Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太古のFMVであそんでみる (3)

中古のCD-ROMドライブでも手に入れるか…と、昼休みに会社のそばのHARD OFFを覗くが、CD-Rのドライブしかない。それでも安価ならよいが、結構フザケた値段をつけている。オークションという手もあるが、今欲しいのだ。こうなったら、生体臓器移植しかないな。どうせ中身はATAだろうということで、USB/1394接続のDVDドライブ(プレクスター PX716UF)をバラす。案の定、中身はATAだったが、PATAのコネクタ、電源用のコネクタのほかに、ジャンパがあった。だめもとで全部はずしたまま、FMVにつないで、前にnLiteを使ってDVD-ROM一枚にしてあるMCE2005のインストールディスクを使って起動してみる。もちろん、FMVの専用の液晶モニタが必要なので、電源は一旦もとの電源に戻している。
 結果は大成功!ちゃんとインストールできた。HDDを変えた効果でだいぶ静かになったうえ、体感速度としてはまずまずになった。もっとも、所詮Pentium III 800MHzだし、メモリも192MBではたかがしれているけれど...
 あとは、CPUだが、これはヒートシンクをなんとかしない限りダメなので、今日は諦める。でも、 この時点で玄箱HGよりもずっと静かになってしまった。う~む、私に必要だったのは玄箱HGではなく、静かな電源ユニットと新しいHDDだったということだ…。
----
本日の御託
今日は、すっごく悲しい事と、すっごく嬉しい事があった。
悲しいのはTablet PCのスタイラスのポケットに挟んでおくところを折ってしまったåこと。買いなおすと7000円もするのだ。
嬉しかったことは、…ヒミツ。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/168-d5235f6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。