Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RAIDドライバのインストール(9) ~RAID5,再構成中~

 やっと、Raid5のリビルドのやり方がわかった。要は、RAIDボードのオンボードBIOSでは、RAID1しかまともに扱えないのと、最初のRAIDグループしか扱えないのだ。
そこで、Cドライブ(ブート用)にRAID1で10G割り当てることにした。
 HDDはRAID5用に3台ある。RAIDカードのチャネル番号にあわせてそれぞれ、0番、1番、2番と呼ぶことにする。Cドライブは0番と1番でRAID1にした。 その上で、(RAIDカードのソフト)のGUI上から、0番、1番、2番でRAID5で10Gの領域(Dドライブ)を確保する。RAIDマネージャからRAIDのtask managerを起動し、同期が終わるのを待つ(約7分)。


 この状態で、2番のHDDが壊れたことを想定して、SATAのデータケーブルをはずす。RAIDマネージャにはエラーが報告され、RAID5の領域は緑から黄色に変わるが、Windowsそのものは、問題なく動作するし、Dドライブも読み書きはできる。念のためこの状態でリブートしWindowsの動作としては問題がないことを確認する。
 次に、はずした2番のHDDをいったんLowLevelフォーマットしてしまう。そのあと(ホットスワップを想定して)起動したままの状態で、2番のSATAケーブルを接続する。
 RAIDマネージャにディスクが接続されたことが表示されるので、先のRAID5の領域に対してRebuildを実行する。このとき、物理的なHDDを選択するメニューがでるが、0番、1番はすでに使われているため、2のみが表示されるので、それを選択する。
RAIDのtask managerを起動し、同期が終わるのを待つ(約7分)。同期が終了すると、RAID5の領域は黄色から緑に変わり、復旧が確認できた。

 次に1番のHDDが壊れたことを想定して、SATAのデータケーブルをはずす。RAIDマネージャにはエラーが報告され、RAID1、RAID5の両方の領域は緑から黄色に変わるが、Windowsそのものは、問題なく動作するし、Cドライブ、Dドライブも読み書きはできる。念のためこの状態でリブートしWindowsの動作としては問題がないことを確認する。
 次に、はずした1番のHDDをいったんLowLevelフォーマットしてしまう。そのあと(ホットスワップを想定して)起動したままの状態で、1番のSATAケーブルを接続する。
 RAIDマネージャにディスクが接続されたことが表示されるので、まず、RAID1の領域に対してRebuildを実行する。このとき、物理的なHDDを選択するメニューが表示される。1番でも、(まだ領域の空いている)2番でもよいが、復旧ということで1番を選択する。
RAIDのtask managerを起動し、同期が終わるのを待つ(約15分)。同期が終了すると、RAID1の領域は黄色から緑に変わり、復旧が確認できた。
 0番のHDDについては、1番と同様なので、とりあえずテストはしていない。

日曜の貴重な時間を費やしてしまったが、これで、ファイルサーバーをやっとを本格的に使うことができる。
 なお、私の使っている、RaidのインターフェースとHDDはいずれも、SATA2対応でホットスワップをサポートしているが、SATA1の場合は必ずしもそうではないはずだ。
 さてあとは500G×3台をどうやって、RAIDとして運用するかだな...
----
本日の御託
インテルが大リストラを計画しているという。CPUはシェアを縮小しているし、フラッシュは儲かってないらしいね。ま、今なら比較的景気がいいようだから、ヤメた人も格段困らぬだろう...

 



スポンサーサイト

RAIDドライバのインストール(8) ~RAID5,再構成中~

う~ん、RAID5の再構成だが、まだ苦戦中だ。週末にやるしかないな.....
-----
本日の御託
先週の週末に近所のホームセンターで、TFALの調理用スプーンを買った。
まだ、楽天では取り扱いがないみたいだな。これだ。
似たようなものは以前から持っているのだが、継ぎ目無しの一体成型がやはりよい。
で、久しぶりにスパゲッティが喰いたくて、ソースを作るのに使ってみた。
よいね~。ま、レードルでもいいんだけど、専用のツールはやはりそれなりのことはある。お勧めである。



RAIDドライバのインストール(7) ~RAID5,再同期中~

約30時間かけて、RAID5のボリュームの同期ができたので、1台はずして、2台でちゃんと動作するか確認する。問題なし。
ということで、1台が不良になった場合を想定し、1台だけRAIDボードに接続して、RAIDボードのBIOSから、フォーマットする。
つづいて、残り二台を接続。
RAID1の時と同様に、一度RAID5を解除、再度RAID5をManualで作成。おり?ブートしない。å
 結局やり直しで、また30時間待つことになる。とりあえず、小さいボリュームでやればよかった。今度失敗したら、次はそうしよう...(つづく)
-----
本日の御託
で、いなばうあーってなによっ???(アメリカ出張中で、見ていない)と騒いでいたら(周回遅れの話題ですまん)、家内が絵を描いてくれた(親切な嫁だ)でも笑える。これ(桐箱入りだぜ)よりましかも...
仕方ない(なにが?)ので、家内が買ってきたCD
ケルティック・ウーマン
でRaise Me Upでも聞くことにする。



24bit/96KHz!(2)

オンキョーに文句ばっかり言うのもなんなので、e-onkyoで24bit/96Kサンプリングの音楽を買ってみた。一番コストパフォーマンスがよさそうな「ツァラトゥストラ」だ。が、ハマった(後で書く)。
 OnkyoのSE-U55GX(B)
【全国送料390円・在庫目安:豊富】ONKYO USBデジタルオーディオプロセッサー SE-U55GX(B)
があるので、24bit/96Kが再生できるのだ♪。
 まず、Tablet PCの内蔵のヘッドフォン端子(16ビット/48Kになる)と、SE-U55GXのヘッドフォン端子での比較。当然、SE-U55GXの勝ち。
 次にディジタル接続で、ASUS P4P-800SEのディジタル出力(16ビット/48Kになる)と、SE-U55GXのディジタル出力を、Sony TA-DA7000ESへ接続する。
このAVアンプは、2chの音声を、マルチ化する機能もあるが、ここは2.1で聞いてみる。冒頭のオルガン(16Hzだそうである)はスーパーウーハー炸裂だ(笑)。
う~む、SE-U55GXの方がよいのは確かなのだけど、その差は意外に少ないようにも思う。
 まあ、そうやって深みにハマっていくのがオーディオの苦しみ楽しみなんだけどね。
SE-U55GXには、ビット数や、サンプリング周波数の違い以外に、「ジッター値を大幅に低減する内部水晶クロック同期」機能がある。これは、PCの水晶発信器(一般的には特にジッタの低い部品は使われていない)に信号を同期させるのではなく、SE-U55GXの内部の水晶発信器に信号を同期させる仕掛けで、特に再生時にジッタを軽減させられる仕掛けである。USBのISO転送には、同期信号をこのようにする仕掛けがあるのだが、実際に使われている製品は少ない。まあ、SE-U55GXに使われている水晶発信器のジッタがどれくらいかは、カタログにも書いてないし、水晶発信器のジッタのレベルは人間には聞き分けられないという報告もあるようだが、気分の問題だ。
 さて、ハマってしまった点は、ダウンロードしたデータの再生(WMAなので、ウィンドウズのメディアプレーヤー)にはライセンスの取得が必要になるのだが、このライセンスは
 1)再生しようとするPC一台につき1つ必要(本当?)
 2)取得の回数に制限がある

のだ。(逆にWMAのファイルはダウンロードだけは、ライセンスに関係なく何度でもできるようだ)。従って、ダウンロードした後、後々主に再生するPC以外では再生しようとしてはいけない。あやうく、ステレオにつないであるMediaPC用のライセンスをとり損なうところだった。
 これら制限を考えると、DVD-AのDiscを買うほうがいいかなぁ、やっぱり...
Media Centerのメディアオンライン向けのサービスも始まるのね。

Raid5はまだ、同期中...
-----
本日の御託
冷凍みか~ん、冷凍みか~ん、冷凍みか~ん、4ヶ入り♪…」は、来るか?



RAIDドライバのインストール(6) ~RAID5,同期中~

RAID5のHDDの同期は、RAIDドライバのGUIから見ると約30時間かかるようだ。この間使えないわけではないが、あまり気分はよくないので放っておく事にする。
ただ、やっぱり500GのHDD3台の発熱はそれなりにすさまじく、ファンレスで使っていると、HDDの温度は長時間手では触りたくない温度(多分50℃を超えていると思う)になる。仕方ないので、8cmの静音ファンをさらに電圧を8V位まで落として廻すことにする。ということで、またしてもファンレス挫折である。
----
本日の御託
ウディ・アレンの「セレブリティ」見る。アレンは結構好きなのだが、やっぱり昔のスラップスティックコメディの方が面白いと思う。「泥棒野郎」とか「スリーパー」とか。デカプリオの演じてる二言目には「○ァック」と叫ぶ若手スターが秀逸。


RAIDドライバのインストール(5) ~RAID5~

結局RAID1の同期には20時間近くかかったが、問題なく復旧できることは確認できた。バックグラウンドで500Gバイトをコピーするのだからしかたないだろう。
ということで、HDDを3台にして、RAID5でOSを再インストールをはじめた。
パナがBlu-Ray Discドライブを出荷開始
Vistaもサポートするようである。
-----
本日の御託
日経新聞で読んのだが、鉄を半導体に利用する試みが進んでいるそうである。MRAM(磁気抵抗メモリ)の材料に使うことや、超高純度(99.9999%以上)のすることで、鉄の物性が変化する(ほとんど錆びなくなるそうである)、というのは知っていたが、半導体とはねぇ...



RAIDドライバのインストール(4) ~RAID1復旧編~

やっと、MaxtorからHDDが帰ってきた。4週間弱かかったことになる(遅いぞ!)。シリアル番号が変わったので、実質修理ではなく交換だな(だったら、なんでもっと早く送り返してこないかな...ぶつぶつ)。とりあえず、今HDD2台でRAID1運用しているので、1台をはずしてみる。ちゃんと動くがRAIDソフトのGUIからログを見るとワーニングがでている。次に修理から帰ってきたHDDをつなぎ(つまりRAID1の片割れ1台とまっさらな1台)、RAID1で修復を試みる。
BIOSのメニューには、Rebuild RAIDのメニューがあるが、使えないようだ。試行錯誤してわかったのは、この状態で、BIOSはRAID1ボリュームを認識している。これを、一度Deleteメニューで削除、CreateメニューでRaid1を選択、次にAutoではなくManualを選択し、Copyモードを選択。1台目の指定に、データの入っているHDDを、2代目の指定にデータの入っていないHDDを選択する。次に、その場でコピーをするか、あとでコピーをするかの選択がある。今回は後でコピーを選択。
その後OS(Windows XP)を起動する。
Windowsの起動後、RAIDのGUIを起動してみると、ログから、同期中であることがわかる。完了するまでは11時間ぐらいかかるようだが、この間アクセスできないわけではない。とりあえず、あとは待つだけ...
----
本日の御託
新聞の特殊指定を思う。押しなべてどの政党も維持を支持する、と言っている。
宅配制度の維持や、「健全な民主主義の発達に欠くことができない」というのが理由のようだが、宅配制度と特殊指定は本質的には別の問題のような気がするし、「健全な民主主義」に関しても、日本が他国に比べて、民主主義の健全性が進んでいるとも遅れているとも思わんが?...

PCの電源をリモートで入れる ~WOL編~(2)

この間のFileServerをWOLで電源を入れる話は、マザーボード上のネットワークインターフェースのハナシ。オンボードのネットワークインターフェースは100Mなので、USB接続の1Gのネットワークインターフェースを使いたい。しかし、USBでは、WOLは無理。
そこで、両方のネットワークポートにケーブルを繋ぎ、Hubに接続してみた。この状態で、ファイルを転送してみる。Windowsのタスクマネージャのネットワークを見ると、1Gのインターフェースが使われている。(よし、よし)
 ということで、次はコマンドラインから起動できるWOLのソフトを探す。前回同様、Vectorからwakeupというソフトをゲット。これが、一番シンプルそうなのだ。
 このソフトは、MACのPhysical addressのみを指定する。問題なく電源を起動できた。
あとは簡単なスクリプトを書けばいいだけ。
----
本日の御託
久しぶりに外人と呑んだが、オヤジってのは、国籍には関係ないな...(つくづくそう思う)



PCの電源をリモートで入れる ~WOL編~(1)

リビングに置いてあるMediaPCは、電源をMCE 2005のリモコンで入れられるようにしてある。
FileServerにするPCは、常時電源を入れっぱなしにしておくにはやっぱり、HDDの温度が気になる。前に書いたように、RAIDボリュームのドライブをスピンダウン(停止)できないためだ。FileServerは自宅の外部からアクセスする必要はない。主にMediaPCからアクセスできればよいので、電源が連動すればよい。
 今のPCにはWake On LAN(WOL)の機能が備わっているものが多いので、これを試してみる。WOLのソフトはネット上を見るといろいろあるが、とりあえずMagicBootというソフトをVectorから拾ってきた。
ターゲットになるPC(VIA EPIA SP-13000)のMACアドレスが必要なので、コマンドプロンプトから


ipcofig /ALL

で、Physical Address(16進数で12桁)を調べ、MagicBootに入力し実行する。
XP SP2だと、Port3708を使う警告が出るので、有効にする。
なんだ、簡単に出来た。これで、WOLでMediaPCの電源の入り切りで、FileSerevrの電源を入り切りする道筋が出来そうだ。
調子に乗って、MediaPC(ASUS P4P-SE)の方も試すが、うまくいかない。BIOSの設定を調べてみよう(今日はめんどくさいのでいいや...)。
----
本日の御託
最近、小学生の子供に英語を教える話をよく聞くが、馬鹿げていると思う。それより、国語をちゃんと教えた方がいいな。石原慎太郎は大嫌いだが、この件だけは賛成だ。
ネィティブスピーカーが教えるなら話は別だが、それでも、週に数時間では意味がなかろう。5~6才あたりまでに、ほぼ100%英語の環境にいないと「耳」はできないだろう。
税金の無駄使いである。



ETYMOTIC RESEARCH ER-4P (1)

え~、今日はネタがありません。
少し前の話になるが、カナル型イアフォンを買いました。ETYMOTIC RESEARCH ER-4P
ETYMOTIC RESEARCH エティモティックリサーチ ER-4Pです。
SureのE5Cもヒジョ~に気になったのだけれど、ヨドバシの秋葉原店で、聞き比べた結果、ER4の方が情報量が多い(ような気がした)、ということで、こちらに決定。
問題は、ER-4Sにするか、ER-4Pにするかというところ。試聴できたのは、ER-4Pだったのが、ネット上の情報では、P、Sともユニットは同じとのことだったので、とりあえずPを購入(S相当にするには、適当に抵抗を入れれば良い様だ)。
決して、安い買い物ではないが、この一年で買った買い物の中では、幸福度/単価は最も高いと思う(ハッピー!)。
注意点もいくつか。
 思いっきり、耳の中に入れないと、低音がちょっと弱い。という意味では、万人向きではないかも知れない。
 割とエージングに時間がかかる。毎日2時間ぐらい使っていたけど、音が安定しきた印象は、10日くらいかかってからだ。それでも、重低音はやや不足する感じ。
 全体の情報量は極めて多い。逆にいうと、ソースの音源のアラが目立つ。
まあ、TabletPCで聞いているのが主なので、そのチョロさが目立つのも事実である。
----
本日の御託
ヘッドフォンといえば、STAX
【送料無料】STAX SR-007(OMEGA II)
だ。STAXも決して安価ではないが、正直、同じ値段のスピーカーよりもオレははるか良いと思う。と思いながら、実際にはSTAXは買っていない。ヘッドフォンって、やっぱ普通には不便なんだよね~。 学生時代は、ゼンハイザーのバカでかい黄色いヘッドフォン(注、今は無い)をWalkman2で使っていたんだけどね...



FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。