Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vardiaの値段は¥108,000(笑)

デジタルTVのチューナーが欲しいのでちょっと調べてみたら、意外に高いね・・・これだったら、ローエンドのHDDレコーダーを買った方が安い。
でも、せっかく買うなら、ということで、いわゆるHDDレコーダの購入をすこ~しだけ考えている。TVが東芝だから第一候補はやはりVardia。会社の近所の家電量販店を覗いたら、出たばっかりのRD-S601が、¥108,000(高いなー)。HD-DVDドライブ付のAシリーズはどうなんだろうと思って見たらHDD600GのRD-A600が¥108,000で同じ。なぜかHDDが半分のRD-A300も¥108,000。Aシリーズのほうがお得な気がするが、S601は例の「ダビング10」に対応予定があるのに対して、A-600/300はなし。一方、A-600/300は、録画したハイビジョンコンテンツ(コピー禁止番組を含む)を、REGZA Zシリーズなどからストリーミング視聴することができる。DLNAサーバーの機能があるのだ(ただし、TSモードで録画したものだけ)。東芝は、「ネットdeサーバーHD」と呼んでいます。
 一方、12月半ばには、MPEG4ベースで普通のDVD-Rにハイビジョン映像を録画できるRD-A301が発売になる。予約を受け付けている店を見つけたがこれも、¥108,000.
なんなんだ、この値段は・・・ orz.
----
本日の御託
 ネット上の噂では、東芝のVardiaはRD-X7、RD-A101、RD-A201という商品が待っているようである。もう少し様子見かな・・・


スポンサーサイト

RegzaでDLNA 後日談

前に、Regza(37Z2000)をDLNAクライアントにするために、サーバー・ソフトを調べたけど、そのときBHAのUltimateCSは「お試し版」が無かったので、試さなかった.
「まあ、いいか」と無駄遣い覚悟で買ってみた。ちょっと試した範囲では、まあまあ使えそう。、SD品質のWMVファイルをトランスコード機能を使って再生すると、ときどき少し絵が「がたる」けど、チューニングの余地があるかはまだ調べてない。サーバーのCPUはcore2duo E6600だからこれでCPUパワーが足らないとなると情けない。HDのMPEG2ファイルは問題なし(変換はしていないのだから当たり前)。
早送りや、巻き戻しなどは、RegzaでNAS上のファイルを扱うのに比べれば遥かに反応は悪いが、まあ、許容範囲内。
---
本日の御託
Wing.JPG
写真は、先々週からの米国出張の往路の飛行機で撮った写真。発色がイマイチですが、夕闇せまる群青色の空と、夕日に染まるオレンジ色の翼の対比がとてもきれいでした。時々こんな景色に出会いますが、数分で色が変わってしまいます。



出張報告 - ボーイング2707を見に行こう!

今回の出張の主な目的は、ボーイング2707を見に行くことです(「仕事は?」という突っ込みは無しです。笑)。少し前、Webの上でみなさんよくご存知のボーイング2707(知らないって)が、サンフランシスコ近郊のヒーラー航空博物館に展示されていることを知ったので、見に行ってきました。飛行可能な機体が作られなかったことは知っていましたが、設計の検討段階で作られた実物大のモックアップが移設さたのだそうです。(飛行機に乗るのは大嫌いなくせに)「コンコルドに乗る」という私の人生の野望は潰えてしまったので、その超縮小版です。

コンコルドに対抗すべく、1960年代に米国は、SST(超音速旅客機)の計画を立てます。
当時、小学校の低学年だった私の心をわしづかみ(笑)にしたのは、B2707でした。だって、ツポレフ144やロッキード2000は小学生にはコンコルドのマネっこにしか見えません。ところが、2707は可変翼ですよ、可変翼。「かっちょい~」ではありませんか!
2707-1.JPG
コックピット上方から。レンズが長すぎて全景をとれません。

2707-2.JPG
反対側から、

2707-3.JPG
でかすぎてすべては入らないので、この辺まで。

2707-4.JPG
最終案の三面図。今回、展示を見に行って始めて知ったのですが、2707も最終的には固定翼に変更され、翼の形も、「オージー翼」???という一升瓶を縦割りにした断面みたいな形(コンコルドも同じ)になってたんですね、知らなかった・・・ でも、独立した水平尾翼があります。

2707-5.JPG
コックピット脇にカナードがついているのも始めて知りました。可動式ではないようです。

2707-6.JPG
コックピット脇。よく見ると折れ曲がるところの継ぎ目がわかります。

2707-7.JPG
コックピット。前はほとんど見えません。よく見ると、操縦桿が2本生えてます。内側でリンクされているのでしょうか?ヘンです。

2707-8.JPG-8
ノーズコーン先端。
前からみると、先っぽは「先端恐怖」を感じない程度に丸められてます。テニスボールくらいかな。採算性や騒音の問題で結局計画はキャンセルされてしまいましたが、もし実現していたら、米国出張もさぞ楽だったろうと思います。可変翼のアイデアは後にB-1爆撃機に生かされます。

その他
trsureirand.JPG
サンフランシスコ湾のトレジャー・アイランドには、PanAmの飛行艇の発着場がありました。上の方に見切れて写っているのは、ベイブリッジ。右側がサンフランシスコ。

 

Hiller1.JPG
ヒーラーはもともとヘリコプターの会社なので、垂直離着陸モノが得意だったようです。


Hiller2.JPGもう少し、新しい型。左の方で見切れていますが、同行した同僚がフライトシミュレータに乗っています。モニターを良く見るとかなり水平線が傾いてます。このあと、彼は何度も「墜落」しています。


A4.JPG
A4イントルーダーのコックピット。私の膝が写っているとおり、搭乗できます。


corncob.JPG
1955年製 プラット・アンド・ホイットニーR4360-CB2型エンジン。28気筒、3500馬力。よく見ると、各バンクの各気筒がインラインでなく、オフセットをつけて巻き込むような形で並んでいます。エンジン長を短くするためでしょうか?この形から"Corn cob"(とうもろこしの芯)という愛称があるそうです。ボーイング377やB36のエンジンだそうです。


APU.JPG
APU。ジェット旅客機などの補助エンジン。写真はボーイング727-100(と-200)用だそうです。構造としてはガスタービンですね。


AD-1.JPG
AD-1。なんかパースが狂っているように見えます(笑)。NASAの実験機AD-1

 

お土産コーナーが充実してます。ここだけでも私は半日時間を潰せそうです(笑)。

B-2.JPG
写真は、B-2爆撃機。設計者のアル・メイヤーのオートグラフ(サイン)入り。マジで買ってしまいそうになりましたが、値段($199)もさるものながら、置き場所に関して家内とひと悶着するのは、必定なので断念。orz

お土産
necktie.JPG
で、お土産には、B-2の小紋とSR-71の三面図のプリントのネクタイ。左の方にあるのは、NWA柄のマグネット。先端を押すとエンジン音とともに、エンジンが赤く点滅する。

ああ、面白かった。
----
本日の御託、
家内(B2のネクタイを見て)「なにこれー、お魚みたい」
私「それは、ノースロップ・グラマンB2と言ってだな、アメリカ空軍の爆撃機だ」
家内「・・・」
私「ノースロップという人は、生涯、全翼機の実用化を夢見ていて・・・」
家内「ぜんよくき、ってなに?」
私「胴体も、尾翼も無く羽だけの飛行機」
家内「尾翼って、飛行機の後ろのところにあるアレでしょ?アレが無いの?」
私「そう」
家内「やだぁ、それじゃどこの航空会社かわかんないじゃない!
言うと思った・・・



Ghost of Smile

Ghost ofSmile

今日は、フレディ・マーキュリーの命日です。私もいつの間にか、彼が亡くなったのと同じ歳になってしまいました。今日は静かに(?)Queenを聴いて過ごすことにします。

写真は、今回出張中にUSで買った、SmileのCD(中古)です。Smileはブライアン・メイ、ロジャー・テイラーがQueen結成前に所属していたバンドです(というわけで、フレディは関係ありません、笑)。私は、LP、CDとも持っているのですが、友人に頼まれていたのを思い出して買いました。
コアなQueenファン以外には面白くもなんともありませんが、いくつかの曲がリメイクで初期のQueenの曲になっています。これらを聴くと、初期のQueenでは、フレディの影響が意外に少ないことがわかります。
-----
本日の御託


Led Zeppelin『Mothership』
そういえば、Zepの新しいベスト(再結成記念盤?)が出たので、出張中にCD屋へ行ったのだが、3軒まわって、3軒とも売り切れ。orz.
3軒目で、行儀のわるい客がやったのだろう、別の棚に1枚あるのを見つけてやっとGet($14.99+税)。



NRXにて

いや~、寒いね日本は。みんな考えることは同じと見えて、成田空港のJRの改札階の自動販売機は温かい飲み物が全部売り切れだよ。飛行機の中でろくに食事をとらなかったら、さすがに腹が減ってきたし、寒いのでなにか暖かいものが欲しい。スタバも長蛇の列で並ぶ気もしない。タバコを吸いに駐車場のところへ出て、そこの売店にカップの味噌汁があった。お湯を入れてもらい、それをすすり、タバコを吸ってやっと人心地がつく。
---
本日の御託
今回は、時差ぼけの調整の失敗したせいもあり、疲れた。時差ぼけの解消は年々難しくなるような気がする。歳はとりたくないものだ。

SFOにて

こっちはThanks Givingでみんなお休みになるので、いても仕方ない。ハイウェイ101を空港に向かい、いつも聞いているSan JoseのFM局KFOXの入感が悪くなり、空港の2マイルくらい手前にあるハイヤットホテルの緑色の屋根をみるころになると、「ああ、日本に帰れるんだな」といつも思う。
空港では、外でタバコを一本吸う。今回は出張に出てから旅程を変更したため、旅行代理店からは空港でチケットの買いなおしになるといわれていた(何のための代理店だ?)ので、説明する内容を考えながら、チェックイン。
梅宮アンナを45歳くらいにしたようなNWAの地上係に日本語で話しかけられ、一瞬言葉につまる。他人はどうか知らんが、私の場合、日本語を話しているときと、英語を話しているときで、脳の使われている部分がまったく違うと思う。英語を話そうとしているときに、日本語で話しかけられるとスイッチするのに明らかにタイムラグを感じる。英語のミーティングでは、メモも英語で取ってるし(でも綴りはわからないことも多い)…
----
本日の御託
成田での出入国手続きが簡略化されるようである。スタンプを押してもらえないのは寂しいかも?(笑)



シリコンバレーの寿司屋における”Plan B”とは

出張のリポートを適当に書き散らかして、6:00頃オフィスを出た。明日からはThanks Givingなので、この時間にはほとんど人影なし。晩飯は寿司屋で刺身(とビール)とかかな?いや、生牡蠣食ってないな・・・でも、暖かい物食べたいな・・・いっそ、日本食のスーパーで「どんべえ」?なんて考えて車で走っていたら、曲がるべきところを行き過ぎてしまった。で、こんな店を見つけてしまった。

 う~、危険な香りがぷんぷんしますね~(笑)。「Chocorate Sushi」ですからね~。しかし、ここまで「ぶっとんでる」感じだと、なんか怖いもの見たさというか、逆にどれくらい危険なのか見てみたくなります。まあ、死ぬことは無いでしょう(笑)。

で、行ってみました。店内は、赤、こげ茶、黒でカラーコーディネイトされていて、一見「創作和食バー」みたいで悪くありません。実際デートのカップルも数組みかけました。が、やっぱり韓国系のお店でした。
 こういう場合の"Plan B"は、
1)間違えたフリをして立ち去る(大人気ない)
2)枝豆とビールだけでやめて、別の店に移動(私の勤務する会社では出張中の飯は会社もちだが、さすがに一晩に晩飯「2回」は払ってくらないだろう・・・せこい)
3)とりあえず、一番寿司っぽくないものをオーダーする。
今回は3)。「Korean Chirashi」をオーダー。サラダと味噌汁が最初にくる。味噌汁は少しぬるいのを許せばまあまあ。もっとも味噌汁なんて、ダシ入りチューブ味噌を、お湯で溶いただけだって、インスタントよりはましなものになるけど・・・

で、出てきたのがこれ。KoreanChirashiぼけぼけの写真(GSM用にレンタルした、太古の携帯でとった)ですまぬ。匂いをかぐと、ごま油とにんにくの匂いがする。これをコチュジャン醤油で喰えということらしい。要は、ビビンバのナムルを生野菜にして、焼肉の代わりに刺身を載せて、ということだな。
コチュジャンと醤油を適当にかけて、ビビンバみたいに混ぜ混ぜしてスプーンで食べる。
んー、意外にいけるか?ちょっとだげ、わさび醤油でも食べてみたが、コチュジャンの方が美味しかった。

でも、"寿司"ではないな・・・(かえって里心がついてしまった。orz)
----
本日の御託
"Plan B"というのは、米語のスラングというか、もちろん、「A案」、「B案」のB案(代替案)の意味。会議とかで議論している内容がうまくいかなそうだ、というのが明らかになってきて、行き詰って、場の雰囲気が重苦しくなったりしたときに、
So, what is your, "Plan B" ? (で、どうする?)
と唯一の日本人である私が、ここぞとばかりに、つたない英語でこういったりすると、結構ウケたりする。ちなみに"Plan B"と言う時は両手で、Vサインで、指を曲げたり伸ばしたりする(「ダブルクォーテーション」のボディランゲージ)のがポイント。
まあ、こうやっていっしょうけんめい、こみゅにけーしょんのどりょくをしているのだよ、英語の苦手なオジサンは・・・



今夜から使えるデート向けレストラン (笑)

昨夜は、上司の元上司(ややこしいな)とお客さんの会食のお相伴にあずかる。お客さんの相手は、上司に任せて、私はひたすら食べる方に徹する。
Alexander's Steakhouseという、Valcoのショッピングモールの端、ちょっと日本かぶれのステーキハウスって感じ。

前菜は、マグロのたたきとか、まあそんなもの。柿(persimon)とかぼちゃ(punpkin)とPで始まる何か(忘れた)のPPPサラダは旨かった。

メインはギャルソンお勧めのSteak&Steakという(牛とロブスターのステーキ)を食べた。$65とかなり高額。シリコンバレーでは望外に美味しいレストランだった。まあ、メインはほとんど$45以上という個人的にはこれ以上の経験は無いぐらいの価格レンジなので、これで不味かったら客は来ないだろう。宮崎牛(A5)のステーキはなんと$250。誰かが頼んだら、私も頼もうとおもったが、だれも頼まないのでさすがに自重。

デザートメニューに「葉巻」があるのは、カリフォルニアでは「ありえない」。値段は$25~$100とかなり本格的。自分が「仕切り」のディナーであればともかく、同行者でタバコを吸うのは私だけでは致し方ない。
同僚がもらった、バニラアイスは、皿にココアパウダーで絵が描いてあったりと、さすがに普通の米国風を越える。
私は、ロクフォールをもらったが、これはちょっと熟成が足らない感じで、惜しかった。添えてあった、クランベリーのコンフィ(甘さがかなり控えめだったので、自家製だろうと思う)は極めて美味。

全体として、店構えや給仕など、全体としての高級感は結構いいと思うが、シリコンバレーではいわゆる「ドレスコード」はほとんどないので、私も含め、客の方が雰囲気をぶち壊してるかも(笑)。

ちなみに当地にも一応ドレスコードはあって、一番一般的なビジネス・カジュアルは、以下のような感じ。
 1)襟付きシャツ ~ ポロシャツOK、Tシャツ、タンクトップNG
 2)長ズボン ~ ただし、ジーンズはたとえデザイナーズブランドでも不可と思ったほうがいい。コッパンはOK、黒いズボンはすこしフォーマルな感じ。
 3)靴は、革靴のほうがのぞましい。スリップオン可。
(なんかこうして書くとゴルフ行くみたいなかっこだな・・・)

脱線しました。
結論
 デートに最適(するのか?シリコンバレーで)
 前菜は勘違い系な日本食の影響(メインは普通のステーキハウスメニュー)
 米国で食べた最高のステーキ。値段も最高(自腹じゃ正直きつい)。客単価はワインにもよるだろうけど$100は軽く超えるだろう。
----
朝会社の駐車場で、リスがぴょんぴょんと走り回っていた。植え込みの中になにか隠すようなしぐさをしていてなかなかカワイイ。携帯のカメラでとるが、ぼけぼけで載せられない。国際ローミング用に借りている電話なので使い方がイマイチわからないのも敗因の一つ。P905とかにマジで買い換えようかな・・・



デジタルオーディオ・・・そして、夢の後

現在の我が家のオーディオシステムは、サラウンドアンプ(Sony TA-DA7000ES)のプリアウトから、カマデンKITのTripath TA2020をメインアンプにしている。実は、去年の今頃、Tripath社の別のICを使って新しいアンプを作ろうと思ったのだ。そこでTripathの代理店をしている会社に知人がいるので、担当営業の人を紹介してもらおう何度かお願いしたのだが、なんかはぐらかされるようにうやむやになってしまった。「ああ、そういうことなのだな」とピンときたら、案の定今年の2月になって連邦法11条(=日本で言う会社更生法)の適用を申請してしまった
まあ、よくあることだけど。。。
formartripath写真は、Tripathの本社跡。Office for Rent・・・(ヒマなんだよ、悪かったな)

ラステームのRSDA302Pか、302Uという手もあるのだが、これに使ってる石はAPOGEE社のDDXi-2101。だが、APOGEEも、デジタルオーディオの技術(DDX)を既にSigmatelに売り払ってしまっているのである。頭が痛いことに、Sigmatelが数十Wクラスのパワーアンプのソリューションを出す気配が無い。
RSDA302P(またはU)はTA2020のキット(もう売ってない)やTA2041のキットの価格を考えれば、お買い得な気がするでしょ?確かにそうなのだが、APOGEEは在庫処分で、DDX技術を使った石や、その評価キットを投売りしているんだな、これが。さすがに石の方はリールとか箱入りレール単位なので、手が出ないが、DDXi-2101の評価キットは$45だ。(う~む、悩ましい)

さらに最近ヤマハの石を使った、こんなもの

■税込■[新品]SCYTHE SDA-1000(鎌ベイアンプ)
も最近発売されている。購入→即ばらして改造にはもってこいか?

TIからは、こんなニュースワイヤも来てるし。

本当は、自分で1からデジタルアンプ(パワーアンプね)を設計してみたいのだが、パワーMOS-FETって意外に遅いし、ハイサイドのドライバが悩ましい。
TIとかのほかには、
NXP(旧フィリップス)のTDA9831
とか、変わったところでは新潟精密のFN2151
みたいな石もあるけど。
----
本日の御託
Tripath
Direct Digital Path - Onkyo
Pure Path Digital - TI

って、みんなデジタルオーディオに関連した名前(商標)ですが、どこが一番早いのでしょう? やっぱりTripath? 倒産の記事とかをみていて見つけたんだけど、創設者の名前が、Tripathiなんだね。発音は「トリパチ」かな?(もちろん「チ」は「th」の音なんだけど)インド系っぽいな。。。



聖地巡礼、インテル本社 (4)

IntelRobertNoice写真はインテルの本社の中心的なビル、ロバート・ノイス・ビルディング(RNB)の入り口を写したものです。後ろのビルによく見ると「ロバート・ノイス」と書いてあるのがわかります。ノイスは、(ムーアの法則の)ゴードン・ムーアとともに、インテルの創業者の一人です(いわゆる「フェアチルドレン」の一人でもありますね)。ノイスの没後、記念して彼の名前をつけたはずです。RNBの一階はインテル・ミュージアムになっていて、インテルの歴史やら、マイクロプロセッサの動作原理を学ぶことができるようになっています。今日はあいにく日曜日なので閉まっています(土曜日は開いてます)。というわけでさっさとFry'sへ移動(ちなみAMDの本社はFry'sのそばです)。

PC関係では、あまりめぼしいものはありません。CPU、M/Bなどはアキバと同じくらい、HDD(バルク)はアキバの方が安いと思います。でも(HPブランドでない)CompaqのノートPC(Turion64x2、メモリ1G、OSはVista HomePremium)が$499はちょっと心が動きました。
テレビ関係は、今や日本と同じでLCD/プラズマ/リアプロしかありません。SamsungがSharp/Sony/Panasonic/Toshiba辺りと完全に遜色なく販売されています。Samsungだからって安いわけではないし、見た目がイモッポイことももう無いですね。いずれ追い越されると考えておいた方がよいでしょう。
東芝の37インチ液晶(1080p対応)が$1299でした。でも、価格.comとかだと、37C3500とかでも12万円切ってますね・・・
さすがアメリカって感じがするのは、薄型TV用の汎用のウォールマウントキットが出ていて$90~$150でした。

ソニーのDAV-IS10
http://www.jp.sonystyle.com/Qnavi/Detail/DAV-IS10.html
が出ていたので、ちょっと聴いて見ましたが、このスピーカーサイズからは考えられない音です。スピーカーだけ売って欲しい(笑)

アメリカでは、HDRadio
http://www.hdradio.com/
の放送がすでに始まっていて、デモしていた機械を操作してみましたが、普通のFMラジオとの差は(うるさい店内でも)歴然でした。

CD/DVDコーナーは半年くらい前にはBluRayとHD-DVDのコーナーは2:1~3:1くらいで、「勝負あったか?」という感じでしたが、今回はほとんど差がなくほぼ同じくらいまで巻き返したように思います。
SA-CDやDVD-Audioのコーナーは無くなってました。orz.
---
本日の御託
なんとなく、朝昼を抜いてしまい、3時のおやつに、Carl's Jr.の$6バーガーを食べました。$6バーガーはバーガー・キング(ちなみに、こちらのひとも「バーキン」って略しますね)のダブルワッパーみたいなもの。ついでに「なんとかチキンサラダ」も買ってきたのですが、ハンバーガーだけでお腹がいっぱいになってしまい、晩飯もスキップ。サラダは夜食になりました。まあ、マックの「ダブチ」が$1ですから、それなりに量が多くて当たり前ですが。CarlsJr



FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。