Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機内にて

 さて、久しぶりのビジネスクラス(ちなみにNWAは太平洋線には、ファーストクラスはない)である。ウェルカム・シャンパンなども振舞われる(もちろん酒はタダ)。その後も意地汚くシャンパンを飲み続けるが、どうせ栓をあけてしまえば、気が抜けるので、バンバン注いでくれる。
 食事は、フライトアテンダンド(日本人)が来て「すみません、日本食のご用意ができていなくて、洋食でサーモンか、海老からお選びいただけます」とのこと。もちろん、こっちは「アップグレーダー」なので、おとなしくサーモンを頼む。
 アミューズは
  ホタテの燻製をローズマリーの小枝に刺したもの、
  シーフードをサワークリームでマリネしたもの、
  ナッツ。
ナッツは小さな器で供されるが、食べてしまうと「もう少しいかがですか」と追加してくれる。
 パンも美味しい。バターもいわゆるフレッシュ・ホイップ・バターでこれだけでも食べたい。メインのサーモンのグリルも甘めのバターソースとの相性もよくはっきり言って「かなり美味しい」といってもよい水準だ。ギャレーでは電子レンジしか使えない、という事実を忘れさせるほどである。
 デザートも選べるが、クッキーアンドクリームのアイスクリーム(容器もチョコレートでできていて食べられる)、フルーツ、チーズを頼んだ。食後酒アマレット・ディサローノ。
 カトラリーも(911以降、コーチクラスではプラスティックになった)金属性だし、お皿も陶器のちゃんとしたお皿である。オマケでついてくる、袋入りの塩コショウにいたっては、塩は岩塩/海塩、コショウは白・黒両方がくる(細かいところまでチェック!)

 自慢のシート(なんとなく70年代風「21世紀」なデザインだ)は期待したほどではなかったが、ランバーサポートでマッサージができるのはよい。
 ヘッドホンはコーチクラスと違いクローズタイプだが、Unitedのビジネスクラスの様にアクティブノイズキャンセラ付ではない。自前のカナルイヤフォンETYMOTIC RESEARCH ER-4Pの方がよいな。
 映画とかは、当然VOD(ビデオ・オン・デマンド)だが、A330ではコーチクラスもVOD。液晶モニターはより大きい。
 まあ、料金は倍以上違うのだから、快適なのはあたりまえだが、「自腹切るか?」といわれると微妙...
----
 本日の御託
スッチーは魅力的な職業か
 今回は、現地で一泊のみという過激なスケジュールだったが、フライトアテンダントのクルーが行きのフライトと同じだった。例によってオバちゃんばっか(注、日本人の方は若くて、なかなかの美人でしたよ)だが、彼女たちは基本的にこのシフトで仕事しているはずだ。考えてみれば大変な仕事だよな。こっちは「荷物」だからいいけど。
 いまの若い人にとって魅力的な職業なんだろうか?(「堀ちえみ」のはコメディーだと思う(笑)のでおいておいて)「紀比呂子」の時代ならともかく、
「上戸彩」世代はどうなのだろう?



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/190-31bb8a20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。