Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太古のFMVであそんでみる (5)

 海外出張に行く前に、せっかくMCE2005なのだからと、ファイルサーバーのPCにTVチューナーをインストールした。
 USB接続のWinTv-PVR-USB2だ。
【Hauppauge】USB外付けシングルTVチューナー WinTv-PVR-USB2
 ファイルサーバーはもうPCIスロットの空きがないので、USB接続は便利である。このチューナーはセルフ・パワードなので、PCの電源の心配もしなくてよい。ちなみにTVチューナーはMEPG2のハードウェア・エンコーダ(注、MCE2005ではハードウェアエンコーダが必須)が必要なので、このチューナー意外でも、そこそこパワーを喰う。こいつも手でケースをさわると結構暖かい。
 録画予約をしておいたが、帰国後一部失敗していたå。よくよくファイルサーバーのPC挙動をみると、一定の条件下で、ハイバーネーション(休止状態)になるように簡単なJava Scriptを走らせているのだが、しょっちゅう意味も無く再起動がかかっている(原因不明)。このとき、(これも原因がまだ特定できていないのだが)なぜか時々、ハーバーネーションのファイルが壊れて、人間の補助が無くては起動できなくなってしまうだ。

 FMVの方はビデオカードがDirctX9に対応していないため、MCE2005のehshellからビデオの再生ができないことは、既知の問題としてわかっている(普通にMediaPlayerでは再生できる)。じゃあ録画は?ということでやってみたら、問題ないようだ。FMVのCPUはPentium III 800Eとこれまた非力なのだが、ハードウェア・エンコードなので、問題はない。どうせFMVには、普段は液晶モニタも付けていないのだから、ネットワーク越しに別のPCで再生するといことで、補助の録画専用機として使えばいい。
----
 本日の御託
仕事から帰ってきたら、先に風呂に入った家内が中途半端に髪を乾かしたうえに、ピン止めで止めていてヘンな髪型だ。「なんか、じゃりん子チエみたいだぞ」と言ったらヘコんだ。

 



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/178-c9e74e83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。