Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

莫迦オヤジ unWIRED(7) (4)

Socket社のBluetoothインターフェースは日本にいる間に発注をしたのだが、荷物はイリノイからの発送になり、予定では24日になるというので、ちょっと焦ったが昨日無事受け取ることができた。
 が、やっぱりハマった。この製品、同じハードでPCIMCA用のアダプタ付のものと、なしのものがあるのだが、値段が$30以上違うのである。$10以下の差ならば、どちらでもよいかな?とも、思っていたのだが、もったいないので、アダプタ無を買ったのだ。が、こちらにはWINDOWS CE用のドライバしか付属していなかったå。焦って、Socket社のページを探し回って、やっとWindows用のドライバをダウンロードできるページまで行き着いたが、なぜかダウンロードできない、ファイルサイズが表示より極端に小さいのだ。仕方ないので、Webマスターに「どうしたらいい?」とメールを書いて、今日はおしまい(つづく。ううぅå)。
----
本日の御託
オーディオのほうに少し方向性を戻そうと考えて、いわゆるファンクション・ジェネレータが欲しい、と思っている。たまにしか使わないので、買うつもりはさすがにないし、大体測定器だからおいそれと買える値段ではない。
マルチファンクションジェネレーター AD-8623A ☆
5~6KHzまでであれば、WAVファイルをつくって、PCのサウンドボードや、CD-Rに焼いて、CDプレーヤで再生する、いう手もあるのだが、400KHz位まで欲しいのだ。
で、「自分で作るか」。と、なるのだが、アナログ回路なんて、それこそ20年近くやっていない。正弦波の発信器は意外に難しいのだ。OpAmp+フィルタで作るのが上等手段なのだが、最近の旬なOpAmpなんて知らないし、歪率を小さくするためにはそれなりの工夫が必要だ。周波数をVRとかで可変にすると、2連とか3連のVRがいるし、多連のVRって、結構特性がそろってないんだよね...
楽天のブログに、MAX038というICで作っている方を見つけた。MAX038って往年のインターシルのICL8038の改良版なのね… (2006/5/22追記、違う石です。詳しくはコメントをご覧ください)懐かしいな。そういや、中学生のころ、モーグ式のシンセサイザーって、正弦波、三角波、矩形波から、音をつくるって、聞いて「この石とかを使ってんのか?」とか思ってたな。トラ技のチョウチン記事の参考回路を見て、「どうやって電圧制御にするんだ???」とか、マジに悩んでたよ(そのころから、莫迦だったわけだ)。でも、ICL8038の正弦波って、三角波を非線形の回路に通してピークを潰して作ってたはずで、結構歪が多いはずだったな...というんで、マキシムのページで探すと既にディスコンなんだな。やっぱり、歪率は2%くらいある。
 秋月で売ってるウェルパインのDSSの石のキットのほうがいいかしら?こっちは10ビットのラダーD/Aだから、抵抗の誤差を無視すると、最大誤差が1/2LSBだから、1/2048ということで、0.05%くらいの歪率になるんじゃないかな。キットだと、ちょっと高いな。ラダー・マトリックスの抵抗だけ欲しいゾ。



コメント

Re:莫迦オヤジ unWIRED(7)(05/19)

はじめまして。
インターシルの8038の発信器は昔、作ったことがあります。
私の場合、おおよそのf特をみるために使ってました。


因みに高い周波数まで使えるキットは
http://www.fureai-ch.ne.jp/~tsumura/" target="_blank">http://www.fureai-ch.ne.jp/~tsumura/
↑こんなのがあります。
個人的にはこれが欲しいかな...

  • 2006/05/20(土) 22:31:58 |
  • URL |
  • イィヴィ平野 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

Re[1]:莫迦オヤジ unWIRED(7)(05/19)

イィヴィ平野さん、始めまして
>インターシルの8038の発信器は昔、作ったことがあります。
>私の場合、おおよそのf特をみるために使ってました。
そうですね。私は歪率を見たいんで、もうちょっと精度の高いのが欲しいんです。
>因みに高い周波数まで使えるキットは
http://www.fureai-ch.ne.jp/~tsumura/" target="_blank">http://www.fureai-ch.ne.jp/~tsumura/
アナデバでもDSSの石があるんですね。知りませんでした。90度位相(COS波)があると、リサジュー波形で高調波とか見れますね(あ、今はアナログオシロが手に入らないかもしれません)
周波数の精度はあまりいらないので、DSSの必要は無いんですけどね。
もう少し検討してみます。
と、こ、ろ、で、イィヴィ平野さんのBlog覗いてみました。
Bach、プログレ、リン・ミンメイですね(すみません)...
数日前、グレン・グールドの「ゴールドベルグ」(新版)のSA-CDを買ってしまいました。オリジナルのアナログレコードは、(多分)私が最後に買ったレコードだと思います。
そろそろ、空港へ移動しなければならないので、あとはまた日本に戻ってから、です。では、では。

  • 2006/05/21(日) 02:02:21 |
  • URL |
  • 莫迦オヤジ #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

ファンクションジェネレータの石

MAX038は秋月のキットにもなってます。
データシートの印象的にICL8038とは別物のような。

MAX038の周波数は電圧で変化させることになってます。
ということでスイーブさせるなど若干高機能なジェネレータも実現できるかも。

MAX038は秋月のキットだと周波数の指定はポテンションメータで調整する仕様になってますが、データシートの例ではマイコンからもいじることを想定して周波数の指定にD/Aコンバータをつなげてありますね。

あとMAX038は数ヘルツから最高20MHzまで出るとされており、えらく広帯域でありますね。

そういえばD/Aコンバータはラダー型なら構造が簡単ですので。(
精度を考えるとラダー抵抗にアルファとかビシェーが欲しいナンテことを考えちゃうと)値段をいとわなければディスクリートでも作ることも出来るでしょうけど。

昔8038を秋月で買い込んだことがあるけな。8038のデータ―シートは、両電源で作る場合のオフセット調整の図面が微妙に間違っているのはオミソだけど、オフセットをずらすとアチチチのチと発熱が大きくなるのね。8038のセラミックパッケージな理由は発熱にあったのかって感じ。

幼き頃に、本屋の棚ずれ品みたいな本を見ながら741で正弦波発振器を実験してみたけど、発振しませんでした。どこか間違って配線していたカナと眺めていたところ、手をかざすと発振するという奇妙な物が出来上がっていることに気が付きました。
しかし、なんでそうなるか理解できませんでした。

  • 2006/05/21(日) 23:58:13 |
  • URL |
  • maimi09 #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

Re:ファンクションジェネレータの石(05/19)

こんばんわ、maimi09さん
>データシートの印象的にICL8038とは別物のような。
ICL8038のデータシート
http://www.alldatasheet.com/datasheet-pdf/pdf/67443/INTERSIL/ICL8038.html" target="_blank">http://www.alldatasheet.com/datasheet-pdf/pdf/67443/INTERSIL/ICL8038.html
とMAX038のデータシート比べてみました。違いますね、これは。
マキシムの石でときどきある「似ている機能の石を似た型番で」というパターンですね。ご指摘、多謝。
>そういえばD/Aコンバータはラダー型なら構造が簡単ですので。(
>精度を考えるとラダー抵抗にアルファとかビシェーが欲しいナンテことを考えちゃうと)値段をいとわなければディスクリートでも作ることも出来るでしょうけど。
やったことありますけど、8ビットくらいまではそうでもないですが、速度と精度のバランスを考えると結構難しいです。16ビットのオーディオ用とか、Web上で見かけますが、ちゃんと音になるのが不思議なくらいです。自分でもそのうち追試したいですね。

>幼き頃に、本屋の棚ずれ品みたいな本を見ながら741で正弦波発振器を実験してみたけど、発振しませんでした。どこか間違って配線していたカナと眺めていたところ、手をかざすと発振するという奇妙な物が出来上がっていることに気が付きました。
>しかし、なんでそうなるか理解できませんでした。
ほとんど、「テルミン」ですね(笑)。
ワタシはセミプロの頃、
オシロをつけておくと動作する→「オシロごと納品する?」
バイト君が触ってると動作する→「バイトごと納品しちゃう?」
なんてことを、徹夜で脳みそ腐った状態で、同僚と(半分マジで)話してたことを思い出しました。
また、遊びに来てください。
では、では。

-----

  • 2006/05/22(月) 22:21:36 |
  • URL |
  • 莫迦オヤジ #79D/WHSg
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/175-c6d7a287
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。