Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なかよし

にゃんこたちは、生後約5ヶ月。こんなに大きくなりました。体重は2.5Kgです。

今日は我が家の周りでは、この冬はじめての降雪。家内によると、にゃんこたちは不思議そうに窓から見ていて、猫パンチとかを繰り出していたそうです。

スポンサーサイト

ZFSかなぁ…

 倉庫用のHDDがいっぱいになってきてしまった。500G×3と1T×3でそれぞれRaid5ということで、3Tの容量が現有なのだが、残りがだいぶ少なくなってきてしまいました。適当にやりくりして300Gくらい空きを作ったので1~2ヶ月くらいは大丈夫だろうけど…

 できれば、WD20EADSがいいんだけどなかなか発売になりませんね。まあ、半年位待って品質が安定し値段が下がってからのつもりですけど。

 ファイルシステムはZFSがいいと思っていますが、Solarisはちょっと面倒くさいな。。。
調べてみると、linux上では、FUSEという仕掛けの上で動作するものが実装されているようです(ZFS_on_FUSE)。ユーザー空間で動くFileSystemというのは、なにが違うのでしょう? ブート領域には使えない、ということかしら?

 FUSEみたいな仕掛けは、Windowsにもあるはず、と思い調べてみたら、Installable File System Kitとかどかんとか見つかりましたが、これらを利用してZFSを実装したものは見つかりませんね。

 まあ、データが吹っ飛んでしまうと困るので、結局今と同じ、WindowsでRaid5に落ち着くんでしょうが、なんとかしたいものです。



TMPGEnc 4.0 XPressを4.7.0.280にアップデート

TMPGEnc 4.0 XPressを4.7.0.280にアップデートしてみました。ちょっと試した範囲では、Hauppauge HD-PVRが出力する、.tsファイルが問題なく読み込めるようです。以前は、最後まで読めないことがあって、仕方なしにHD-PVRに付属のTotalMediaExtreamを使って、一旦m2ts形式に変換してから読み込んでいたのでポスト編集をする場合はいくらか楽になりますね。

 古い録画はうまく読めないものが多いので、どうもHD-PVRのドライバのバージョンを1.053に上げてからの録画では問題がないのかもしれない。いずれにしてももう少し試してからでないと結論はでません。

 それにしても、HD-PVRのドライバは1.053から全然アップデートされません。早く、マルチ・チャンネルの音声記録に対応して欲しいものです。。。 orz



LinkTheater LT-H90DTV

 このところ、すっかりやる気が出ない。地方出張が多くて、blogの更新どころではない、というのもあるが、どうもやる気がでなくて、ダラダラとにゃんこと遊んでたりでなんにも進んでいない。
 Hauppauge HD PVR用に買った、バッファローのLinkTheater LT-H90DTVだが、正直久々の失敗と思う。「PCで録画」だと、チューナーは電源入れっぱなしだったりするのだが、気が付くと画が固まってしまっていたりで、安定感がイマイチ。いわゆる大手の家電メーカーの製品と同じレベルで語ることはできませんね… orz

 それはともかく、去年の11月ころやっていた、iEPG対応のPVR(PCで録画)ソフトを自作する試みを、再開しました。3ヶ月ぶりくらいにソースコードを見ると、自分の書いたコードとはいえ、意味不明(笑)なところも多い上、オブジェクト指向の観点から見ると、オブジェクトの作り方が、イマイチだったりでorzですが、オブジェクト自体は8割方終了で、メインをさくっと書けば完成(と思う)なのだけど、やる気の無さが問題。。。



13日の金曜日

 週刊誌ネタだが、明日は13日の金曜日である。まあ、それはそれとして、日本に限らず、多くの企業が、3月末日を、ひとつの決算としているそうである。多くのファンドがいわゆる「45日ルール」というのを採用していて、要は3月末日に現金化するためには、その45日前、週末を除くと、実質2月13日までに解約の手続きをとることになるそうである。
 ファンドとしては、現金を用意しなければならなくなり、手持ち現金が足らないファンドは、13日に投売りをしてでも現金化する必要が出てくるかもしれない、とのこと。
逆に言えば、絶好の買い場になるかも知れないわけで…

 ま、私には関係ないか、と思いつつも、気になるといえば気になる…。



旅支度? (2)

Travelar
 少し前の写真ですが、フリースのバックの取っ手に頭を突っ込んで、旅支度??
ヤラセではありません(笑)



Autoitで挑戦 (1)

いままで、windowsのソフトを自動制御したいときは、UWSCというソフト(フリー版あり)を使っていたのですが、思うところあってautoitというフリーソフトをちょっとみています。ざっと見た範囲では、uwsc用のスクリプトを移植するのはそれ程難しくなさそうです。
uwscの方が優れているところ
 操作を記録する機能がある。AutoItにもあります(2/10訂正)
 日本語のドキュメントがある。
autoitの方がよさそうなところ
 コンパイラもフリー
 GUIプログラムを作る機能
 ドキュメント(ヘルプファイル)の内容がわかりやすい
 DLLやcomオブジェクトとしても使える
 include構文が使える(ライブラリ化ができる)
というのが主だった違いでしょうか…特に気に入ったのが、WSH(jscript)から使える(らしい)こと。

Haupauge HD PVRでの録画は今はLinuxで録画のキモの部分は動かしているのだけれど、ts形式のファイルになる。HDの動画はこのまま保存でいいんですが、SDの場合、データレートが5Mbps位になってしまい、ファイルサイズがムダに大きい。HDDの空きがだんだん少なくなってきたので、再エンコでファイルサイズを小さくしたりしているのだが、m2ts形式へ変換→AVIに変換→CMなどを編集→wmv(vc-1)に変換と結構メンドクサイのです。
windowdsならm2ts形式でキャプチャできるので、1工程省けてありがたい。ということで、uwscのスクリプトをちょろっとつくったのだが、autoitで再挑戦中

セクシーショット

セクシーショットっ!
にゃんこを、ひっくり返して、おなかをもにょもにょしていたら、寝てしまった。
ネコとしての誇りとかゼロだな…
ど~でもいいが、おまえ、キャン○マ丸見えだぞ!(大笑)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。