Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Raid5再構築中の続き

 Maxtorのディスクを修理に出すついでに、もう一台HDDを買ってきて、500G×4台でRaid5を組みなおす。同じドライブに越したことはないが、今回はプラッタ数が5枚で同じということもありMaxtor 6H500F04もHGST HDT725050VLA360も容量はまったく同じ。「新しく入った娘だからみんな仲良くしてあげてね」と言ったからかどうかわからぬ(笑)が、問題なくRaid5は組みあがった。
1.3T 
 得意になって1TByte超のディスクにしてしまったが、デフラグのこととか考えると、もう少し小さくしておいた方がよかったかも...(いいもん、TeraByteにしたかったんだもん)。

 なお、すでに740G以上使ってしまっているが、そのうち500GはRegzaで録画したデータである。
----
 本日の御託
キロ、メガ、ギガ、テラ。で、その次は知ってます?そう、「ペタ」ですね。じゃその次は?答えは「エグザ」です。昔ExaByteというテープ式のバックアップ用の装置があったが、確か容量は10Gくらいだったと思う。今じゃじぇんじぇん役にたたないね。しかし、いい加減な名前だなあ、「話、1000万分の一」か?
 話がまたしても昔話に脱線してしまったが、じゃ「エグザ」の上は?
 答えはこのページに載ってます。しかし、お馬鹿でいいなぁ、このページ。



スポンサーサイト

Raid5再構築中

 Regza 37Z2000の録画機能は、テレビをあまりリアルタイムで見ないオレにとっては大変うれしい。だが、調子に乗って録画しているとハードディスクの消費が馬鹿にならない。なんといってもハイビジョン放送だと、一時間あたり100G10Gバイトくらい消費することになる。

んで、ディスクを増量することにした。今回はHGST(日立)にすることにした。500G、SATAということになると、
HDS725050KLA360
HDT725050VLA360、
HDT725050VLA380が相当する。
 HDS725050KLA360はサーバー向けのE7K500シリーズ、HDT725050VLA360とHVLA380は一般向けのT7K500でプラッター数(前者が5枚、後者が3枚)ということのようだ。VLA380は極めて品薄な模様。某所でHDS725050KLA360とHDT725050VLA360を見つけるが、1000円位安いVLA360を2台ゲット。しっかし、去年の同じ時期に比べ500GのHDDの価格はほぼ半分だ。

 先々週末にやるはず(急な出張でお流れ)だった作業を始める。ついでに、死んでしまった、FMVから、Maxtorの500Gのディスク6H500F0を移植し、Raid5のサーバーを500G×3から、500G×4に変える。
 まず、現在のRaid5、1Tバイト弱のボリュームのデータを新しく買ってきたHDD2台にバックアップする。(約24時間)
 次に、移植してきたドライブを、Raidコントローラにつなぎ、Raidを再構成する。
 しばらく様子をみて、大丈夫そうなので、バックアップしたHDDをマザーボードにつないで、再度電源をいれると、トラブル発生だ。

 移植したHDDがRaidマネージャーから見えない。仕方ないのでリブートして、Biosからは見えていることを確認、再度リブート。
 おろ?今度は新しいディスクが見えない...再度リブート(リ・リ・ブート??)、今度は見えたが、XPのロゴが出てきたところで固まる。かなりあせるが、移植したHDDのSATAケーブルをはずしてやれば、ちゃんとブートする。この時点で、移植HDDの故障を確信するが、一応、BiosでLowLevelフォーマットを試みる。当然ダメ、で修理(といっても結局交換だけど)決定。

 しかし、去年の同時期に買った、Maxtor 6H500F04の4台はすべて死んだことになる(しかも、故障モードはほぼ同じ)。こんなんで、いいのか?Maxtor!
----
 本日の御託
先週の海外出張で、家内に何も買ってきてあげなかったので、帰りのフライトのビジネスクラスのアメニティグッズをあげた(もちろん、洒落のつもりだけど)。
 中身は、歯ブラシやリップクリーム、靴下などだが、家内が靴下をみて、
「なに、これ~?」
と素っ頓狂な声をあげる。見てみると、その靴下はかかとがない。つまり、片方を閉じた、単なる布の筒だ。あまりのやる気のなさに、ひとしきり二人で笑い転げるが、
「もう、アメリカ人、ちゃんと仕事してよぉ」と家内。同感である(大笑い)

 






人柱...討ち死に...

 無事日本に帰りついた。アメリカでBestBuyという電気屋をうろついていたら、SlingBoxが売ってた。SlingBoxは、まあ大雑把に言えば、SonyのロケーションフリーLF-PK20のUS版みたいなもの。以前から知っていたし日本では最下位バージョンの"素のslingbox"のみ、アイオーデータが売っている

 この、レビュー記事によれば、解像度は320×240ドット固定とのこと。インターネット経由の視聴が前提ならば、まあ悪くはないと思うが、こっちは1920x1080が目標なので、興味なし。
 気になっていたのは、SlingboxProの方で、専用のブレークアウトボックスを使ことで、1080iでの入力が可能になる。SlingboxPro自体は、入力のビデオをネットワーク上にストリーミング配信するだけで、録画機能はない。が、ストリーミングを録画する方法はいくらでもあるので1080iでストリーミングに出すことができるのなら、ちょっと面白い。専用のブレークアウトボックスはコンポーネント信号をHDMIに変換してSlingboxProに接続するのだが、製造元のSlingMediaのWebページ上では、ずっと発売準備中のままだったのた。

今回ブレークボックスも見つけたのでちょっと気になってきた。ホテルからインターネット上の記事を探すが、1080iでストリームに出せるのかどうか書いた記事は見つからない。また、入力もコネクタこそはHDMIだが、HDで入力するためには、件のブレークアウトボックスを使わないとだめ。
 散々迷ったすえ、ひょっとして「このブレークアウトボックスは普通のHDMI入力につながったりしないか?」、とかなり勝手な妄想にもとづきブレークアウトボックスの方だけ買ってきた。

 早速Regzaに繋いでみるが、やっぱりダメでした(しくしく)。あとでバラしてみよう。
----
 本日の御託 アメリカ人を働かせるには?
 急いでほしいときにはなんて言えばよいか?
as soon as possible(ASSP) 
 英語の試験では○だと思うが、「すぐ」という感じが少し乏しい。ASAPは文字通り「できる限り」すぐ、という意味だから、「すっごく忙しいなら、後回しでいい」いうニュアンスもあるようだ。
 nowでもいいけど、メールで書くときはちょっとヘン。で、経験からいうと、immediatelyが一番反応してくれる気がする。
 ちなみにnowを強調したい場合はvery nowじゃなくて,right now。(もちろん会話ではvery nowでも十分意味は通じる。笑われるかもしれないけど)



SFOにて

訂正 BlackMagicのIntensityだが、誤)DirctX対応 → 正)DirctShowである。
今日日本へ帰るので、SFOにて、航空会社のラウンジで書いている。行きは、マイレージでアップグレードをしようとしたが、果たせず。
帰りは、金曜日の夕方に日本着で、直帰だからどうでもいいと思っていたら、フリーアップグレードである(ウシシ)。
まあ、平日に移動するのは仕事では無駄が多いから、相対的に空きは多いということだね。
(秘書さん達にお土産買うのわすれたな・・・)
----
本日の御託
ああ、蕎麦喰いてぇ。家帰ったら、「九つ井」でも、久しぶり(10年ぶり位?)に行くか。。



で、TVチューナーは?

(おとといの書き込みはなんだか、めちゃめちゃだなぁ。。いつものことだけど)
 調子にのって、ハイビジョン対応のキャプチャボードを注文してしまったので、TVチューナーを考えなければならない。
 ディジタル放送だから、MPEG2デコーダーによる画質の差は、事実上ないと思う(たぶん)。ただ、D3(またはコンポーネント端子)からのキャプチャを考えているので、D/Aコンバータやその周りの回路の作りは、当然画質に影響するに違いない。地デジ、BSデジタルハイビジョン対応のチューナーは3万円台からあるようだ。音声の出力が、デジタル(まあ、光でも同軸でもいいや)でAAC(サラウンドね)に対応だと、SharpのTU-HD200あたりか?
 kakaku.comで探したりしているんだが、D端子がD4対応というのは、実際のところどうなのだろう。Regzaでデジタル放送を見ている限りは、ほとんどのハイビジョン放送は1080i,つまりD3相当だ。D4つまり、720pで出力する意味があるのだろうか?よくわからん。
 まあ、当座はCATVのチューナーで実験することにしよう。
----
本日の御託
kakaku.comを見ていると、DVDプレーヤをいわゆる「リーフリ」にする話題を見かけるが、いいのか?これって。
ほとんどは誰かが「ハック」したものではなく、メーカーが裏でこっそり流していると、オレはかってに「確信」してるけど。つ~か、「それは言わない約束でしょ、お父さん」か?(笑)

コピワンの壁を越えて

 ハイビジョンを録画したいのである。Regza 37Z2000を買って2月あまり。昔のドラマの再放送はどうせソースがSDだからどうでもいいのだが、それ以外はすっかり、Regzaで録画したHD(ハイビジョン)のものしか見なくなってしまった。Regzaで録画はできるのだが、放送のMPEG2のストリームを記録することになるので、ファイルサイズが巨大(約10GByte/1時間)で往生する。HDDを増設する手はあるが、録画したファイルは、録画したRegzaでしか再生できないので、基本的には「観たら消去」である。基本的にはそれでいいのだが、中には保存して起きたいものもある。
 今のデジタル放送は、コピワンになっているわけだが、某掲示板を見ていると、HDMIのコピーをはずす方法はあるらしい。でも、オレの法解釈が正しければこれは違法行為。で、抜け穴は「D端子」だ。D端子はデジタルっぽい名前だが、実はアナログ・コンポーネント信号で、しかもコピープロテクションは(すくなくともいまのところ)ないらしい。

 で、PCでD3(1080i)を録画しよう!と考える人がいるわけだ。PV3なんて、製品もあったりする。ただし、販売量が非常に限られてるようだ。Yに対してUVを1/2間引きはいいとしても、水平方向の解像度がフルHDではないのは、さびしい。インターフェースにPCIを使っているため帯域が足らないらしい。ちょっとダサいな。PCIExpressにしてくれ。また、もし、将来コピワンが廃止(コピワンで放送しているのは日本だけだ)なんてことになったらちょっと悲しい。
 ノンスクランブルのHDMIを録画するBlackMagicDesign(すごい名前の会社だな、笑)のIntensityというのもあるが、これはこのままではだめ(秘策はあるけど)。ただ、プロ用の製品なので、録画ソフトがない。DirctX対応のようなので、「ふぬああ」がつかえないかなぁと去年後半に見つけてからずっと考えていたのだが、某掲示板によるとやはり大丈夫なようだ。
 でも、これも売り切れ...
 
 と、同じBlackMagicのアナログ入力つきの、DeckLink HD Studioの在庫を発見。即、「ポチッ」としているオレがいるわけだ。(海外出張に来ていて眠れずにネットサーフィンをしているとロクなことはない...)
 さて、PCIExpressの4lane付のマザーボードなんて、持ってないけどどうすっかな・・・
----
 本日の御託
仕事になってしまったので、連休の前半は録画してあった24シーズン2を観た。例によって、観終わると「なんだかな」って感じがしないでもないが、シェリー・バウアーはなかなか傑物だ。目下、シェリーの口真似が我が家ではちょっとしたブームだ(莫迦夫婦である)



旅の空から

実は、成田空港にいる。ちょっと、トラブルがあって緊急に米国出張になってしまった。
くたびれ気味なので、空港でフライトをビジネスクラスに(身銭というか、自分の持っているマイルで)アップグレードしてもらおうと思ったが、満席でできず。
 普段使っているNWでのFrequentFlyerProgram(いわゆるマイレージ)でのエコノミー→ビジネスクラスのアップグレードは片道で20000マイルなのだが、成田からサンフランシスコの一回の出張での実飛行マイルは約10000マイル、これに正規割引料金の場合+50%のボーナス、そして(昨年の嵐のような出張の結果として)プラチナクラスのボーナスが+125%。つまり、175%のボーナスプラス、インターネットでの事前チェックインで+2000マイル。要するに、エコノミーの料金でビジネスクラスへほぼタダでアップグレードできるわけだ。
 ま、満席では仕方ない(とほほ)。
----
 本日の御託
実は、4連休にするつもで金曜日は有給をとったのだが、トラブルのせいで、ほとんど半日働くことになってしまい、土曜日も半日仕事。
おまけに今日から米国出張である。
私の会社では、代休にならないんだよねぇ、この場合。
(と、サボることばかり考えているオレ)

だめぽ?

 完全ファンレスのPCを目指すべく、この2ヶ月ほど、ヒートレーンの自作をしていたのだが、どうもダメっぽい。ヒートレーンとしての動作はしているのだけれど、熱抵抗が多すぎるようだ。
 明日もう一度トライするが、それでダメならいったん諦めることにする。はぁ・・・
----
本日の御託
 じゃ、どうするか?まったく別のアイデアを試すつもり。まだヒミツ・・・


FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。