Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Virus&Spyware対策 (1)

 いまは、メールを読むときくらいだけしか使っていない古いPCがあるのだが、どうもSpywareにやられたらしい。ついでに、ウィルス対策もしてなかったので、こちらも適当なフリーソフトを探してみた。SpybotとAvast!を使うことにして、ダウンロード&インストールする。それぞれ、ファイルをスキャンするので結構時間がかかる。並行してやるが、さすがにPC4台となるとほとんど1日仕事だ。
 結果はウィルスこそなかったが、気にしていたWinfixer以外にも大量にSpywareが見つかった。ܤäƤ
 なお、Avast!だが、ファイルサーバーのPCでブート時チェックを実行したら、RAID5の0番目のHDDがRaidマネージャから見えなくなってしまった。スゲェあせったが、リブートしたら見えた。すかさず、リビルドして問題なし。
 Avast!がクロかどうかは再確認していない(するものかっ!)が、要注意。
----
本日の御託
コンピュータ・ウィルスといえば、ジョン・ブラナーというSF作家の書いた「衝撃波を乗り切れ(原題:Shockwave Rider)」というSF小説がある。20年以上前に読んだのだが、永らく、おそらくコンピュータ・ウィルスの概念を始めて提示した小説だ、と思っていたのだが、ネット上で調べてみるとやはりそのようである。もっとも、この本に出てくるのは「ワーム」の方だけど...。「テープ・ワーム」とは、回虫のことで、まあ、ダジャレみたいなものだ。
 この小説は、ブラナーが、未来学者のアルビン・トフラーの「未来の衝撃」に影響を受けて書いたとされている。またトフラーはさらにこの小説に啓発されて、「第三の波」を書いたとされる。
 ともかく、コンピュータ・ヲタを気取るなら、読んでおくべし。
で、ここからが本題だが、この小説、(日本では)とっくの昔に絶版になっているのだが、古本で3万円(!)とかだそうである。実家に帰ればあるんだよね...
ついでに、調べたらサンリオSF文庫も一時期ほどではないけど、そこそこの値段で取引されているようだ。全部売り払えば、10万円以上になりそうだけど、まあ、青春の思い出(どんな青春だ)ではある...


コメント

フリーのウィルス対策ソフト

AVAST!は日本語でメッセージが出るのが善いしアプリ的にも高機能だけど、若干重たいね。

日本語訳はまだないみたいだけどオープンソースの
http://www.clamwin.com/" target="_blank">http://www.clamwin.com/
は、Socket7なペンチでもそこそこ使えるぐらいに軽い感じカモ。AVASTに比べれば機能は少なめ。(でも、まだバージョンが0.xx.xxxなので発展途上のソフトみたいだけど。)

  • 2006/05/13(土) 02:33:41 |
  • URL |
  • maimi09 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/161-e5e2b0f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。