Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイルサーバーに使っているPCが

なぜか、WOLパケットに反応しなくなってしまった。特に設定を変えたはずはないのだが・・・なんか、壊れたかな???
----
本日の御託。
このニュースを見聞きするたびに、テリー・ギリアムの映画にでてくるデ・ニーロを思い出して笑ってしまう(事件そのものは笑い事ではないけど)。
ただの「配管工」じゃいけないのか?


スポンサーサイト

RegzaでDLNA 後日談その2

前に、Regza Z2000をDLNAクライアントにするために、UltimateCSというDLNAサーバー・ソフトを入れたことを書いたが、その続き。このソフトは、実際にはトランステクノロジー株式会社のOEM製品。機能的には、DLNAサーバーとして十分なのだが、私にとって大きな問題が2つある。

1)複数階層のディレクトリをサーバー上で登録すると、単一の階層になってしまうこと。
 100本を越えるビデオはこれでは管理しきれない
2)5.1chの音声を含む、WMVファイルを登録しても、クライアントでの再生が2chの音声になってしまうこと。
 ビデオファイルのトランスコードはしてくれるのに、オーディオはしてくれない。

で、技術サポートはBHAではなく、トランステクノロジーとのことなので、そちらに問い合わせをしてみたところ、
1.サーバーへの動画の登録に関しまして
DLNAのガイドラインによりまして、UltimateCSは複数階層のディレクトリを
サポートしておりません。
真に申し訳ありませんが、1階層でフォルダを並べて登録されますよう
お願い申し上げます。

2.WMV形式のマルチチャンネル(5.1ch)のオーディオの再生につきまして
この件に関しましても、DLNAのガイドラインによりまして、動画の音声は
すべてMPEG-1Audio Layer2(2チャンネルのステレオ)にトランスコード
されます。

との返事をもらった。まあ、仕方ないといえば仕方ないのだが、あらかじめ判ってれば買わなかった。まったくムダな投資になってしまった。ガイドライン準拠は当然として、独自の拡張があってもよいと思う。DLNAクライアント対応のTVはほとんど両方とも対応できていると思うし。
こういうことが対応できてこそ、製品の差別化にもつながると思うのだけれど・・・
----
本日の御託
少し前のネタですまぬが、イスラエル工科大の「ナノ聖書」の話があったが、(まともな記事はここくらいで、あとは要領を得ない)。0.5mm2の面積ということは、正方形として一辺が約0.7mm、記事中の「7m×7m」は約10000倍と考えられる。ということは、一文字が、約300nmX300nm位。写真の右下に5μmのスケールがついているので、大体計算はあっているだろう。写真で見ると線の太さはおそらく50nm以下かな。。。技術的には「FIB」(集束イオンビーム)と書かれているが一種のSEM(走査型顕微鏡)だろうと思う。半導体のいわゆる「直描」って、どれくらいまでできているのだろう?45nm位はできてないのかしら?
要は、どの程度スゴイ技術なのかがよくわからんのだ。



クリスマスの準備

職場のクリスマス・パーティ(というか忘年会だな)の賞品のワイン選びを、なぜか任されてしまった。近所のデパートのワイン売り場に行くが、実に悩ましい。なにせ、普段は米国出張の際に買ってくる、カリフォルニア産しか呑んでないし・・・最近は結構、カリフォルニア産のワインも売っているが、やっぱり米国で買うのに比べれば、1.5倍~2.5倍の値段がついている・・・
合計3本ということなので、フランス産赤白各一本と残りのはフランス産かせいぜいイタリアもしくはスペイン産にしよう。赤ならメドック、白はシャブリか?とわかりやすい選択をしようと決めたのだけれど、予算も決まってるし・・・
結局、メドックやシャブリは予算オーバー(というか予算内でよさげなものがない)で、赤はサン・テミリオンにし、白は、マコン。のこりはコード・デュ・ローヌの白(たぶんこれが一番C/Pがいいような気がする)を買う。
美味しいといいな。
---
本日の御託
実は少し前にTVでやっていた「モンドヴィーノ」という映画を見たのだが、まあ、グローバルブランド(「アメリカ人好み」といってもいいと思う)としてのワインの「造られ方」とそれに反抗するもの、といったところ。
ワインが好きなら、見る価値あり。
フランスでワインの製造が盛んになったのは、イギリスの金持ちが買い支えたからであって、それが今やアメリカ人に換わったのだからまあ仕方ないところ。

自分の好みのワインを飲めば良いわけだが、種類が多すぎるし、ヴィンテージによる
差も歴然とあるところが難しいところで、人様のために選ぶとなると悩ましいこと
この上ない。(なんかグダグダだな・・・)


Regza Z3500のリモコン

我が家のTVは東芝Regza Z2000ですが、Z3500のリモコンが使えるとのことなので試しました.試した範囲では問題なく使えています.HDD再生の早送り,早戻しなどが、蓋を開けずにつかえるほか、画面サイズ(Zoom)の切り替えが,メニューを開かなくてもつかえるようになりました.
ボタンはちょっと多すぎですね(笑)
Z3500のリモコンは家電量販店で、保守部品として取り寄せできます。(\2600)

Regza Z2000の方ですが,特に何かしたわけではありませんが,我が家のRegzaは以下のバージョン(対応バージョン)になってました.
T18-01DD-043-000E

参考URL
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20071129/toshiba2.htm
http://www.regza.jp/product/tv/support/dl/index.html#Z2000
----
本日の御託
ダビング10の道のりは遠い様で…
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20071217/dub10.htm

炊飯器

炊飯器(タイガー魔法瓶製)が壊れてしまった。10年ちょっと使ったので、まあ元を取ったといえるが、情けないのはその壊れ方。
ふたを支えているヒンジを押さえているプラスティック部品のツメが折れてしまったのだ。とりえずふたは閉まるのだが、これでは、ふたのパッキンがしっかりしまらないと思う。いまの炊飯器は圧力をある程度かけて炊飯するのでこれではうまく炊けない。自分で交換するのはちょっとしんどそうだし、部品がまだあるかどうかわからない。修理に出しても1万円くらいはかかるし、その間ご飯が炊けない。「ご飯を食べないとお腹がすくんだ。お腹がすくと怒りっぽくなるんだ。怒ると胃が悪くなるんだ。胃が悪くなるとご飯が食べられなくなるんだ。ご飯を食べないとお腹がすくんだ。...

(取り乱して失礼。)しかたないので、家内が新しい炊飯器を買ってきた。最近は、7万円を超える超高級機もあるが、買ったのは中級機。

タイガー魔法瓶/型番:JKI-A550KS/4904710344156 炊きたてミニ JKI-A550
同じタイガーなのだが、驚いたことに旨さが全然違う。炊飯器とかははっきり言って枯れた技術と思っていたので、この10年の進歩にちょっと驚き。
----
本日の御託。
なんにもやる気がしない...



東芝 Vardia RD-A301発売

昼休みに、ヤマダ電機を覗いたら、Vardiaの新製品RD-A301の展示の準備をしていた。A301は、MPEG4のトランスコーダを内蔵し、普通のDVD-Rにもハイビジョン画像を残せる(TSEモードと東芝は言っている)のが売り。パナソニックも類似の機能を持ったDIGAを出している。
ケーブルTVの外部チューナーの制御が可能なのはプチ・グッド。

展示の準備をしていた方は、聞くと東芝の方だそうで、ちょっと話をしてみた。

TSEモードは、現在は一度TSで録画し、後で変換する方式だが、ファームのアップデートで直接録画に対応の予定。ただし、一度TSで録画→変換を推奨とのこと。画質に関しては、37段階の調節ができるが、8Mbps以上を推奨とのこと。BSのハイビジョン放送のデータレートは約24Mbpsなので、その1/3。いま、SD画質の録画をPCでやっているが、MPEG2→MPEG4の圧縮で1/3くらいで画質の劣化はあまり感じないから、妥当な数字だと思う。

ネットdeダビングはTSEモードでもできません(orz)。
iLinkによる、Vardia間のHDムーブもできません(orz)。こちらは、A102ではできるようになるらしい。
ということで、ワタシ的には、A301はとりあえずパスかな・・・
A102は2008年2月くらいに発売予定とのこと

価格は、¥10,8000+ポイント10%とのこと。ここまではすぐ出たので、交渉しだいではもう少しさがるかも。
---
本日の御託
で、Vardiaの12月版のカタログ(A301が追加になったもの)を貰ってきた。表紙は、モデルの長谷川潤になっている。やっとCMにお金をかけられるようになってきたということか。RegzaのCMは(パンピーに何を訴求したいのか不明という意味で)わけわかんないけど。

 



クリスマスの準備

ワイン買いました。

ガッティ・ピエロ・モスカート[2006]白甘口微発泡  1025秋祭2

今年の家内の誕生日のお祝いのときに、レストランで飲んだワイン。私にはすこし甘すぎだが、普段はほとんど酒を飲まない家内が気にいったようなので、ゲット。
「モスカート」はいわゆる「マスカット」葡萄のことで、もともとの果汁が甘いためでしょうか、甘口のワインになります。
イタリアの「モスカート」はアスティ地方のアスティ・スプマンテ(スプマンテはスパークリング)というスパークリングワインが有名ですが、これもかなり甘口です。

アスティ・チンザノ・スプマンテ 並行 750ml 【新ボトル】

ガッティ・ピエロは「微発泡」タイプ。アスティ地方でも微発泡タイプを出してします。

ヴィッラ・ヨランダ モスカート・ダスティ750ml

----
本日の御託
ワインネタということで、(会社の同僚に教えてもらったものだが)USB Wine。バカすぎ(笑)。

 



PC over IPとは?

Teradici先々週Rambusのセミナーに行ってきました。タダ飯(昼飯付)につられたのが半分、個人的な興味が1/3、残りは仕事絡み(笑)。セミナーは正直あまり面白くなかったが、Teradiciという会社が、ショーケースに出ていた。この会社自体は以前から知っていたのだがデモが見られたのは興味深かった。
この会社の技術は、要はVNCやウィンドウズのリモートデスクトップ、あるいはシン・クライアントのような環境をリッチ・コンテンツ(動画やマルチチャンネル)でも使用できるようにするものだ。KVMエクテンション(キーボード、ビデオ、マウスとPCの距離を伸ばす)のひとつと見ることもできる。これを、今流行のX over IPにあやかり、PC over IPと呼んでいる。
現行の商品では、1920x1200の画面2つ画面と5.1ch,16bit/48kサンプル、USBをネットワークを通じて送ることができるとのこと。実際にデモでは、一台目のモニタでFullHD動画/音声を再生しながら、もう一台のモニタで3DのCAD画面をまったくストレス無しに表示できていた。基本的に送信側では、DVI-Dの画像を入力してハードウェアで圧縮しEther経由で受信側に送る。受信側ではUSBのインターフェースが使用できるのがミソ。

VESA(Video Electronics Standards Association)も似た様な規格を決めようとしていて、こちらはNet2Displayと呼ばれている。ちなみにTeradiciは、Net2Displayのワーキンググループにも関係しているらしい。

Teradiciはチップベンダーだが、IBMなどからはこれを利用した製品が出ている。デモをしていたTeradiciの人に、「送信側の入力は、HDMI1.3に対応して、8ch/24bit/96kサンプルの音声に対応してくれたら、ハイエンドのホームシアター用に使えるんだけど」などと話をしたら、「次のバージョンではそれくらいの機能を考えている」とのこと。

で、写真はGiveawayで貰ったもの。アイスホッケーの「パック」だそうだ。Teradiciのシステムのクライアント(受信)側のユニットを「パック」と呼んでいるのと、会社がアイスホッケーの盛んな、カナダのバンクーバーにあるためだそうだ(笑)
----
本日の御託
タダメシにつられていったセミナーだが、昼休みにメールを受信しようとしたら、地下なのでe-mobileの端末は使えず、地上階まで上がって、コーヒーショップでコーヒーとケーキを食ってしまい、普段の昼飯より結局高くついてしまった。なにやってんだろ、オレ・・・orz



FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。