Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイン

 クリスマスは、我が家では適当にお惣菜を買ってきて家でご飯にしています。家内が雑踏があまり好きではないのと、クリスマス・ディナーは美味しいものに出会う確率が低い(少なくともクリスマス以外の方が美味しい店が多い)ためです。

今回は、横浜で、オードブルとチキンのディアボラ(半身)を買ってきました。オードブルはかなりおいしかったのですが、チキンは少しがっかり。ダイエーのロテサリー・チキン(結構いける)の方が良かった。デメルのケーキは「今風」ではないけれどとてもおいしかったです。

ワインはこんなのをあけました。cain5
ワインは一時期、米国出張のたびに、1ダース買い込んでくるほど、入れ込んでいたのですが、最近は保存のことを考えてさっぱりですけど…そのころのパターンとしては、$20台のものを中心に買って、1本だけ$60くらいを限度でお勧めを買ってくる感じだったのですが、根が貧乏なので高いものはなかなかあけられず、高いものだけが残っています。

 これは99年に$60で買ったもの。朝のうちからビンを立てて、食事の1時間ほど前にあけました。おいしかったです、ハイ。心配していた保存のまずさも私の舌ではわかりません(笑)。メルローが1/4近く配合されているせいでしょう、呑みやすく珍しく家内も美味しいといっていました。(家内は口が「おこちゃま」ですけど)

 95年のCain Fiveの値段を調べたら、$250なんてのも出てきました。びっくり。

そういえば、一週間ほど前に、六本木ヒルズの上のレストラン(寿司屋)で食事をしました。いわゆる接待を受けたわけで、もちろん私はただご相伴に預かっただけですが、そのとき、シャンパン、白、赤といずれもカリフォルニアワインをあけてくれたのだけど、ほかはともかく、白(フィメ・ブランだと思う)が抜群に美味しくて、ワインももう一回挑戦してみようかな、なんて思いました。
----
[本日の御託]
 で、六本木ヒルズの寿司屋ですが、隅で一人でメシ食ってるやつがいました。この不景気だっていうのに、IT成金さんでしょうかねぇ。(別にうらやましかねぇーぞ、笑)



スポンサーサイト

クリスマスプレゼント

今年のクリスマスプレゼントは家内に、デジタルフォトフレームをあげた。

プレゼントにもおススメ!SONY デジタルフォトフレーム DPF-V900-W 

今年はデジタルフォトフレームにすることはずいぶん前に決めていました。こういうものはアメリカの方が進んでいたりして、種類も豊富です。先月の米国出張の際にいいものがあれば買ってくるつもりで、店頭で見たのですが、画質はソニーのが一番だったので、結局日本で買うことにしました。(値段だけ見れば、昨今の円高で米国で買う方が1割くらい安かったけど、「○○タイマー」の可能性もあるし・・・)

 会社で昼休みに、仔猫の写真をあらかじめ入れてプレゼントしたら、喜んでくれました。
---
[本日の御託]
 で、私が貰ったのは、これ。

TAKARATOMY(タカラトミー) Hi-kara ダウンローダーパック(ホワイト)

ダウンロード専用品なので、早速ホームページにアクセスしてみましたが、激重でログインさえできず。 orz



Dropbox使ってみました

Dropboxというフリーソフトを使ってみました。
いわゆる、「オンライン・ストレージ」のソフトの一種なのですが、加えてフォルダ同期の機能も持っています。フリーでの利用は、2GBまでとちょっとこの手のサービスとしては小さいのですが、1ファイルの大きさの制限も無く、パブリックにファイルを公開する機能も持っています。同期はインターネットに接続すると、バックグラウンドで自動的に行ってくれます。

 今まで、マイクロソフトのSkyDriveを使っていたのですが、こちらはサイズ制限が5GBと比較的大きいですが、各ファイルのサイズの上限が厳しく、ビデオファイルのアップロードには事実上使えませんでしたので、完全に乗り換えですね。
 なお、Dropboxの容量の上限は、有料サービスでは増やすことができます。
---
[本日の御託]
米国の金利政策の変更によって円高(というよりドル安)が進んでます。
米国のゼロ金利政策の意味することは、(少なくとも景気が回復するまでは)「強いドル」を放棄するということなのだと思う。米国はドルの価値を高め(強いドル)、世界中からお金(そして人を)集めることが、国益につながる、という信念をもって経済政策を行ってきたと思うので、これは歴史的な転換と捕らえるべきでしょう。

景気がうまく回復しなければ、1ドル60円台までいってしまう可能性もあるかもしれません。そうなれば、米ドルは基軸通貨としての地位を失い、世界経済は混乱することにでしょう・・・

まあ、ドルの実力は私の感覚では、1ドル=95~100円くらいと思いますので、そこまでの事態はないとは思いますが...

いずれにせよ、私のドル預金はどうしようもないことになってます(orz).しかたないので、ドル決済のできるクレジットカードを作ろうかな...



ネットワークでUSBを延長・複数のPCで共有 IOGear GUIP201

先月のUS出張でこんなものを見つました。

GUIP201
IOGear GUIP201
ネットワーク上でUSB機器を共有することができる、というちょっとアヤシイ代物ですが、IOGearという名の通ったメーカーなのでまあなんとかなるだろう、GET。
本来はプリンタとかを共有するためのもののようですが、私はキーボード・マウスのケーブルの長さを延長するために買いました。

値段は$59.99くらい。ちょっと高いですが、中にはEtherNetのI/FやUSBのHOSTが入っているため、CPUも必須でしょうから仕方ないでしょうね。USBのHubを介して最大4つまでのデバイスを扱うことができます。

早速使ってみますが、Microsoft Wireless Entertainment Desktop 7000のキーボードとマウスはキーボードがまったくダメ、マウスはなぜか異常に遅れがでます。BTC-6100(キーボード)、マイクロソフト純正のメディアセンター用赤外線リモコン、ロジクールV400(マウス)は問題なく動作しました。USBのオーディオ機器や、カメラも使えるとのことなのでこれらも試して見たいと思います。
----
[本日のにゃんこ]
kitten20081217
ちょっと「顔でかクラブ」になってますね・・・この写真はもちろんヤラセですが、ブラウンの方は私がノートPCを使っていると、「お手伝い」とばかり、キーボードを押したがります。もう一匹のブルーの方は、電線が好きで、日曜日にLANケーブルを張りなおしていたら、やっぱり一生懸命「お手伝い」してくれました。そんなに、お手伝いしたいのなら、お前ら、プログラマとハードウェアエンジニアにするぞ!(笑)



Xonar HDAV 1.3 Deluxe vs Auzen X-Fi HomeTheater HD

 PCからマルチチャンネルのHiFi Audioをデジタルのまま出力するのは、意外にむずかしい。Dolby Digital Live(DTSではDTS Neo:PC DTS Interactive)くらいしか事実上方法がなかったし、これらはロッシー圧縮なのである。DVDがこれらに相当する音声だからそのクオリティを思えばまあ、十分という考えもないではない。

一方、Blurayディスクでは、Dolby TrueHDなどの、ロスレスのマルチチャンネルオーディオが出てきているがこれらは、HDMI経由でしか出力できないことになっているので話がややこしい。

いままで、一部のビデオカードでは、外部からSPDIFでデジタルオーディオを入力したり、ATi(AMD)系ではビデオカードにデジタルオーディオの機能を持ったりしたものもあったのだが、いずれも上記のDolby Digital Live等ロッシー圧縮ばかりであったのだけど、ここへ来て、ちょっと新しい動きが出てきた。今までと逆に、HDMIでビデオを入力し、ロスレスのデジタルオーディオを重畳したうえで再度HDMIで出力するサウンドボードが出てきた。

調べた範囲では、
ASUSのXonar HDAV 1.3(Deluxe)AuzentechのAuzen X-Fi HomeTheater HDが見つかった。Xonerの方は、アナログ出力用のドータボード付き(Delux)とHDMI出力のみの二つがあり、Deluxの方は既に日本でも販売が始まっているようだ。一方、Auzenの方は、ブレークアウトケーブルで、アナログ出力に対応する。価格は、ASUSが23000円前後。Auzenの方がUS$200位なので、代理店が適正な価格をつければ大体同じくらいかな。PC用のサウンドカードとしては高額なほうですね。

本当は、Auzentechの方が気になる(米国では2009年1月末に販売予定)のだけど、CreativeのLSIを使ってるとのことで、ドン引き(orz)。ASUSは画像も同時にアップグレードできるとのことだが、そっちは大して期待はしてはいません。

というわけで、ASUSの方を買おうと思ったら、売り切れ  orz
----
[本日のにゃんこ]
だいたいネコというものは、こっちがおもちゃとかを用意してもぜんぜん無視したりしているが、これははまった。
kitten20081215
100均で買ってきたボウルをフリースで包んで、ネコなべもどきの一丁あがり!

Hauppauge HD PVR とVMPlayer (91)

 買い増しした、HD PVR用の独自のスケジュール録画のプログラムですが、あまり進んでいません。11月の出張前にはコーディングも終わり、アヤシそうなところもわかっているのですが、こんなのが周りをうろうろしているので、一向に手がつきません。
kitten1213
この間海外から通販で買った某製品のコマーシャルインボイスを熟読中

それはともかく、ここ10日ほど悩んでいた問題が解決したのでその報告です。いくつかの理由から、Hauppauge HD PVRをVMWare(Player)でゲストOSとしてWindows XP(Vistaでもいい)を動かしその上で動作させようとしていますが、うまくいきません(HD PVRがUSBでうまく認識されない)でした。前に試したときは問題なかったのですが・・・

で、いろいろ試した結果、VMPlayerにVMWare Toolsが入っているとうまく動作しないことがわかりました。ということで、VMPlayerでUSBを利用して問題のある場合は、VMWare Toolsをアンインストールしてみることをお勧めします。
----
[本日の御託]
 仔猫たちだが、2匹で結構性格が違う。一匹は本当に人懐こいし、好奇心旺盛。もう一匹はものすごく慎重で、人の側によってきたいのだけど、ちょっと躊躇している。でも、おもちゃで遊ぶのは得意。
 まったく観ていて飽きない…



にゃんこが来た

にゃんこ飼い始めました。
kitten20081208
右がブラウンタビーのジンジャー、右がブルータビーのミント
やってきた当日は、まさに「借りてきたネコ」だったが、もう傍若無人ぶりを発揮してます。AVラックの裏のケーブル・ジャングルがすっかり気に入ってしまい、ホコリだらけになってしまうので、100均で買ってきたネットでバリアを作成しました。
----
[本日の御託]
んー、かわいすぎてほかのことが手につかん・・・



ノートPCでマルチ画面

 先週末、日比谷で同窓会があったのだが、有楽町で電車を降りて、ちょっと時間が早いな、ということで今まで行った事がなかったビッグカメラに寄ったのが運のつき。えー、こんなものを買いました。


【◎メ在庫潤沢 】USB対応 ディスプレイアダプタLOGITEC LDE-SX010U 【ビデオカード】

現在のメインのPCはDell Inspiron1520で、リビングのTVは東芝Regza Z2000なのですが、Inspiron1520はVGA、Regza Z2000はHDMI/D端子とこのままでは繋がりません。この商品はDVI-I出力なので、DIV-D→HDMI変換アダプタとかを使えば、RegzaにInspiron1520が接続できるというわけです。DVI-A→VGA変換アダプタ(こちらは商品に付属)を使えばもちろんアナログモニタにも接続できます。

 この手の商品は、「サインはVGA」ってのが以前は定番だったのですが、激遅&VGA出力のみなので、パスしていたわけですが、この商品はDisplayLink社のチップを使っていて、かろうじて動画もいけるとのことで買ってみました。

 早速、Inspiron1520につないで見ました。ドライバは、付属のCD-ROMのものは古いので、DisplayLink社のサポートページから最新のドライバ(4.5)をダウンロードしてみました。RegzaZ2000とのDIV-D接続では、720x480または1280x720のみが接続可能でした。720x480では、動画の再生はOKでしたが、1280x720ではちょっとだめでしたね。ノートPC(デスクトップでも)手軽に画面を増やすのには便利ですが、動画には期待してはいけないということですな…

 Dell Inspironも1520の後継モデル1525だと、HDMI出力が着いていて、もうちょっと待ってればよかったなぁと詮無いことを思います。

----
[本日の御託]
 同窓会は、高校のときのものだが、私と同学年は私のみ、2つ下のおばさん元女子高生3人、1つ下のおじさん3人とヘンな取りあわせだった。卒業した高校は一応進学校だったので、3年生になると部活とかも引退して、受験勉強にいそしんでいた(はず)なので、2つ下の女の子とかと仲良くなる暇はなかったはずなのだが…

 みんながまぶしいほど輝いていたわけではないけど、「あの頃」を想い、「今」を見つめ、ツマラナイ子供だった私は、もっとツマラナイ大人になったな、とこれまた詮無いことを思ったりしました。



FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。