Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Für Elise ~タイヤ換えた(3)

で、PS3に換えて、1000km位走りました。結論からいうと大成功です。
フロントタイヤのサイズだけあげたので、フロントがぐいぐいインに入る感じ。
下手クソゆえの恥の上塗りだが、最初ニュートラル・ステアリング(実際には弱アンダー)っぽくて、
「怖ぇぇ~!! リアも1サイズ上げるべきだったか?」とかビビったけど、慣れたら超楽し~。
コーナーの入り口で、弱アンダー、少しブレーキを踏み残せばオーバー気味にできるし、コーナリング中もアクセルワークで、アンダー/オーバーまで出し入れ自由♫
コーナーのアペックスを見つめるだけで曲がれちゃう、まさにコーナリングマシーン(だいぶ話がオーバーステア)。
まあ、ヨタ話はともかく、オリジナルのタイヤサイズで、ワインディング・ロードにありがちな、小半径のS字コーナーで、2つめのコーナーで、我ながら「すっごいダサい」状態だったのは問題のないレベルまで改善しました。

いつものドライブコースで、一箇所広い直角コーナーがあるんだけど、そこでちょっと頑張ったら、リアがキレイに流れて(もちろん少しだけね)、ステアリングをニュートラルにもどしてコーナーを抜けることできた。
もともとDPMをONでは、大舵角のカウンター・ステア状態にするのは難しい、というかDPMがそんなことをやらせてくれない。(凍結路面で経験済み)
ステアリングをニュートラル戻す程度ならDPMに介入させずにスポーティなコーナリング(笑)ができることがわかったのは大収穫。

PS3に期待した特性通り、内側リアの接地が弱まって、eLSDが働くとズルズル滑り出す→ステアリングをニュートラル位まで戻す→リアのグリップ回復、がとても把握しやすい。
NEOVAはすべてが唐突に起きる感じで、ちょっと無理をすると、(ステアリングの戻しが間に合わず)DPMのお世話になってしまう。介入の遅い「スポートモード付きのDPM」がほしいとマジで思ったりしてたんだんだけど、なんのことはない操作が追いついていないだけでした。(ヘッタピ)。私にはPS3の方があってますね(ジジイだし)。

期待していなかったが、ロードノイズはすごく静かになった。乗り心地ももはや、良いと言ってもいいレベルだ。
停車しているときからの最初のひと転がりが軽く感じる。たぶん転がり抵抗も低いのだろう。
あとは、今の乗り方でせめて15000km位もってくれれば、言うことなし。

一応、ライン装着のNeovaと比較してマイナス面も…
絶対的なコーナリングスピードは下がったと思う。これは、グリップの低いタイヤに変えたのだから想定内。
ゴムの「グニャグニャ感」がNEOVAよりあるかな… キライな人はキライだと思う。
心配していた「すえ切り」は少し重くなった気がするが、ホイールのオフセットも変わっているかもしれないのでフロントタイヤのサイズ変更のせいかは微妙。ちょっとキャスターアクションが弱くなった気がする。
見た目は、サイドウォールが柔らかいのだろう、Neovaと比べると少しサイドウォールが丸みを帯びた感じ。これはこれで少しクラシックな味わいでキライではない。
高速域の安定性は多少ギセイになったかな… 実際の車速は書けないけど(笑)、東名高速下りの「中井松田~御殿場の右ルート」といえば判るひとは判りますね。あそこは、以前は「鼻ホジ」でしたが、「少しマジ」になる感じ。

個人的な結論として、PS3というタイヤ自体は好みの問題として、オリジナルのタイヤサイズはどうかと思う。まあ、 「コンシューマ・レポート」とかで「スピンする」とか書かれるのもメーカーとしては困るんだろうと思うけど。
少なくとも、「6J」のフロントホイールは考えてもらいたいもの。


さて、ホイールのセンターキャップどうするかな。。。
スポンサーサイト

テーマ:愛車 - ジャンル:車・バイク

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。