで、Win7でもOKなはずなので、早速Sandiskから、アップデート用のプログラムをダウンロードして使ってみます。ちなみにこのアップデート作業は、XP、VistaのいずれのPC上でも行うことができます。アップデート作業は、U3のメディアの再フォーマットを含みますが、アップデート用のプログラムがデータのバックアップをしてくれることになっているのをいいことに、データのバックアップをとらずにやったら見事失敗。結構重要なメールとかを失ってしまいました。ちなみに、理由はよくわかりません。  orz

極めて基本的な手順を踏まなかった、己れを恥じるばかりですが、そのあとは順調です。Win7RCの32ビット版、64ビット版のいづれでも問題なく動作しました。

私は、Thunderbird,OpenOffice,Teamviewer,Skypeを入れています。世界中のどこのPCでも、これさえあれば一通りのことができます。


ところで、U3ってどうなっているのかと思い、Linuxで調べてみると、一つのU3デバイスの中に見掛け上2つのドライブがあるようになっていました。2つのパーティションがあるわけではないところが、ミソなのでしょう。後で、もう少し詳しくみてみたいものです。

 



Dell Inspiron 1520にWindows7インストールしてみました

手持ちのラップトップPC Dell1520にWindows7(RC版)をインストールしてみました。32ビット版、64ビット版とも拍子抜けするくらい問題なくインストールできてしまいました。PCに内蔵のWebcamもちゃんと認識して使えます。
 唯一問題なのはタッチパッド。これも「使えない」訳ではなく、設定の変更ができないだけです。機能としてはタッチパッドとして動作しています。(どうも、「タップ」で「クリック」になる設定は好きになれません)

 32ビット版の場合は、Dellのサポートページから、Inspiron 1520用のVista32ビット用のドライバをインストールすればOK。
 問題は64ビット版の場合です(1520にはVista64版の設定がない)。どうせ、タッチパッドのハードウェアはSynaptics製で同じだろうと、Vista64版の設定のある、 Alienware Laptop M17x (モンスターラップトップ、ちょっと欲しい。笑)のドライバを試しに入れてみたら。問題なく動作しました。まあ、ライセンス的には問題なしではないですが、とりあえずの「技術的実験」ということで…

 



GU-1000T Windows7で動作しました

 前に書いたように調子が悪い、Windows7RC(32bit版)を入れたリビングのPCですが、LANの調子が悪いのはどうもおかしいです。問題の切り分けをするために、LANを別の方法でつないで見ることにしました。
 「USBマンセー」(笑)な私は、こんなものも持ってます。

【在庫あり(15時注文迄当日出荷可能)】 PLANEX GU-1000T / 1000BASE-T ギガビット USB LANアダプタ GU1000T
Planexのサポートページから、Vista用のドライバを入れてあっさり動作しました。比較的大きなファイルをコピーしてみると、「タスクマネージャ」で見る限り、スピードは、250Mbps近くは出てるみたいです。USB2の理論的限界が480Mbpsですからまずまずいいと言えるでしょう。
WOLもちゃんと動作します。すばらしい。

デバイスマネージャで見てみると、ASIX AX88718というICが使われているようです。バスパワーで使うには少し不安を感じるくらい暑くなるのも、ギガビットLANのPHYは外付けなら仕方ないのかもしれませんね。ASIXのサポートページにはLinux用のドライバりますね(試してないけど)。ATOM搭載のマザーボードはNICは100Mbpsの物が多いので、1G化にはいいかもしれないです。

 


で、肝心のWindows7の調子ですが、問題なくなってしまいました。最終判断を下すには、もう少し様子を見る必要がありますが、もう少しこのまま使ってみます。

 

さて、なぜマザーボードNICが調子が悪いのだろう?NICが壊れてる。ケーブルが腐ってる。ハブの該当ポートが死んでる、のいずれだろうか?A/Vラックの裏に回るのは面倒くさいので、今日はここまで。。



FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。