Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MacBook Air + Win7 でMediaCenterを使ってみる

MacBook Air(late2010)にBootCampでWindows7を入れてMediaCenterを使ってみました。
 リビングの液晶TVに接続するためには、MiniDisplayポート→HDMIの変換ケーブルが必要です。Appleの純正品に、DVIへの変換ケーブルがありますが、これは音声がTVからは出せませんので、注意が必要です。今回は、AppleStoreでも扱いのある、Moshiブランドのものを入手しました。ほかにも、HDMIに変換できる製品はありますが、音声が通るかどうかは不明です。

 以前から持っているXP MCE用のリモコンもつないでみると、あっさり動作しました。MacBook AirはnVidea GeForce 320Mを搭載しているので、Hauppauge HD-PVRで録画したH264の1080iの動画でもまったく問題なく再生できます。
音声はHDMI経由でステレオでの再生は問題なくできることは確認できましたが、5.1chはダウンコンバートになってしまいました。これは、TVがHDMI1.3aの今となっては旧型のモデルであるせいなのか、MacBook Air側の問題なのか不明です。

また、無線LAN経由でNAS上の動画を再生しようとすると引っ掛かりが多くて実用に耐えません。MacBook Airは802.11nに対応しているのですが、我が家の無線LANルーターが.11nに未対応なため、帯域が足らないようです。ためしに、USB接続の有線LAN用のインターフェース、Planex GU-1000Tで接続してみたところ、まったく問題なくなりました。
なお、GU-1000Tですが、MacOSXでも使えています。難点は、ちょっと温度が高めに感じるところですが、ギガビット・イーサでは仕方ないかもしれません。

「なんだ、リビング用のPCはこれでいいや」と思ったのですが、やっぱり動画を再生し続けると、MacBookのFANの回転がややうるさくなります。なかなかうまくいきませんね…

 

音声も通る、MiniDisplayPort→HDMI変換ユニット


MacOSXでも、BootCamp+Windows7でも使えるUSB-ギガビット有線LANアダプタ



スポンサーサイト

とりあえず「DIME」買ってみる

 電車の中吊り広告に雑誌DIMEのおまけにAndroid/iPhone用の充電ケーブルのおまけがついているので、買って見ました。
ちょっとちゃち ケーブル硬いし…(笑) orz
ドッキングコネクタの方はともかくMiniUSBコネクタなら最近は「キャンドゥ」とかにも売っているので、MicroUSBの充電用ケーブルはそのうち100均商品になると思います。
おまけのケーブルは、どうせ充電しかできないので、モバブーのお供に決定しました。
雑誌の記事のほうはまあ、「アレ」ですけど、とりあえず買っとけ!

 

【送料無料】DIME (ダイム) 2011年 5/10号 [雑誌]

【送料無料】DIME (ダイム) 2011年 5/10号 [雑誌]
価格:580円(税込、送料別)

 

キズパワーパッド これはもう第二の皮膚だ

土曜日に、庭弄りというか、庭堀をしたのですが、シャベル(移植ごて)で夢中になって穴を掘っていたら、手のひらの皮ががむけてしまいました。痛いの痛くないの。
とりあえず、破傷風とかになったらたまらないので、水道で洗い流しましたが、スゲーしみる(絶叫度10)。

家内がバンドエイドのキズパワーパッドをかってきてくれたのだが、これがすごい調子いいです。手のひらの真ん中のキズなので、マキロンとかで消毒して、包帯とかするしかないか、と思っていたのですが、キズパワーパッドのなじみ方は尋常じゃないです。掌紋にもなじむし、強くこすらなければはがれてこない。ほとんど、「皮膚」。特に絆創膏がついているわけでもないのですが、1日にして、はっきりと治癒を実感できます。


問題はキズを負ったらすぐ使う必要があることですが、子供のころ初めてバンドエイド(当時はアクリノール付で黄色だった)を見たとき以来の感動です。あと、ちょっと高い。バラで100均で売って欲しい(マジに)。




WM600 Android携帯のお供にいかが?

Androidの携帯のヘッドセット端子って、Φ3.5mm4極なので、「あ、そうiPhone用買えばいいのね」くらいに考えていたのだけれど、どうもそうでもないらしいです。
 「やっぱ、『Bluetooth』じゃね?」とポチッたのがこれ。

また懲りもせずまたBluetoothものを買ってしまいました。一週間ほど使ってみた感想

よいところ

  • マルチペアリング対応
    iPod Touch4で音楽聴きながら、携帯に電話がかかってきたら、ヘッドホンをしたまま電話にでる、なんてことができる。
  • よい音質
    ワンセグ音声可(未確認)。S/Nはそれほどでも・・・
  • 通信が切れにくさは、知っている限りは最強
  • 思ったより実用的なFM受信機能
  • パスキーが”0000”で多くの"DUMな"相手にも接続できる
  • 接続できた相手多数
  • 電池長持ち

イマイチなところ

  • 「死んでしまえ」レベルな音量調節の使いにくさ
  • microUSBから充電中は使用不可
    (実はできるものの方が少ないけど)
  • ノイズキャンセルは、並
  • カラバリ展開しないの?
    蛍光カラーとか、メタリックとか欲しい(笑)

 

付属のヘッドホンは「ドーデモいい」レベル。お好みのものに付け替えることをお勧めします。今は、ER-4Sを使ってますが、音量は十分です。よほど低効率なヘッドホンでなかれば、音量が不足するということはないと思います。
ipod Touch4+ Docomo P904iで、非常に快適です。ipodの音楽を聴いてる際に受電すると着信音(固定)が聞こえるので着信ボタンを押せば、ipodのほうは自動でミュートし、会話ができます。電話を切れば、またipodの再生が再開されます。カナル型のヘッドフォンは着脱が結構大変なので、楽チンになりました。
ポーズ、早送り、撒き戻しボタン対応。曲名表示はtouch4側の問題でできず。

音質は、ER4Sでの感想ですし、個人の差もありますので、参考程度。ipod touch4直接つないだ場合と比較すると、やや「低音がでる」感じです。いままで散々ひどい目にあってきた、Bluetoothのハイファイオーディオ(A2DP)の中ではベストに近いかな。ただ、touch4のロスレスの音源で比較すると、直接の場合と比べると、ちょっと「ツマッた」感じの音ですね。「コンプレッサ」掛けたみたい(笑)。この辺がBT2.xでのA2DPの限界かなー。KlearSoundとかBT3.0とかが普通になるのはいつのことやら(いや、そもそも普通になるのか?)
S/Nはヘッドホンで聞く場合はどうしても厳しくなってしまいますが、touch4直接より悪いです。ホワイトノイズなので目くじらを立てるほどではないですが、省電力のためなのでしょう、比較的しょっちゅうホワイトノイズがきえたりはいったりで気になりだすと気になってしょうがないです。
EMobile S31HWへの直接接続と比べるとはるかに、WM600のほうがよい。ノートPCのヘッドフォン端子の音は結構ひどいから、その置き換えにはよいと思う。
SCMS-T対応なので、ワンセグも問題ないはずです。(確認していません)

FMは都内のビルの中で問題なく受信できます。時節柄、余震の情報を聞くのに役にたっています。

音量調節は、タッチ式のスライダですが、思ったように反応してくれません。最悪。

ちょっと残念なのは、Docomo P904iはボイスダイヤルに対応しているのですが、WM600との組み合わせでは、非実用的なレベルの認識率になってしまいました。ノイズキャンセラがイマイチなのか、私の使い方に問題があるのか、まだ不明です。

取扱説明書はここから

確認できた接続相手(HFPはハンドフリーホン、A2DPはハイファイオーディオ)。書いていないものは試していない、という意味。 

携帯電話
 Docomo P903i HFP,A2DPとも可
 EMobile S31HW  HFP,A2DPとも可

PDA
 ipod touch4 A2DP可

PC
 Dell Inspiron1520(Vista) A2DP可
 Apple MacBook Air(late2010) SnowLeopard HFP,A2DPとも可
   BootCamp + Win7 ペアリングのみ可(要調査)
 IOGear GB201(USBドングル) WinXP HFP,A2DPとも可

その他
 オフィスの電話
 Jabra JX10 w/BT Hubのベースセット HFP可 (ナイス!)

 

 



花筏

201104出勤途上にて

だんだん過ごしやすい気候になってきました。女性のスプリングコート姿はなんとなくいいものです。

大相撲は歯切れの悪いまとまり方になってしまいました。相撲と八百長というか、人情相撲というのは昔からあったと言われています。
「出来レース」というような言い方がありますが、語源は相撲の「出来山」からきているとか。。。

「出来山」をとってなおかつ客に喜ばれて一人前、なんてのも。
落語の中にも、八百長相撲のハナシはあって、私は「花筏」というハナシが好きです。

川の堤防に桜の木がよく植えてありますが、江戸時代に堤防の普請をしたあと、当時は機械はありませんから、人が踏み固めていたのですが、花見客が集まり、踏み固めるよう、桜の木を植えただそうです。

で、水面に移る桜の様子を、たとえて「花筏」と言うのだそうです。

 



つっぱりハイスクールろけんろ~る

つっぱり

「眉剃り」決めて、「めんち」きってますねー。ちっちゃい頃は、こんなにかわいかったのに・・・

というのは、ウソで、同居しているもう一匹(兄弟)がなめるので、眉のあたりがハゲてしまいました。目つきが「いっちゃている」感じなのは、寝起きを撮られたからです。

にゃんこ達のほかの写真はこちらから



必死すぎるスマホ・ストラップ

Poket  Wifi Sは順調にテザリング専用マシンとして、iPod touch4のパシリとして活躍してますが、なかなか電気が大食いです。未使用時こ電源を落とせばいいのですが、再起動にはイライラするほど時間がかかります。

結局電話としてはまったく使っていないので、こまめに機内モードにしてしのいでいますが、それでもうっかりして餓死させることがあります。充電はMicroUSBコネクタなので、どこでも手に入るというわけにいきません。
15cmのケーブルを見つけたので、携帯電話用のストラップ紐と結束バンドで、こんなのを作ってみました。
PoketWiFiS

手作り感ありすぎ&必死すぎる感じ(笑)ですが、ケーブルの輪の部分に小指か薬指を通すと、結構使い心地がいいです。これで、いざとなればPCから電気を分けてもらえます。


今のところ国内ではAmazonしか扱いがないみたいですが、こんなのもいいかも。Poket WiFi Sはストラップホールの位置が少しオフセットしているのでいまいちかも。
でも、日本に本格的な進出するなら、ブランド名は「もう少しがんばりましょう」。

 

エレコム製15cm USB→MicroUSBケーブル。白が欲しかった・


【3500円以上お買い上げで送料無料】エレコム ELECOM Micro-USBアダプタ(Aメス-MicroA) MPA-EMA015BK



モバブー、買ってみた (2011/4/9一部訂正あり)

バッテリーがてんでもたない、Emobile Pocket WiFi Sのために、モバブー買いました。買ったのはKBC-L2BS.

  •    結構高い。1200mAh位の(エネループではない)バッテリがヨドバシカメラには2500円くらいである。KBC-L2BSは1900mAh (4/9訂正、正しくは5000mAh)
  •    結構重い。    
  •     ↑でも(「だから」?)ストラップホールが着いてる()
  •    Mini USB-B(5pin)Micro USB Bの変換アダプタ付
  • ×   でも、↑にはストラップホール無し(無くしそう)
  •    Full充電は思ったより時間がかかる。付属のACアダプタで7時間
  • ×    USBケーブル経由だと14時間かかる(大笑)。Y字ケーブル加速するか不明。(4/9たぶんだめ、理由はめんどくさいのでまたの機会)
  • × Mini USBケーブルなくすと、「ダルマさん」になってしまう。そこで、ストラップホールを利用して巻き取りケーブル(USB→mini USB)つけました。
  • △ (4/9追記 USBの出力コネクタが上下逆。慣れればどうということはないが、イラっとする。ていうか、俺がこの製品の上司なら、大目玉(笑)。理由があるのかもしれない。)

 

KBC-L2BS


【送料500円】【在庫あり】 USB出力付リチウムイオンバッテリーサンヨー(SANYO) KBC-L2BS【代引き手数料無料】

Y字ケーブル(エレコムのページを見ると、逆流防止ダイオード入り)

【3500円以上お買い上げで送料無料】エレコム ELECOM ダブルパワーUSBケーブル USB-M5DPBK

なお、秋月電子には、激安品あり。(でもMiniBコネクタでく、スタンダードサイズのBコネクタなので、このままでは利用不可)。逆流防止ダイオードの有無は不明。

スマートホンの純正のバッテリの予備もそこそこ高いし、充電器も買うとなるとさらに高いので、こんな方法もあります。



Macbook Airのためにvmware fusion 3.1を安く買う (「罠」あり)

 (別に、Macbook Airでなくてもかまいませんが) 結局vmware fusionにすることにしました。あちこちのサイトにも書かれていますが、fusion2サポートレスをact2で買ってupgradeライセンスで3.1にアップグレードライセンスを購入する、という方法で購入しました。 

act2のサイトは、http://www.act2.com/fusion2.html です。fusion 2.1は980円でした。
 
で、これをアップグレードしていく訳ですが、vmwareの日本のwebpage
http://www.vmware.com/jp/
からリンクをたどっていくと、 
http://store.vmware.com/store?Action=DisplayPage&Locale=en_US&SiteID=vmwjp&id=ProductDetailsPage&productID=220772700 
へたどり着き、今日の表示では、ワンショットのアップグレードが、¥2698円、12ヶ月の追加アップグレード付きが、¥5390。
ところが、英語サイトから入ると、
http://store.vmware.com/store/vmware/DisplayProductDetailsPage/ProductID.168242500/Currency.USD
 へたどりつき、それぞれ、$39.99、$59.99。なんか、微妙なレートです。
 
罠はまだあります。ワンショットの購入なら日本の方が安いとおもって、進んでいくと、クレジットカードを選択した場合、最後に米ドルでいくら請求されるかが、表示されるのですが、これが、$39.99より高くなります。  orz
 
最初から、ドルベースで払う方が安いという「罠」でした。


原発

福島第一原発の事故は、想像通りLevel6規模の事故になってきています。東電の言葉を信じれば、地震直後には安定停止に向けてすべて予定どおりに機器は作動していたが、津波ですべてがおかしくなったとのこと。
地震の振動には耐えたのだから、原発=危険は飛躍しすぎかも知れないが、地震とそれに伴う津波に対して、人類は十分な知識をもっているという誤った理解というか傲慢さの結果なのだと思う。
 どうせ海水をいれることになるんだったら、最初から入れちまえばよかったというのも後知恵ですね。

タービン建屋の水で被爆した作業員は気の毒としかいいようがないが、あれは人災。沸騰水炉では、(消防や自衛隊が水を撒いたし、津波の海水もあるが)水は基本的には炉心を通ってきたものと、復水用の海水のどちらかなのだから、少なくとも東電の技術者は水があればそれには被爆の可能性はわかっていたはずです。

冷却系を復旧すべくタービン建屋にたまった水を取り除こうとしていますが、あの水どうするんでしょう? とりあえずはどっかにためておくしかないでしょうが、カサを減らさないことには最終的に処理ができないでしょう。海に流しちゃう(プールでおしっこ)? 沸騰→濃縮させるのに原子炉を作るというのはちょっとブラックだなー。

アニメ「シンプソンズ」のホーマーの職業は原発のオペレーターだったりするように、米国では、オバマ政権になるまでは、スリーマイル島の事故以来、原発なんてジョークのねたでしかなったりします。原発はCO2を出さないのは間違いないが、今回の事故の後処理のことを考えるとコスト面でのメリットは完全に吹き飛んでしまうでしょう。いっそうの節電につとめるとともに何か策を考えないといけないです。

まあ、電気代があがるのは覚悟してますけど。

従来の蛍光灯に置き換えられるLEDとかもありますが、グロースターター式専用です。我が家はみんなインバーター式なんですよね・・・ orz


LED蛍光灯60cm(クリアカバータイプ)40W蛍光灯より明るく電気代は3分の1に!



FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。