Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MacBook AirでPowerPoint

 さて勢いで買ってしまったMacBook Airですが、わたしの場合、仕事がらみで使おうとするとどうしてもPowerPointは避けられません。ジョブズのプレゼンテーションとかを見るにつけ、KeyNoteとかの方がいいんじゃないかと思いますが。。。

まずはマイクロソフトOfficeのMac版。30日間の試用が可能です。イマイチ。OpenOfficeほどではないですが、ビミョーにレイアウトがずれたりします。だめだな、これは。パス。

次はWineをベースにしているという、Windowsの互換レイヤであるCrossOver 9。これで、Windows用のPowerPoint viewerを試してみます。PowerPoint viewerは2007というバージョンと2010版があるのですが、PowerPoint viewer 2007は試した範囲では動作しましたが、2010年版はエラーが起きてしまいました。残念。

仕方ないのでやっぱりWindowsを動作させることを考えます。MacOSXにはBootCampという手があるのですが、SnowLeopardではWindows7のみのサポートだそうです。がんばればXPもインストールできるそうですが、XPのライセンスは余っているので、とりあえず仮想化環境を試します。どうせLinuxも使いたくなると思います。選択肢としては、vmware fusion3かParallels6 となりますが、どちらも有償です。両方とも評価版が入手できるので、試してみました。XPのGUIの感じでは、Parallelsの方が圧倒的に「軽く」感じるのですが、CPUの負荷が重い処理ではGUIの差ほど違いはないみたいです。GUIがMacOSXと一体化する「ユニティ」の出来映えはParallelsの圧勝。vmware Desktopはそれなりに使い込んでいるので、fusionの方が好みといえば好みなのですが。

 肝心の、PowerPoint viewerですが、Parallelsではエラーになってしまいました。fusionではとりあえず問題ないです。ということで、vm fusionかWindows7(+BootCamp)で、PowerPoint viewerを入れるということになりそうです。Bootcampだったら、SSDは128GBにしてけばよかったかな。。。



スポンサーサイト

MacBook Air買ったわけ

MacBook Air 買った(エヘヘ)。地震の少し前に考えていたのだけれど、まあ、勢いで...

動機は、A4サイズ前後の軽量ノートPCが欲しかったから。ポイントは、Ascii配列キーボードが選択できて、A4(12インチ前後)で、1.2Kg以下かつ、3時間以上バッテリが持つこと。職場で与えられているPCは、HP 2530pでこれは3セルの軽量バッテリをつけると約1.5Kg,6セルの標準バッテリだと、約1.8Kg。最初に購入するときに、バッテリを一個余計に買ってくれるので、3セルを頼んで使っていたのだが、さすがにちょっとへたれてきて外出時には不安な状態になってしまった。最初に、3セルバッテリ×2個で注文したかったのだけど、それはダメといわれた。 orz. 追加購入も会社の金では難しく、自腹で買うことも考えたのだけれど、あと1年強で更新であることを考えると、なんかアホくさい。

私の要求に合うPCは探してみると意外に少ない。最初はWindows機を考えていたのだけれど、 HP 2530pより良さそうなのは、Sony Vaio XとLenovo ThinkPad 201sあたり。Vaio XはAtomなので、パス。ThinkPad 201sはお金があれば、ベストな気がするが、SSDはあとから交換(割と簡単そう)するとして、最近のキャンペーンを使っても、16万円を超えてしまいます。

ということで、MacBook Air 11.1インチ(Late 2010)にしました。ASCIIキーボードとメモリを4GBにしてもぎりぎり10万円を切ります。MacOSなので、使いたいソフトがちゃんと動作するかは、結構まじめに考えました。最悪、Bootcampですが、Windows7を別に購入するのはちょっと業腹。

Citrixのクライアント →大丈夫らしい。Linuxでは問題ないのを確認した。

MicrosoftのRemoteDeskTop →意外にもMSがフリー版を提供している。

PowerPoint →WindowsにはフリーのビューアーがあるけどMacOSX用は、MS Office for Macを購入しないとダメみたい(お試し版あり)。MS Office for Macはそこそこいい値段な上、MacOSX用ののKeynoteと比べるとやっぱり劣る気がする。あと、フォントの違いとかで、Windows版で作ったものがちゃんと読めない、とかあったらどうしよう...

というわけで、パワポだけ見切り発車だが、MacBook Air買っちゃった。 

 



WatchingTV

 WatchingTV

にゃんこ達はテレビを見ています。普段の性格は、ブラウンの方(カメラ目線)は超おっとり。ブルーの方はかなり神経質なのですが、地震に関しては勝手が違うようです。ブルーの方は気にせずスカスカ寝てたりしますが、ブラウンの方は今も続く余震のたびに、耳をたたんで姿勢を低くして、ダッシュで寝室のベッドの下に隠れます。かわいそうだが、仕方ないですね。

 ところで、君たちそこはテーブルだから乗っちゃいけないんだよ、本当は。  orz 



無計画停電

 昨日の続きみたいな話ですが、今日は関東では全面的に計画停電が実施されました。昨日の様子から、大丈夫と思って、(さすがにサーバーは切っておいたが)PCのメンテナンス中に停電になった。やっとこれでどうやら第5グループに属しているらしいとわかったが、東京電力のホームページによると第1グループらしい。

 東京電力の人も必死で作業していると信じたいので、文句を言うべきことではないが、情報が不正確かつ遅いのが困りますね。通勤は、少なくとも今週中はあきらめて自宅からリモートで働くことにします。どうせ、お客さんも大混乱だろうから、たぶん大丈夫でしょう。

 PCは停電明けにチェックしたが問題はなかったようです。マジでUPSが欲しいと思います。というか、約6年前に家を建てた頃、5年後には「家ごとUPS」も絵空事ではないと思っていたのですが、意外と世の中遅れています。昨日も書いたように、みかん箱+の大きさのリチウムバッテリが各家庭にあれば、ピークの2時間くらいの電力はまかなえるはずです。電気自動車の電池を使うアイデアはすばらしいと思うが、そこまで行かなくても、ノートPCの電池を大きくして各家庭に置けばいいのです。太陽電池すらいらない。

テスラモータースでさえ、できたのだから、原発にかけるお金を考えれば、結構現実的だと思う。

http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20110111/256725/
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/110222-a.html
http://panasonic.co.jp/company/r-and-d/technology/topics/eco/

 そういえば、楽天銀行経由の義捐金の寄付はできるようになったようだが、スーパーポイントの義捐金化はまだできないみたい。



原発事故と計画停電が突きつけるもの

 被災地にいる方のことを思えば、贅沢を言っている場合ではないのだけれど、今回の地震に伴う、原発の事故は情けないばかりだと思う。停止した11基のうち安全にコントロール下にあるのは2基だけとのこと。地震の規模が人類史上最大級だとしても、震度は直接は地震規模とは関係ないのだし、ECCSまで動作しないというのは恐ろしい話だ。福島第一原発の2号炉はまだクリティカルな状態が続いているらしい。発生した水素は屋根を開ける仕掛けさえあれば、爆発で建屋が吹き飛ぶこともなかろうと思うのだが、どうなのだろう。いずれにしても、せめて非常系だけでもさらなる冗長化は必要に思う。東京にはやっぱり原発は作れないということですね。
 海水を注入することで現在は沈静化を計ろうとしているようだが、炉内に海水を注入した場合、炉は再稼動できるのだろうか? 普通にECCSを使うだけでも結構大変だというから、下手をすれば「廃炉」の可能性もあると思う。

 そうなってくると、「計画停電」の長期化もにわかに現実的だ。私は、2001年だと思うが、シリコンバレーの南端のキャンベルという町で「計画停電」を体験したことがある。職場の人に「明日は停電だからオフィスはお休みだよ」と言われ、一瞬何のことかわからず、驚いたことを覚えている。
 それにしても、今日の「計画停電」はひどかった。発表も昨夜遅くだったし、自宅がどのグループに属しているのか(未だに)よく判らない。停電するまでわからないんじゃ、どこが計画なのかといいたくもなる。さらに、通勤の列車が動かないので、オフィスにいけず、家で仕事のまねごとをすることになってしまいました。

 で、対策。停電の計画がうまく立てられないのは、個別の電力消費が把握しきれていないのが原因だろうから、スマート・グリッドを推し進めるしかなかろう。これなら、ここの家の電力使用量は把握できるし、逆に電力会社から、停電の連絡も個別にできる。
 高速のインターネットのメディアとしても利用可能にしておけば、SOHO化も進んで、東京への一極集中も緩和される。さらに、太陽光発電とか売電とか悠長なことを言っていないで、各家庭で充電池を用意すればいい。みかん箱くらいの電池をおき、予告無しでも2時間程度の停電を猶予してもらえる家庭には、基本料金を値下げするとか、需給が厳しいときには、電力線へ放電を売電として扱えるようにするとか…
年度末になって、地面を穿り返すよりましな気がする。

ところで、楽天さんは、今回の地震に対してなにか義捐活動をする気はなにのだろうか?スーパー・ポイントを寄付すると、それに何割か楽天が追加して、義捐金とする、なんて結構粋な計らいと思うのだが。

 



FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。