Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bose901のイコライザー1段目その2


1段目の回路は、概ね以下のようになっています。



(クリックで全体を表示)

R1,R2は、トランジスタQ1のバイアス回路でしょう。C4,C5はカップリングコンデンサ、C3は高域の位相補償でしょうね。ただし、LTspiceでのシミュレーションでは、C3は外しても特性には変化は見えませんけど…
で、よくわからないのがR6,R7,C1,C2辺りのフィルタと、Q1,Q2の増幅回路です。
次回はこの辺りをすこし、解析してみます。

前回へ 次回へ
スポンサーサイト

Bose901のイコライザーを修理っていうか作りなおす

Bose901というスピーカーを使っているのですが、専用のイコライザーが壊れてしまいました。修理に出すか、オークションで手に入れてもいいのですが、以前からあまりS/Nが良くないので、作りなおそうかどうしようかと迷っていたのに、踏ん切りがつきました。
数年前に、インターネットでサービスマニュアルを入手していた(どこからか忘れてしまった)ので、まずは軽く回路図をLT-Spiceで入力して、周波数特性を見てみました。
901イコライザーの周波数特性
(画像をクリックすると全体像が見えます)

実線が振幅特性、破線が位相特性ですが、まあ、なんというか「すんげ~」としか言えません。こんなフィルタを通さなきゃいけない時点で「Pure audio」の方からBose901って無視されるの当然な気がします。

回路は3つのブロックから構成されているのですが、第一のブロックは1.5KHz付近のバンドピークフィルタ、第二ブロックは、400Hz以下と1KHz以上のブースト、第三ブロックは32Hz付近と15KHz付近のピークとなっています。
901って、「ボーカルが『前に出る』感じ」がするのですが、これは第一ブロックのフィルタのせい?
第二ブロックの回路が、ほぼ全体の音を決めているように思います。
第三ブロックは、カタログスペック対策(Boseは周波数特性を公開してませんけど)?

それにしても、最大で24dBくらいの差があります。901の取説には、「専用イコライザーのかわりに、汎用のグラフィックイコライザーは使えません」って書いてありますが、さもありなんです。普通のグラフィックイコライザーは±12dBくらいの調整幅しかないんですし、ここまでヘンタイ的な調整をするようにはできてないですしね…

次回へ

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

Bose901のイコライザー1段目その1



Bose901のイコライザーの解析の続きです。

まずは一段目のブロックです。一段目のフィルタだけとりだすと、こんな周波数特性になっています。


フィルタ1周波数特性
(クリックで全体を表示)

ピークが1.2KHz辺りにあるピークフィルタですが、ピークゲインが約5.9dBもあり、結構Qも高いですね。
入手した回路図では、2N5210(NPN)と2N3906(PNP)というトランジスタが使われています。日本ではあまり馴染みが無いですが、米国では定番中の定番の小信号トランジスタ(でもちょっと古目)です。2SC458/2SA1029辺りが相当品かな…

実際の回路は結構「味のある」回路ですので次回はそれをネタにしようと思ってます。

前回へ 次回へ

テーマ:オーディオ - ジャンル:趣味・実用

Blogで数式を書く MathJaxを使ってみる

最近は、こんな方法を使ってます。

くろきげんさんがMathJaxを使ったBlogで数式を書く例を書かれているので、試してみた。
2次方程式 $ ax^2 +bx + c = 0 $ の解は
\[ x = \frac{-b \pm \sqrt{b^2-4ac}}{2a} \]
ふむ。Blogのテンプレートを編集しなければなりませんが、こちらの方が、数式中の文字がキレイですね。

ブログの「見た目」のテンプレートをまだ選びかねているので、テンプレートの編集が面倒ですが、MathJaxで行きましょう。

[2014/8/10 追記]

Blogで数式を書く、 肩慣らし

最近は、こんな方法を使ってます。[2014/8/10追記]
数式をBlogの中で使うにはどうすればいいのかちょっと調べてみた。こちらの方がcodecogというサービスを利用する例を書いていたので、真似してみます。

< img src="http://www.codecogs.com/eq.latex? x^3" alt="" />

みたいなHTMLタグを書けばいいらしい。
結果:



おお、ちゃんと書ける。

数式をインライン表示させるときには< img src="http://www.codecogs.com/eq.latex? x^2+2 \cdot x + 3"/ >のように入力するらしい。
数式をインライン表示させるときには のように入力するらしい。おおー、これはすばらしい。

二次方程式、 の解は、



なるほどねー。問題はTeXの書き方になれないといけないことと、結構表示に時間がかかることですな…
いまいち、表示が汚いですね…TeX系のサービスを使う方法はほかにもあるようなので、もう少し調べます。

とりあえずのテスト

引越し、テスト

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。