Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PCの電源をリモートで入れる ~WOL編~(1)

リビングに置いてあるMediaPCは、電源をMCE 2005のリモコンで入れられるようにしてある。
FileServerにするPCは、常時電源を入れっぱなしにしておくにはやっぱり、HDDの温度が気になる。前に書いたように、RAIDボリュームのドライブをスピンダウン(停止)できないためだ。FileServerは自宅の外部からアクセスする必要はない。主にMediaPCからアクセスできればよいので、電源が連動すればよい。
 今のPCにはWake On LAN(WOL)の機能が備わっているものが多いので、これを試してみる。WOLのソフトはネット上を見るといろいろあるが、とりあえずMagicBootというソフトをVectorから拾ってきた。
ターゲットになるPC(VIA EPIA SP-13000)のMACアドレスが必要なので、コマンドプロンプトから


ipcofig /ALL

で、Physical Address(16進数で12桁)を調べ、MagicBootに入力し実行する。
XP SP2だと、Port3708を使う警告が出るので、有効にする。
なんだ、簡単に出来た。これで、WOLでMediaPCの電源の入り切りで、FileSerevrの電源を入り切りする道筋が出来そうだ。
調子に乗って、MediaPC(ASUS P4P-SE)の方も試すが、うまくいかない。BIOSの設定を調べてみよう(今日はめんどくさいのでいいや...)。
----
本日の御託
最近、小学生の子供に英語を教える話をよく聞くが、馬鹿げていると思う。それより、国語をちゃんと教えた方がいいな。石原慎太郎は大嫌いだが、この件だけは賛成だ。
ネィティブスピーカーが教えるなら話は別だが、それでも、週に数時間では意味がなかろう。5~6才あたりまでに、ほぼ100%英語の環境にいないと「耳」はできないだろう。
税金の無駄使いである。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/152-8bfdda3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。