Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bose 901のイコライザー、解析のまとめ

実際の回路にまとめる前に、解析結果をまとめておきます。オリジナルの901のイコライザーには、Mid-Low,Mid-Highのトーンコントロール、サブソニックフィルター(On/Off)があるのですが、VRは中点、サブソニックフィルターはoffで解析しています。

 3段のフィルタのうち、2段目は周波数特性に荒れていることがあり、オリジナルの回路をちょっといじったりした結果、これは「設計者の意図ではない」と判断しました。また、1段めは、入力カップリングコンデンサの影響で、超低周波域のゲインが落ちています。解析上はこれもエミュレーションしています。

 その結果が以下の回路(というか伝達関数の羅列ですが)になります。

 

clip_image001[18]

 

Screen clipping taken: 2014/08/24 14:29

LTSpiceの回路データも置いておきます。シミュレーションを実行する場合は、V1を「IN」に接続して実行してください。周波数特性が得られます。これで、オリジナルの回路との偏差は、750mdb以下です。

 

 実際の回路にする場合は、E102E203,E204は無視するつもりです。

各フィルターの伝達関数を書いておきます。

フィルター1

clip_image002[18]

clip_image003[18]

            1326.11109272 [Hz] clip_image004[18]

 

フィルター2

clip_image005[18]

clip_image006[18]

clip_image007[18]

     F2LPFt0の周波数は、117.892574965 [Hz]。

     F2HPFt0の周波数は、31206.858079[Hz]

 

フィルター3

 


clip_image008[18]

clip_image009[18]

clip_image010[18]

F3HPFOmega0の周波数は、32.4278264014[Hz]

F3LPFOmega0の周波数は、15350.4974548[Hz]

 

角速度と時定数がごちゃまぜになってますが、容赦。

 

スポンサーサイト

ブリュッセル散策 その3 ~マグリット美術館 ~

歩いて、王立美術館へ。美術館の写真はありません(撮影禁止)。

途中、昼飯を食べよう思っていたのですが、カフェみたいなところはどこも混雑と喧騒で歩き疲れ始めた私にはちょっと。。。

 

 

 

 

で、こんな路地を入って

Passage

 

 

静かなレストランを見つけたので、Big Lunch。 実は、NHホテルの裏口だったんですけど。

LunchatNHHotel

ホテルには、Passion Chocolateが入っていましたが、日本にもあるので、パス。

そのうち急に、雨が土砂降りで降ってきたので、ゆっくりランチをたべて移動。


なんてグズグズしてたら、美術館に付いたのは3時半。5時に閉館ということなので、マグリット美術館だけ観ることに。

写真はありませんが、マグリットが好きで来る方のためにメモ。ちなみに昨日(8/15)が命日なんですね。

 

私の一番好きな、「旅人」はありました。結構初期の作品だとは知りませんでした。

 

「心の琴線」はあった。これって、核爆発のキノコ雲を思い出すのは、私だけ?

 

マグリットは同じテーマで、構図が違う作品をのこしていますが(タイトルは同じ)、直接比較して観られるのはここくらいだと思います。「光の帝国」とか。ただし、「光の帝国」の未完の遺作はなし。

 

代表作と思われるもののうち、ないもの。「白紙委任状」、「これはりんごではない」(パイプもない)、「大家族」。 あとは思い出せない…

 

美術館の最後に、お約束の「ショップ」がありますが、あまりピンと来なかったのでパス。他の美術館も含めた、全体のお土産ショップもありますが、こちらも覗いてみるけど、グッと来るものがない。

 

HlloKitty

あいかわらず、「仕事を選ばない」方…


美術館は、道路を挟んで王宮に面しています。

 

Cassle

国旗が出ていないので、国王陛下は不在中ですね。バカンスでしょうか?

 


今回は、レンタカーでダウンタウンまで行きましたが、グラン=プラスのそばはどうなっているのかわからなかったので、500mくらい離れたところの駐車場に入れ、あとは半日徒歩で移動しました。結果的には良かったです。ただ、舗装は石畳が多いので、歩きやすい靴が必須です。

ブリュッセル散策その1 ~ Dandoy ~

今日は、ブリュッセル市内に観光に行ってきました。まず、家内のリクエストで「Dandoy」のスペキュロス(要は「ビスケット」だな…)を買いに行きます。『大丸にもあるんだけどな~』なんて内心思っていることはおくびにも出さずに買いに行く、と。

 

Dandoy

 

「店、ちいせえ…」。見逃しそうだよ。。。なん軒かあるんだけど、家内の指定の住所はここ。

普通のビスケットの他に、型に入れて焼いた奴があるんだけど、旅行ガイドに乗っているのはこっち。

どうも、これを買ってこいと。。。

 

デカイ。

Speculaas

買いましたよ、ええ。我ながら「チャレンジャー」だよ。お店に来ていた、日本人の女子も、「これは無理だなー」って言ってたもん。

ま、普通のビスケットも買ったけど。。

 

 

和菓子みたいに、木の型にいれて抜くんですな。店の中に古い型が飾ってありました。

一応、「えくすくぜ もあ,まどもぁぜる。 ぴゅい じゅ ぷらんどら ほと いし?」とか言って撮影してきました。

Speculaas1Speculaas2

 

で、「グラン=プラス」(ブリュッセルの市庁舎前の広場。世界遺産らしい)へ移動するが、ちょうどFlowerCarpetっていうイベント中で、マジ混んでる。グラン=プラス周辺には、ゴディバ、ノイハウス、コートドールなどがありますが、チョコレートはこの季節、日本に帰った瞬間に死ぬのでパス。

 

FlowerCarpet

人大杉。

正面が、市庁舎。向こう側の人垣は、2階のバルコニーから観るために、列に並んでいる人たち。気が付かなかったけど、手前で、ドサクサにまぎれてイチャイチャしているのがいます。

Blogで数式を書く。 結局、OneNote+Windows Live Writer

時々、「Blogで数式を書く」でこのBlogに来られる方がいるようなので、メモとして書いておきます。

 

遅々として進まない、Bose901のイコライザーをリビルドする件を書くのにあたり、どうしても数式を書く必要に迫られて、調べてみました。

codecogというサービスを利用したり、MathJaxをつかったりしましたが、WYSIWYGではないのが、不満でやめてしまいました。

結局、下書きは、MicrosoftOneNoteで書いて、それをWindows Live Writerにコピペして、Blogにポストするという方法に落ち着きました。

問題は特定出来ました。 でも、どうすれば…

 

[2014/8/13追記]

Live Writerにコピペで画像ごと貼り付けた時に、必ず画像がclip_image001,002,003となってしまい、投稿毎にユニークな番号をつけてくれないのが原因ですね… orz

キャッシュの問題は直接は関係ないです。

これって、結構致命的な気がするのですが。

当面の対策として、ペーストを複数回繰り返すと、clip_image001の後ろに[1]等の番号をつけてくれるのユニークな番号になるまで、ペーストを繰り返すようにしておきます。 はぁ、どうしよう…

[2014/8/13追記、終わり]

ハッキリと問題を特定できていないのですが、時々ブラウザのキャッシュの影響と思われる問題があるみたいなので、念の為、こちらのサイトを参考にして、キャシュを無効化しておきます。

 

htmlの<head>内に以下のコードを追加(IEで有効)

<meta http-equiv="Pragma" content="no-cache">
<meta http-equiv="Cache-Control" content="no-store">
<meta http-equiv="Cache-Control" content="no-cache">
<meta http-equiv="Expires" content="-1">

htmlのどこかに以下のコードを追加(Safari, Firfoxで有効)

<iframe style="height:0px;width:0px;visibility:hidden" src="about:blank">
    this frame prevents back forward cache
</iframe>

引用:http://blog.knockoutmarch.com/2008/02/06/2323.html

 

Pasted from <http://logic.moo.jp/data/archives/652.html>

 

その上で、OneNoteで数式モードで数式を書きます。数式モードは、IMEの様に働きます。ほぼほぼ、Latexなのですが、分数は \fracではなく、「/」です。数式モードへ入るためのショートカットキーは、ALT+=です。

 

x= (-b\pm\sqrt(b^2-4ac))/2a  

 

とか入力すると

 

clip_image001[14]

 

と表示されます。Latexが完璧でない私みたいなヘタレにはWYSIWYG便利。

タブレット機能付きのPCならば、手書き入力も使えるようです。

 

で、OneNoteで書き上がったものを、コピーし、Live Writerへペーストします。このとき、「形式を選択して貼り付け」、「書式の保持」(ショートカットキーはCtrl+ALT+sK)でペーストするのがポイント

 

clip_image002[14]

 

で、あとは、Live Writerで投稿すればOKです。問題は、codecogみたいに図で埋め込みになってしまうことですが、一応キレイに表示されるのでOKとしています。

なんとなく、オランダ語を読む???

zwartschaap
謎に満ちたオランダ語だが、なんとなく読める時もある。
写真は、昨夜行ったルーバンの市庁舎(お城みたい)のすぐ裏にあるレストラン't Zwert Schaap
AとEは入れ替えて見ると意味が通じる感じがする時がある。Zwart -> ズワルト、 黒か?、Schaap → Scheep シープ
で「黒羊」。
通りの名前は、Boekhandelstraatで、boekはbook。handelはhandleに近い意味で、~を扱う、ちなみに作曲家のヘンデル(英国人)は同じ綴り。straatはもちろんstreet。で、「本屋通り」くらいの意味だそうである。発音は耳で聞く限りは、ボークハンデルストラート。
もうちょっと、規則がわかってくるともう少しなんとかなりそうなんだが…

ちなみに、レストランはベルギー料理かな。Simplified Frenchな感じでしたが、カモのロースト美味しかったです。ソースとかをもっと頑張ってもいいと思いますが…
デザートにチーズをいただきましたが、あまり気張らない街のレストランで、こんなに美味しいチーズが食べられるのは羨ましい限りですね…

Citroën C4 in Leuven

さて、今回のお供は、シトロエンC4 ディーゼル、MT(当然)。もちろん、シトロエンなんて初めてです。ヘンタイ率の高い、フランス車のなかにあって、そのへんタイ最高峰の誉れも高い、シトロエンだがさすがに昔と違って、ちゃんとセルフセンタリングするステアリング、オートリターン式のウインカー、ホーンボタンも普通にステアリング・ホイールのセンターパッドに配置されている。これが、「国際化」なのでしょう。。。ツマラン。

C4

 

サイドブレーキのハンドルは凝ったデザインだが、ハッキリいって使いにくい気がする。坂道発進を助ける自動のブレーキが付いているので、実用上は問題はないですけど。

ディーゼル車も生まれて初めての経験ですが、2000回展以上回しても殆ど意味が無い感じ。

正直言って、ゲタ車だったら、先々週に乗ったGolfの方がいいと思います。サスがハイドロニューマチックってわけでもないし…(ハイドラクティブでもいいから、一度乗ってみたいものである)

決して、悪い車では無いのだけれど、先々週のWV Golfが非常に素晴らしかったので、評価低め。

スキポール空港、再び。 アヴェンタドール発見

えー、再びスキポール空港に居ります。今回はベルギーは、ルーバンというところへ行く途中のトランシットです。

飛行機から降りて、滑走路の方を見ていたら、白のアヴェンタドールを発見。通関町でしょうか…

Aventador

 

成田からスキポール空港の到着はKLMだとFターミナル到着で、今度はBターミナルからブリュッセルへ出発です。そこそこ離れている上に、頭中、EC域内への入国審査とセキュリティチェックがあるので、30分以上かかります。

 

調べてんたら、今回の目的地ルーバンは先々週いたアイントホーフェンと150Kmくらいしか離れていないようです。何やってんだかなぁ…

スキポール空港とブリュッセル空港の間は実フライト時間は、およそ30分程度。一応国際線なので、スナック程度はでるが、水平飛行に入った途端、スナックを配って、食い終わったらすぐ、ベルト着用サインが出るというせわしなさ…

ヨーロッパの街を舐めてました。。。

 

えー、先々週ののアイントホーフェンは自動車での移動も全く問題なしで、カーナビもiPhoneでごまかしきりましたが、今回ベルギーのルーヴァンはそうはいきません。

そもそも、アイントホーフェンは、フィリップスの工場があったせいもあって、WW2で焼け野原になったため、古い建物は殆ど残ってないそうです。で、街並みや道も整備されていると。。。

ルーヴァンのホテルをiPhoneの純正Mapアプリで探すのですが、どうもたどり着けません。シトロエンは、カーナビが付いているのですが、言語がフランス語で、英語に変えようにもメニューがチンプンカンプンなので、ブリュッセルの空港ではほっぽらかして置きました。近くに来ているのは明らかなのですが、ホテルが見つからないのです。

30分くらいあたりをぐるぐる。。。業を煮やして、路肩に車を止めて、徒歩で探すと程なくホテルは、見つかったのですが、徒歩で一方通行を遡って来たので、ホテルの駐車場まで辿り着く道順がわからない… orz

しかたないので、そのまま一方通行を遡り、表通りまで、出たところでiPhoneで現在地を記録、車に戻り記録した場所を目当てに移動して、やっとホテルに車を納めました。

マジで、こんな感じ。

もうね、旧ルパンの「7番目の端が落ちる特」をマジで思い出しましたよ、まったく…

 

なお、立ち回り先の住所も、いPhoneのMapだと、ちょっとずれていたりで、微妙に、アテになりません。

 

あとでシトロエンのカーナビをやっとのことで、英語に設定してホテルの住所を入れると「サービス範囲外」とのこと。orz

「サービス範囲外」と言いつつも、実際には、ちゃんとホテルの駐車場までは、案内してくれましたけどね。

 

教訓 iPhoneを過信してはいけない。

テーマ:ヨーロッパ - ジャンル:海外情報

Bose 901のイコライザー、1段目その7

古いBlogを確認したら、1段目のフィルターの解析が、やりっ放しで終わってませんでした。1段めその6の結果の再掲です。

clip_image001[13]

でした。

()内の後半の項、

clip_image002[13]

 

の部分は、バンド・パス・フィルタそのものですから、式(1-29)は、バンド・ピーク・フィルタとなり、1段目その1の特性に一致します。

 

 

 

スキポール空港にて、 寿司たけぇよ… orz

やっと帰れます。つい里心がついて空港で、寿司Bentoと酒モヒートなんぞ食ったら、枝豆ばっかじゃん。これで邦貨換算で5000円。

不味くはないが、値段を考えるとガッカリ。

SchipholBento

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。