Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電子出版時代の新聞の果たす役割は?

午前中に、長岡京、夕方から海老名と営業の人たちに絶妙なスケジューリングをされてしまいました。前泊するには、ちょっともったいなく、かといって、夕方からのミーティングの資料は、午前中にやるつもりだったのを急遽、20枚くらいのスライドを(まあ、基本ありものを切った張ったですが)ぐずぐずと「ブラタモリ 六本木」などを観ながら作ったりです。

 長岡京から、京都に戻る間に東海道線の車窓から、サントリーの山崎ディスティラリーが見えます。いつも、「時間があったらよってみたいなー」と思いますが、なかなかサボる暇が見つかりません。 orz
 そういえば、山崎1984年が、賞を取ったようですね。「1984年かぁ・・・」バブル前夜、いま思えば、日本が一番マトモだった時期のような・・・

 正直、ここのところ忙しすぎます&京阪方面のお客さんを行きがかり上担当しているので、おのずと出張が多いです。

 まあ、去年の今頃は「ま~ったく」仕事が無くて、早く家に帰れるのは「らっき~」ですが、「このまま、職ごと無くなるんじゃないだろうか?」と、ふと背筋が寒い感じだったのですが、今年は忙しいですね。「3月末までの予算消化をしたい」というお客さんがちらほらといます。去年(正確には一昨年)は、梅雨明けまえからもう、「秋以降も予算がない」といわれてた気がしますから、少しは景気が持ち直しているのかもしれません。

クビなるより、まし、とばかりに、西に東に、今日もオヤジは駆けずり回っております

 


それはともかく、日経新聞です。電子版は+1000円というサービスを去年からやっているのですが、正直「電子版のみ」が欲しいです。とりあえず、同額でもいいや。

 

 メディアとは「媒体」のことであり、「コンテンツ」が欲しいのだが、グーテンベルグに始まる聖書の印刷(ほぼ「だれでも」聖書が手に入る→宗教革命となるわけですが)以来、「紙」を売ることがメディアの役割、買うほうも「紙」を買うことに何の疑問も持ってない、ということなのでしょう。

 日経新聞社が本当には「地球への優しさ」なんて考えてない、というのは暴論でしょうか? もちろん、「紙」を運んでいることで禄を食んでいる人たちを今すぐ切り捨てろとまでは、言いませんが、電子版のみを買うことへのインセンティブを多少なりともつけるのが正しい、地球への優しさですよね。

 紙を運んでいる商売自体は、(おそらく)先細りでしょう。今すぐ切り捨てるのは、無理があるのなら、電子版のみ切り替えた人の料金から、キックバックを出せばいい。キックバック自体はだんだん下げることで、ハードランディング避けるくらいしか思いつきませんけど。

で、誰も紙を買わない時代の新聞の役割は何か?みたいな話をこの間、同僚と酒の肴にしていたのだけれど、私なりの結論は「『そのとき、メディアはどう伝えたか』のスナップショット」に尽きるのではないか、ということ。大掃除をしていて、昔の新聞紙が出てきたときに、それに読みふけってしまうのはそういうことでしょ。

で、現状を見ると、新聞報道をLinkにしてあるページって、Link切れになっていることが多いような気がします。つまり、「スナップショット」のアーカイブとしては機能しているように思えないわけです。2010年は電子出版元年、なんていい方もされているようですが、メディアとしての新聞の「生き残り方」としては、そういう方法もあるんじゃないか、というハナシです。

 



スポンサーサイト

Raid6, 7.5TBのサーバーが一杯  orz

急な出張で大阪に行ってきました。 大阪のオフィスのエレベータホールで、家内に電話していた(一応、就業時間後)ら、同僚から電話がかかってきたので、そそくさと切ってそちらへ出たのですが、しばらくして家内からまた電話。どうしたのか聞くと、エレベータの「ピンポン」という音が前の電話の時にしていて、いったいどこから掛けてきたのか、訝しんでいた模様。「ひょっとして変な場所にいる? 急に出張とか言って、ひょっとして浮気???」とか妄想が膨らんだようである。
 んー、結婚して13年もたつのに、「かわいい」というか、「おバカ」というか、どんだけ「美しい隣人」の観過ぎなんだよ orz

 


それはともかく、帰宅して今週の録画分をファイルサーバへ移そうと思ったら、サーバが満杯になっている。2TB×6台でRaid6にしたファイルサーバ7.5TBが、半年程度であふれるとは、・・・ orz

 

前のサーバーは、1TBx3台+1.5TB×3台で各Raid5だったので、容量としては5TB弱だったはずだから、半年で2.5TB以上増えている計算か。HD-PVRでキャプチャしているのですが、1時間番組で3GB強の仕上がりだから、半年で800時間以上、一日平均で4時間以上録画してる計算になります。いくら「老後の楽しみ」と自嘲してみても、はっきり言って、オオバカ者ですね。

とりあえず、吹き替え/字幕版両方を保存している(バカ)ドラマを少し整理して、場所を作らないと・・
そういえば、WOWOWで来月から「攻殻」をHD+5.1サラウンドで放送するんだっけ、SDのは消してもいいか・・・ んー「アニヲタ」であることがバレた上に、何の問題解決になってませんね・・・  orz

 

 

 



Panasonicの技報に見るBD 3D技術

 えー、2ヶ月以上も更新なしでほったらかしになっていた、Blogですが、なぜか最近アクセスが増加しています。楽天のBlogサービスは解析機能とか皆無なので、理由はまったくわかりませんが、更新のモチベーションにはなります。


 この間、Panasonicの技報を見る機会がありました。3D技術が特集だったのですが、「観る」方はあまり関心はないのですが、BDへの記録に関して技術的にはちょっと興味を惹かれました。
 3D映像は、左右の目に見せる2種類の映像を用意して、視角差で立体映像をつくるのが基本的な技術です。左目用の映像と右目用の映像は「ほとんど同じ」はずです(もうちょっと気取った言い方をすると、コリレーションの度合いが高い)。なので、MPEG系の圧縮ではかなり圧縮効果があるはずです。言い換えれば、同じ映像の2Dバージョンと3Dバージョンでは、(3Dでは左右用で2倍の絵を用意する必要があるにもかかわらず)データの量はさほど増やさずにすむだろう、というのはだいたい予想してはいました。

で、件の技報の記事では、2D/3Dの映像は別々のファイルではなく、2Dの映像のストリームと、2D/3Dとの差分情報のストリームをインターリーブさせていることが書かれていました。なるほどねぇ。。。
さらに、複数の種類の映像の官能評価の結果として、差分情報は元の情報のおよそ10%程度のデータ量を用意すれば、実用的には十分である主旨のことがかかれてました。(記憶のみを頼りに書いているので、誤解している可能性もありますけど)
現状のBDの規格で使えるプロファイルの範囲での話でしょうから、今後改善する余地はあるでしょうが、思ったよりオーバーヘッドは大きいな、と感じました。

そういえば、動画圧縮で思い出したことがあります。MPEGなり、H264なりの動画の圧縮技術の「キモ」は非常に大雑把に言えば、動画から背景と、動いているものを抽出して、アニメーションのセル画の様にデータ化することで、データ量を減らすことにあると理解しています。つまり、圧縮工程はアニメーションの逆をやり、再生時にはほぼ、アニメーションと同じことをしているはずです。
アニメ自体は、エンコの際に画像が荒れやすいと言われますが、もともとのアニメーションの作成時の情報を利用して、直接MPEGなりH264なりのファイルを作ることってできないのだろうか?まあ、今のアニメは昔と違って、背景+数レイヤー数のセル画というような単純な話ではないということなのかも知れませんが、その手の記事って見たことがないなー。
 多分、私が勉強不足なだけでしょう(だれか知ってたら教えてください)

 

 



FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。