Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑い… (2)

いや~暑いね、日本は。昨日、飛行機から降りたとき、間違ってシンガポールへ着いたかと思ったよ、わたしゃ...

冗談はともかく、マジこの夏を越えられるかどうか不安だ。水冷化するとかいう悠長な話ではなく、部屋が暑い。さっき部屋の温度計見たら35℃あった orz
外気(というか、普通の室温)+10℃だねこりゃ…
 
-ファイルサーバがQ6600+500GのHDD×7台
-録画サーバ(変な言い方)が、E6600+500GのHDD×3台
-玄箱HG(改)1T HDD

で書斎(というか魔窟)は大変なことになっている。

ただ電源が入っているだけなら、そうでもないようなのだが、エンコーディングとかやりだすと明らかに室温が廊下より高くなる。24時間換気の小さな換気扇はついているのだが、そんなものでは役に立たないみたい。エアコンを入れっぱなしというのあながちありえない話ではない。皆さんどうしてるんでしょね?

録画サーバーの方は、正直どうしようもないですね。カノープスのHD RECの付属の純正ソフトを使えば録画待機中は電源を落とすことができるのですが、使いにくいので却下。HDDの方もいかんともしがたい。(出張中に1TのRaid0ボリュームがディスクフルになって、録画できてないものもあった   orz)

ファイルサーバの方は、WOLを使用して使わないときに電源を落とすしかないですね。(500Gx3台でRaid5)×2セットで2Tを、1Tx3台にしたら少しはましになるかな...
VIA C3の死ぬほど遅いファイルサーバーに戻すってのも気が進まないし・・・
とりあえず、ファイルサーバの自動停止は今週中に実施しようと思います。
---
本日の御託
いや~、我ながら「笑いのツボ」が低俗だと思うが、何であんなに「パイ投げ」って笑えるんだろう。久しぶりに、「スマスマ」みて笑い転げただけなんですけどね・・・



スポンサーサイト

PDXにて

というわけで、出張も終わり、ポートランド空港でこれを書いています。寝坊したので、パッキングとかしていたら(昨夜のうちにやっとけよ)朝飯を食べ損なってしまい、かといって途中寄り道をするのには時間に余裕がないので、空港まで行ってしまうことにしました。空港までは道が空いていれば、40分もかからない(ポートランド市外からなら30分程度)です。FMでやっていた「フィガロの結婚」を1/3位聴いたところでついてしました。
ブランチはガッツリ肉を喰うか、不味い寿司を喰うか迷ったのですが、結局「Panda Express」(中華ファストフード)で軽く済ませました(ビールを置いてないのが残念)。
今回の出張はあまり面白いものではありませんでした。後半、日本からトラブルが追いかけてくるし、飯はイマイチ、遊びに行く元気もなし...

米国の景気後退が言われてますが、普通の生活にはあまりまだ影響はでてないように思います。もっとも、不動産とかは、(そう思って見るせいか)For Saleが去年来た時より目立つきがします。アパートメントメントも、「1ヶ月間家賃無料」とか「水道、電気代家主もち」なんてのもありますね。
----
本日の御託
そういえば、おととい会社の芝生を業者が芝刈りしていたのですが、芝刈り機はエンジン付の自走式のものでした。その形が遠目には「ん?ウチコマ?」という感じでした。案外そんなところにデザインモチーフはあるのかもしれません。



Fry'sへ行ってきました

今日は、仕事がちょっと早めに終わったので、暇つぶしがてら、Fry'sに行ってきました。(ポートランドは、緯度は高いは、夏時間だは、TimeZoneの西端だはで、この季節は午後9時になっても明るいです)。高速道路が空いていれば30分くらいで着くはずが、夕方のラッシュアワーにはまってしまい1時間くらいかかってしまいました。Fry'sはまあ、ヤマダ電機とか、ヨドバシカメラとかそんな感じのお店です。

C2D E8400がUS$209.99(ヒートシンクなしなら、$199.99)、QE6600が$239.99、QX9650は$999.99でした。さすがに今の円高水準では、こちらの方がいくらか安いですが、インテルはかなり良心的な為替レートだと思います。日本では、E8400とQ6600は大体同じくらいの値段だと思うので、ちょっと日本でのE8400は小売店がボッているような気がします(インテルの仕切り値が高い?)。

安かったのは、インテルのファンレスのセレロンが載ったD201GLY2で$69.99でした。多分日本での価格の6割くらい。箱を握り締めて5分ほど悩みましたが、ファイルサーバーくらいしか使い道がなさそうなのでヤメました。鈍足CPUは、以前VIAのC3で懲りました(さすがにC3の3倍くらいのスピードはあると思いますが)。Atomを使ったものが2~3ヶ月のうちに出るでしょうから、そのとき考えることにします(できればDual版Atom)。
HDDはバルクなら日本の方が安いくらい。

一緒に行った同僚は、5分ほどで「買うものがない...」と速攻で飽きていましたが、私は「ダメじゃん、そんなんじゃ。なにが何でも、何か買ってやろうというムダ使いオヤジの気概とかは、ないのか!?」とか毒づきながら、2GのMicroSDカードを$10.99でゲット(アキバの方が安いかも)
---
本日の御託
んでもって、日本はどれくらい平和なのだろうかと、
おまえらこれで仕事をしているつもりか、と
民主党も誰か止めろ、と
「『表現の自由』以前」という言い方は国会議員として恥ずかしくないのか、と(「言論の自由」も憲法で保障されているといえばそれまでだが)
まあ、オレはエロゲなくても大してこまらないけど、と、ここまで書いてニーメラの詩を想うのは、ステレオタイプすぎるだろうか?
某アニメの「メディア良化法」はあながち荒唐無稽な設定でもないということか...



当地の新聞報道によると

一度は消えたはずのマイクロソフトによる、Yahooの買収話が再燃しているという。
前回並みの価格だとすれば、たとえ成功してもちょっと高すぎやしないだろうか?
マイクロソフトは、ここまで(技術的にはともかく)財務的には堅実な経営をしてきたと思う
いかにGoogleを打倒するためとはいえ、「行くも地獄、行かぬも地獄」のような気がする。
----
本日の御託
きょうわ、かいしゃのひとといっしょに、おすしやてんぷらお、たべにいきました。とってもおいしかったです。



Crossloopいれてみました

家内の実家のPCが壊れたということで、新調するのにお手伝いをした。結局、ノートの方が良かろうということで、Sony Vaio Nと無線ルータで\125,000くらい。いわゆるポイントが結構ついて、5年保障をポイントで払っても、1万円以上ポイントが残ったので実質11万円代前半だった。
基本的なセットアップをするが、ADSLのセットアップは専用のアプリが必要でその日は断念して、一度自宅でソフトをダウンロードして翌日セットアップ。無線ルータもセットアップしてあげた。

それはそれとして、以前のPCはWindows98でそこから一気にVistaである。近所に住んでいるとはいえ、些細なことで呼び出されるのもなんなので、以前から気になっていたCrossloopというソフトをとりあえず自宅のPCに入れてみた。片方のPCをE-Mobile経由にしてみるが、まあ何とか実用にはなりそうだ。残念ながら、仮名漢字変換はうまく機能しないみたい。
家内の実家との接続をしたらまた簡単に報告します。

Crossloopは、ファイアウォールの設定とかを特に気にせず2台のPCのデスクトップを共有できるフリーソフトなのだが、調べてみるとVNC(Tight-VNC)をベースにしているようだ。認証は、
共有される側(サーバ側)で適当なパスワード(自動生成もしてくれる)を設定 → 電話などでパスワードを共有する側(クライアント側)に伝える → クライアントからパスワードを使ってアクセス → サーバ側で、アクセスを許可する(GUIでOKボタンを押すだけ)
という流れになる。サーバー側が有人でなければセッションが確立しないところがセキュリティ上のミソですね。また、パスワードの交換までは、Crossloopのサーバーを使用し、セッション確立後はP2Pになるようだ。
セッション確立までのサーバーも(少なくとも設定上は)他のサーバーを使うこともできるようだし、GPLなので、工夫次第で面白い使い方ができそうな気がする。
----
本日の御託
 実は、今米国出張(オレゴンのポートランド近郊)中である。今日は午後に到着した同僚と一緒に某所へ出かけた。予想してた以上に面白かったのだが、これはまた後ほど日を改めて書くつもり。それにしてもこの辺の田舎道は退屈である。風景は富良野辺りと感じは似ているけどね・・・



アムダールの呪い

Core2Duo Q6600にしたので、どれ位(「HD」の)ビデオのエンコーディング(WMVで2パス)が速くなったのか改めて計ってみた。
約3分のソースのエンコードは、E6600では約45分ほどかかる(大笑)のだが、Q6600では約30分だった...
なんだよ~、全然期待はずれじゃないか... orz
んで、原因を調べてみた。2パスエンコードなので、まず1パス目でソースの解析をするのだが、E6600でもQ6600でもこの解析におよそ15分かかっている。2パス目は、E6600で約30分、Q6600で15分かかっている。変ですね。
「タスクマネージャ」で見てみると、Q6600では1パス目は30~40%にしかなっていない。つまり、WindowsMediaEncorderの1パス目は、4スレッド化に全く対応していないらしいということ(とほほ)。たのむよ、マイクロソフト...
試しに、Q6600で同時に2つのビデオのエンコードをかけると約50分ほどで終わった。2つのエンコードの1パス目が(1エンコード時と)変わらず、2パス目が倍+オーバーヘッド分、もしくはE6600でのエンコード時間の倍より少し多い(オーバーヘッド)という結果になったので、ほぼ推測は正しいだろう。
WindowsMediaEncorderは速度優先の指定とかができるのだが、指定によっては、1パス目よりも2パス目のほうが時間がかかるなどヘンテコリンな状況も作り出せる。
とりあえず、Q6600では2エンコードを同時に実行することにすれば、スループットは改善されたことにはなるのだが、本来の目論見であった、処理速度の改善にはあまり効果がなかった。
「アムダールの呪い」である。やっぱ、E8x00だったな...(泣いちゃおっかな)
----
本日の蛇足
アムダールはIBMの370等のチーフアーキテクトであった、天才エンジニアである。「アムダールの法則」というのが、ここで書いた「呪い」。

玄箱HGのHDD交換

え~、玄箱HGのHDDを交換しました。玄箱HGはRegza Zシリーズの録画用にしているのだが、最近家内が(やっと)Regzaでの録画をおぼえて、いろいろ録画しているので、ちょっとHDDの容量が不足気味だったので交換したしだい。
今回の獲物は、WD10EACS

WD Caviar GPシリーズ 5400~7200rpm[IntelliPower] 1TB [Buffer:16MB] Serial ATAII/300 3.5インチHDD 【バルク品】【WESTERN DIGITAL】WD10EACS (1TB SATA300 7200)

玄箱HGの今までのHDDはDebian化している。いろいろ再設定するのは面倒くさいので、GPartEDでパーティションごとコピーすることにする。IntelのG965のマザーボードにつなぐが、なぜかIDEのHDDが見えない。
最新版のGPartEDに変えたら解決。3つのパーティションをコピーし、データ用のパーティションを目いっぱいまで拡張して終わり。約3時間で終わった。
鈍足と有名なWD10EACSだが、20MByte/Sくらいの速度はでるので、Regzaの録画用としては十分。今まで使っていた250GのIDEのHDDよりは静かで発熱も明らかに少ない。
あ、もちろん玄箱HGはIDE用だし、WD10EACSはSATAなので、変換基板とかはいりますよ。

しかし、今回\17500位で購入したが、恐ろしい勢いで価格は下がっているね…
2年ほど前に500GのHDDが4万円を切ったので喜んで買ったりしたのだが、いまや\10000以下のモデルもある。1TのHDDもちょうど1年位前に発売になったときは、\50000以上だった。
----
本日の御託
で、なんで日比谷の松本楼なんだ?(孫文のゆかりがあるらしいが)福田さんが持参したという、「ハーラン・エステート」は呑んでみたいが…

再入荷!パーカーポイント100点![1994] ハーラン・エステート 750ml[1994] Harlan Estate 750ml

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。