Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんとなく、オランダ語を読む???

zwartschaap
謎に満ちたオランダ語だが、なんとなく読める時もある。
写真は、昨夜行ったルーバンの市庁舎(お城みたい)のすぐ裏にあるレストラン't Zwert Schaap
AとEは入れ替えて見ると意味が通じる感じがする時がある。Zwart -> ズワルト、 黒か?、Schaap → Scheep シープ
で「黒羊」。
通りの名前は、Boekhandelstraatで、boekはbook。handelはhandleに近い意味で、~を扱う、ちなみに作曲家のヘンデル(英国人)は同じ綴り。straatはもちろんstreet。で、「本屋通り」くらいの意味だそうである。発音は耳で聞く限りは、ボークハンデルストラート。
もうちょっと、規則がわかってくるともう少しなんとかなりそうなんだが…

ちなみに、レストランはベルギー料理かな。Simplified Frenchな感じでしたが、カモのロースト美味しかったです。ソースとかをもっと頑張ってもいいと思いますが…
デザートにチーズをいただきましたが、あまり気張らない街のレストランで、こんなに美味しいチーズが食べられるのは羨ましい限りですね…
スポンサーサイト

Did you kow ? 聖地巡礼

えー、エリちゃん絶好調ですが、明後日はみぞれ混じりの雨ってことで、乗れそうもないですね…

今回の出張の「聖地巡礼」その2です。Fairchild創業の地のそばなので、ついでに行ってきました。ちょっと難易度高め。住所は、365 East Middlefield Road, Mountain View, CA 94043

特に碑文とかもなく現在はただのオフィスです。Cogenra solarって太陽電池の会社ですね。ちょっとおもしろい技術です。

365 East Middlefield Road

正解は「続きを読むボタン」でどうぞ 続きを読む

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:海外情報

Traitorous eight 聖地巡礼

えー、日本に無事帰ってきました。時々思いつきでやっている聖地巡礼シリーズです。
Paro Altoの住宅街の中にある、HPの創業の地も有名ですが、こちらはFairchild創業の地です。カリフォルニア州の史跡の一つになっています。

Fairchild
続きを読む

テーマ:日記・日誌 - ジャンル:コンピュータ

アメリカでも「ポチ」る…

出張で、日曜からシリコンバレーに来ています。ホテルでスーツケースを空けたら、にゃんこのひげが入っていました。スーツケースとかすぐいたずらに来るからね…
この話を家内にしたら、家内のいたずらだそうです。犯人はおまえかよ orz

それはともかく、巡回コースでFrysでPCの部品をみたりしましたが、USBのFAXモデム($35)なんとなく買った以外は特に収穫なし。Hauppauge HD PVRはいつの間にか、$193.49に値下げされてます。orz

USでのPC関連品は、それほど安くはないです。現在の円高の水準ではとくにそうです。
AppleやIntelの様に日本法人がある場合は、ほとんど一緒。
台湾のベンダー製の製品は、日本の方が安い。
北米やヨーロッパの製品で、日本法人が無い場合は、場合によってはアメリカで買ったほうが安いです。

今回はカリフォルニア州なので、税金が10%くらいかかります。オレゴン州とかは0%でいいんですけどね。
また、通販の方が安いのですが、多くの場合は日本には発送してくれません。

そこで出張前に通販の申し込みをしてホテルに届けてもらうとかもしてます(笑)。最近はちょっと図太くなってきて、こちらについてから申し込みしてたりして…滞在中に届かない場合のリスクがありますから、お勧めはできませんけど…
コツとしては、運送業者に、FedexかUPSが使えるところがいいです。2daysサービスやオーバーナイトサービスが指定できます(送料は高くなります)し、Webからどこまで荷物が着ているかのトラッキングもできます。USPS(郵便公社)の場合もWebでトラッキングできますが、集荷後2日も荷物が移動しなかったり、トラッキングの更新が遅かったりで、ちょっとどきどきします。


Bluray diskの値段…

 無事、シリコンバレーに着きました。今回は、飛行機の中でよく眠れました。離陸する前に眠ることができて、目が覚めたらサンフランシスコのベイブリッジも通り越し、左側にアラメダ島の軍の飛行場が見えるあたりまで来てました。いつもよりはちょっと時差ボケの修正が楽かも..


それはともかく、「ブレードランナー」のブルーレイディスクを買いました。数ヶ月前に、ドライブは買ったものの、ソフトがなくてそのままだったので、何か欲しかったのです。
今週末にWOWOWで放送があるのは知っているのですが、こちらの家電量販店で見つけてつい買ってしまいました。というのも、ワークプリント(「2つで充分ですよ」)+劇場公開全4バージョン+デンジャラス・デイズ(いわゆる「メイキング」もの、これも今週WOWOWで放送)、しかも、日本語字幕もあり。あとはヴァンゲリスのサントラCDでもついていれば完璧!てなしろものが$34.99でした。

 

とは言うものの、私は82年の公開時には観ていない。理由は、リドリー・スコットの当時の前作にあたる「エイリアン」のB級SFな感じが好きになれなかったこと(でも今観るとそれなりに面白い)、当時すでにディックのファンであり、「アンドロ羊」ももちろん読んでいたが、更なるB級SFになることを食わず嫌いしたためで、結局92年のディレクターズ版を観てます。映画は基本的に小説に忠実なのですが、受ける印象はかなり異なります。
いわゆる「独自の解釈」がいい方向に出た稀有な例と思います。

WOWOWの放送はHauppauge HD PVRで録画できているはずだから、BDとどれくらい画質・音声の質が異なるかの比較をしてみようと思います。

それにしても、件の家電量販店でサムスンのBDプレーヤBD-P1600(日本未発売)が$169で売ってました。日本でもソニーやパイオニア製が価格.comでは2万円を切る水準になってますが、この値段は破壊力がありますね。思わず、後先考えずに買って、日本に持って帰ろうかと思ってしまいました(日本と米国はリージョンコードは同じ)。この値段を見てしまうと、2万円前後のBDプレーヤってまだ安くなる余地はあるというか、「AV家電」ってキビシイしょうばいなんだなぁ、とつくづく思います。




FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。