Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太古のFMVであそんでみる

 古い富士通のFMVがある。とりあえず、MCE2005を入れているのだが、DirctX9にビデオが対応していないため、ehshellからはビデオの再生はできない(MediaPlayerではもんだいなし)、という超中途半端な状態になっているので、ちょっと遊んでみた。
 このPC(以下FMV)はC5/80LRというモデルで、2000年の暮れに買ったようだ。こいつは何が頭にくるって、ウルサイんだよね~。ということで、黙らせることを考える。
 まず電源だ。とにかくFANがウルサイのだ。マザーボードをよく見ると、普通の20ピンのATXの電源コネクタのほかに6ピンのコネクタがある。どうも、LCDモニタ用の電源(注、このモデルは専用のLCDモニタで、電源は本体から供給している)のようだ。壊れることはなかろうと、6ピンのコネクタだけはずし、電源を入れてみると、案の定、LCDモニタは点かない。しかし、HDDにはアクセスにいっており、なんとなくちゃんと動作している感じだ。RemoteDesktopで他のPCからログオンできるか試してみたら、問題ない。ということで、電源ユニットをはずしてしまった。あまっているSilentKing4
送料無料 EVERGREEN Silent King-4 350W (LW-6350H-4)

という(ファンレスではないが)という非常に静かな電源ユニットに交換してしまう。この電源は5000円以下だし、静音電源としては非常に非常にお買い得な気がする。もちろん、信頼性はまだ、なんともいえないけど。もとの電源よりははるかに大きいので、筐体にいれるというわけにはいかない。
 つぎにHDD。当時としてはまずまずの40Gだが、遅い上にとにかくモーターの回転音、シーク音、共にうるさい。FMVの筐体に入っている状態でも、FileServerに載せているMaxtor 6H500F0×3台よりうるさい。玄箱HGにいれてあるウエスタンディジタルのWD2500BBをちょっと拝借してみる。DriveImageというHDDの引越し用のソフトでデータを移すが、なぜか失敗したうえに、もとのHDDのデータも失ってしまったå(くそー!)。この時点でやる気をなくしてしまい、今日はここまで...
----
本日の御託
 じつはゴールデンウィーク前から、庭の工事が始まっている。ちょうど1年前に家を建てたのだが、庭はなにもしておらず、去年はビオトープ(=雑草生え放題)になっていた。
 トカゲ数匹(背中が青く光ってきれいだが、すばしっこくてつかまらない)、カナヘビ数匹(こいつはトロいのですぐつかまる。愛称、カナビー)。ヒキガエル1匹(ぎょえ)。バッタ、無数の住処になっていたのだが、家内が「雑草園はゆるさん」と抗議するので、芝にすることにした。昨日、土をだいぶ掘り返したのだが、ビオトープの住人たちは逃げおうせただろうか?



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/166-d8ff9e75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。