Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまだraid同期中

参院選の争点の一つは、消費税の増税だそうだが、世論敵には「増税やむなし」らしい。「高度成長」も「バブル経済」も望めない以上、プライマリ・バランスのためには確かにそうだろうが、じゃあ十分に歳出をどう削るか、とい議論はし尽されているともとても感じられない。
「増税」を軸に選挙を勝つのも難しいだろうが。お手並み拝見。


それは、ともかく、raidですが、初回の同期はとにかく時間がかかります。途中でリブートとかしても基本的には問題ない(同期は継続される)ので、バラックからちゃんとしたところへ収めたりと、途中大工仕事をしたりしているうちに、気がついたら1台ケーブルが緩んでて、そのまま同期が進んでしまい、パーに。  orz
いろいろパーティションをいじっているうちに、うっかりOSの入っている領域を飛ばしてしまい、OSのインストールからやり直し。まったく集中力を欠く状態だ。。。




スポンサーサイト

結局 rad5+xfs

「暑い・・・暑いよ、パトラッシュ・・・」  orz

 

 


それはともかく、新しいNAS(録画蔵)だが、結論からいうと、zfsによるraid5/6,mdadmでのraid6+xfs, mdadmでのraid5+Nilfsはいずれも現状私の用途では用をなさないことがわかった。

いずれも、平均的には20-30MBsくらいの性能は出るのだけれど、瞬間的なデータレートは非常に上下する、ビデオ録画のファイル、H264のVBR、平均8Mbpsくらい、のファイルを読んでいると、再生に追いつかない場合があって、録画蔵としては、不可になってしまった。再生系のバッファリング容量を大きくすれば解決できるのだろうけど、Win7 MediaCenterではすぐにはわかりそうもないし…

 

Raid6やzfsでのraidz2では非常にCPUパワーを食うこともわかった。だいたいC2D6300で40%以上必要みたい。sambaも意外に必要で10%前後は食っている。ということで、Atomなどでは完全にCPUがボトルネックになりそう。

ということで、今回は6台の「耳」(WD20EARS-00MVWB0)でRaid5+xfsに決定です。
ただ、前のファイルサーバーからの引継ぎのディスクでは、NILFSも使ってみようと思う。オーディオデータや、その他のデータには十分だろうし。。。

で、ただいま6台のRaid5の同期中。/proc/mdstatのファイルによればあと4時間程度、全所要時間は8時間強かな。


 



wd20ears-00mvwb0買った

最近みんなに、「iPadは買ったのか?」と聞かれます。みんな、私のことをなにか誤解しているとしか思えない(笑)のだが、iPhone 4Gの方が気になります。

 


それはともかく、「録画蔵」の入れ替え用にHDD買いました。wd20ears-00mvwb0×6台(アホか)。

【送料無料】Western Digital WD20EARS-00MVWB0 2TB 667GBプラッタ SATA接続3.5型内蔵ハードディスク

 

 あたらしい3枚プラッターの方です。1万1千円くらいが初値だったと思いますが、あっという間に9500円を切りました(上記のLinkははっきりいってお高いです)。普通のM/BではSATAの口は6しかないので、全部埋めることになります。
そこで、OSはUSBドライブにUbuntu 10.04を入れて使うことにします。今回は、I/Oデータの書き込みが高速タイプ、ToteBag TB-BH2Aシリーズの8GBです。


【当店ポイント2倍】I/Oデータ セキュリティ搭載 USB2.0/1.1対応 フラッシュメモリー8GB ブラックToteBag【税込】 TB-BH2A8G/K [TBBH2A8GK]【返品種別A】/※ポイント2倍は 6/21am9:59迄タイプです。

しばらく前に5000円くらいで買ったような気がしますが、上記のlinkでは3000円を切っています。それでも、もうSSDの方がByte単価は安いですね(orz)。

まあ、今回はSATAのコネクタがすべて埋まっているのが前提なのでいいんですけど。SSDに比べたら、ウェアレベリングとかはイマイチとおもいますので、swapや/varとか/procとかはどこか別のところにマウントしないと、いけないと思いますが、とりあえずは気にしません。

で、wd20ears-00mvwb0ですが、私が買ったことがあるHDDの中でもっとも静かで、発熱も少ないと思います。しばらく、raidとかzfsとかの設定であれこれしてみようと思います。愛称は「耳」にけってい。

 



ZFS opensolaris も FreeBSDも だめぽ  orz

「録画人間」さんのところで、CinaviaDRMの話が出ています。「シナビ」るとはいい得て妙。PS3が人知れず対応しているということで、Linuxも使えなくなったし、もう「PS3はいいかな」という感じ。PCでもCorei3+Win7でのアップコンもきれいだし、IP変換も破綻ないので、この方向で私は行こうと思います。いまのところMediaCenterが、CinaviaDRMとは聞いていませんがその方向でしょうね。どこかで、再生系もLinuxに移行するしかないと、あきらめてます。

 CinaviaDRM自体はいわゆる、「電子透かし」の技術のひとつで、デジタルデータを「野良データ」化させない執念ではありますな。著作権を侵害する気はないのだけれど、面倒であることに違いないです。某所ではVerance-4C Watermarkが話題になってます。
「透かし」の検出は、コンテンツを「雑音」とみなして、「透かし」を復調することになるわけdすが、コンテンツの再生と、信号と雑音の関係が逆になるわけで、ちょっと面白い感じがします。やっかいなのは、アナログコピーやコーデックを変えても残ることです。人工衛星との通信や移動体通信などで培われた「非常に雑音の多い環境で目的のデータを復調」するための技術が駆使されています。スペクトラム拡散とかまで、用いられているとすると、容易には、ロンダリングはできないでしょうね… orz
そういえば、「アナログコピー」でVerance-4C Watermarkが突破できるのか、そのうち実験しようと思っていて忘れています。

音声トラックをなしにしてしまえば、OKとの報告がありますので、どれくらい音声トラックの音量を小さくしても「透かし」が検出されるのかちょっと興味があります。-40db位減衰しても検出できるとかだとするとすごいですね。まあ、-40dbは7ビット弱ですから、こんなに減衰させたらもとのクオリティはまったく保てませんが…


 それはともかく、「録画蔵」にzfsを使いたいなぁ、という話の続きです。

OpenSolaris結論からいうとあきらめました。VM Player(3.x)上での実験ではうまくいきそうな感触だったのですが、DG45FC+C2D7200の環境に仮組みしているうえで、問題発覚。

  1. WOLができない、みたい
  2. サスペンドできない(まだG45系に対応してない?)
  3. USBドライブ上にインストールできるけど、場所を変えるとブートできない
  4. MicroSoft Wireless Entertainment Keyboard 7000がうまくつながらない

ということで、WOLは本当にできないみたい。 orz
OpenSplarisの先行き不透明感(絶望的?)とあいまって、パス決定。

 
しかたないので、FreeBSDをVM PlayerのゲストOSで動かしてみようとしたが、まずインストーラで凹んだ。もうね、Ubuntuとかの「王様インストール」になれちゃうと、ムリ。
先週末にほぼ一日かけて、Sambaのインストールまではたどり着いたけど、XWindowまではたどりつかなかった(ファイルサーバだからいいといえばいいけど)。「VM Playerもうごかねーし、もういいや」という感じで、ブン投げた。 orz.




USBネタ、2件 (1)

OpenSolarisのインストールは一応、順調。細かい問題はもちろんありますけど。
この記事も、いつものWindows PCではなく、OpenSolaris上で書いています。


それはともかく、懲りもせずUSBネタです。
ちょっと、ニュース鮮度が落ちてしまったけど、USB3のホストの新製品がVIAとFrescoLogicから発表になったようです。PCIe側が1レーン見たいなので、多分xHCI rev0.65だろうけど、それより注意たいのは、どちらの製品も拡大写真をみると、ヒートシンク用のマウントホールとおぼしき穴が開いていること。消費電力はきついのだろうと思う。両方共設計ルールは130nm(正直5GHz帯のPHYはきつかろうと思う)か90nmと思うが、下手をするとポートあたり200mW位電力を食うので、VIAとかは、4ポート+1ポート(PCIeの分)で、PHYだけで1W超の可能性もあります。

 

もう一つは、(USB2ネタだが)インテルがUHCIを捨てるという大胆な決断をしたこと。ご存知のように、USBは、バックワードコンパチビリティを持っているので、2.0のHighSpeed(HS)対応のホストは、1.1のFullSpeed(FS)のデバイスを接続しても動作します。PC環境での2.0ホストは、(インテルの決めた)EHCIという仕様のホストが使われています。ところが、EHCIはHSしかサポートしておらず、FSまでは「コンパニオンHOST」というものを別に用意する必要があります。EHCIの仕様では、コンパニオンHOSTをどのように作るかはまったく触れられていません。ちなみにxHCI(USB3.0のホスト)はすべての転送速度をサポートする仕様になっています。
歴史的な経緯で、PCの環境ではコンパニオンHOSTはUHCIという仕様が用いられており、組み込み系など非PCの環境ではOHCIという仕様が用いられています。UHCI/OHCIでは、仕様そのものもOHCIの方が気が利いているところがあるのですが、インテルのチップセットのUHCIは実装がイマイチで、ちょっと問題だったりしていました。

最近買った、H57系のマザーボードでは、UHCIはもはや載っていない(Windowsのデバイスマネージャからも確認できます)のです。で、どうやって解決しているかというと、EHCIのルートポートにUSB2のHubを置いているのです。インテルは「レートマッチングハブ」という呼び方をしていますが、要はは普通のHubです。
USB2のHubはストアアンドフォワード方式になっていて、ダウンストリームポートにFS以下のデバイスが接続されている場合は、アップストリーム側のHS転送を、減速してする機能を持っていますので、これでFS以下のデバイスも(少なくとも理屈の上では)問題なくつながることになります。

で、このような実装のメリットはなんなのか考えてみました。
(1)イマイチBuggyなUHCIを作り直す必要がない.
(2)UHCIのドライバがいらなくなるので、ソフトウェアが簡素化される&メモリ上のフットプリントが小さくなる。
(3)データの転送量に比べて、割り込み頻度が高いUHCIがなくなるので、システムパフォーマンスがよくなる。
とかでしょうか?

一方デメリットは、ハブが4段しかカスケードできないことでしょう。USB2の規格では、ハブは最大5段まで、カスケードできますが、レートマッチングハブが1段分既に消費しているので、マザーボードの外側では4段までという制限になってしまいます。この制限をインテルは、実用上問題無しと判断したのでしょう。USB2.0の規格上最大のケーブル長は5mですが、カスケードして最大20メートルまでOK見たいな商品(実は中身はHub)

最大20mまで延長できる、USB2.0対応延長ケーブル。エレコム USBエクステンダーケーブル USB2-EXA50 【02P14jun10】
を使う場合はちょっと要注意です。

あと、USBのデバイスが調子が悪いときに、「取り合えずマザーボード直接につなぎ直す」みたいな「おまじない」はあまり意味がなくなるかもしれませんね。



opensolaris ? FreeBSD ?

歯が痛くなってしまいました。虫歯ではなくて、歯茎。舌で歯を押すだけで痛いです。奥歯をかみ締めようもんなら、絶叫しそう…「加速装置」は使えません。orz

 


それはともかく、日本に帰ってきてから、芝生を刈ったり、大工仕事にせいをだしたりで、blogの更新もさっぱりです。
ファイルサーバーの更新のため、zfsについていろいろ実験しています。とりあえず、openSolarisをVMPlayer上にインストールしてみました。
zfsのボリュームをsambaでネットワークドライブとして見えるようにして、ファイルコピーとかしてみます。まず、3台の仮想ディスクでraidz(raid5相当)にしてみましたが、書き込みでもシーケンシャルアクセスで10MBPS位は軽くでます。仮想ディスクが同じ物理ドライブ上にあることを考えれば、実際の運用では数倍は出るでしょうから、思っていたよりは速いかな、と思います。
調子にのって、6台でraidz2(Raid6相当)も試してみます。こちらも、シーケンシャルアクセスで書き込みで10MBpsくらいはでますね。読み出しは15MBps以上。まあ、「倉庫」用には十分でしょう。
メモリは、最低でも1GBくらい必要みたい。

 あとは、ディスクが壊れた時の手順とかをやってみて、大体わかったかな。。。


openSolarisの問題は、先行きが非常に暗いこと。OracleによるSunの買収は少なくともopenSolarisにとってはよい結果をもたらしてはいないようです。あと、物理ディスクの名称を、へんてこなジオメティカルなルールでつけるのは、どうなんだろう?少なくともlinuxの方が洗練されていると思う。

FreeBSDもちょっと調べているが、ネット上を見る限りは、すぐ再コンパイルする話が多くてちょっと「ひく」。これもVMPlayerで動かしてみよう。


そういえば、新しいマザーボードを買った。CPUはcore i3。これもちと「はまった」けれど、その件はいずれまた日を改めて… というわけで、「加速装置」もだめ、「ターボブースト」も未対応で、まったりと作業中。。。

 



FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。