Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

芝刈り

 先週、雨でさぼった芝刈りをやった。午前中、ちょっと日が差したところをねらって、やったのだ。刈り込んだあとの芝生は本当に気持ちがよい。

芝刈り機は
庭園芝刈機 本格的な芝地づくりに ナショナル EY2273-W  庭手入れ商品送料ランク C

を購入したので、その感想をいささか。
 ・静かだ。家の中で使う掃除機よりもはるかに静か。早朝でないかぎりは、近所から苦情が来ることもなかろう。
 ・刈り込み高の調整は使いやすい。
 ・思ったより小回りが利かない。フェンスの際まで芝生を植え込んであるのだが、向きを変えるのが意外に面倒くさい。
 
 芝生の雑草の繁茂はここに来て急激に激しくなっている。家内と私で、週に10時間以上の時間を費やしているのだが、手で抜くのが正直追いつかない。実は、大学に入りたてのころ、お百姓さんになりたかった(なれなかった理由はまたそのうち書く)のだが、草むしりだけは思いっきり堪能している。
 化学兵器の投入を考えているが、家内の同意が得られない。流石にいまや、ダイオキシン系はないだろうけど、名前が思い出せるものをちょっと調べてみた。
□■除草剤■□ラウンドアップ 375ml
ラウンドアップ
有機リン系。これは非選択性(すべての植物を枯らす)なので、芝を張る前に使えばよかった。
 なお、オリジナルはモンサントだが特許が切れているので類似品も多数。最近時々話題になる遺伝子組み換え作物(トウモロコシなど)の一部は、ラウンドアップで枯れないように遺伝子操作したものも含まれる。

クサトール。う~む、ベタな名前だな。主成分は塩素酸ナトリウム。これも非選択性だから今回は使えない。いわゆる、「除草剤爆弾」の主原料だな。

パラコート。ICI(昔ウィリアムズF1のメインスポンサーだった)が開発。こんなもん怖くて使えない。

シマジン。チバガイギー社(オイラックスの会社)。イネ科植物(日本芝)栽培には非常に有効であるらしいが、農家以外には販売してくれない。内分泌撹乱物質(いわゆる環境ホルモン)の懸念が指摘されている。毒物扱い。

こうやってみると、やっぱり「安全なもの」は少ない。また、有名な化学会社も力をいれていることがわかる。ダウケミカル、とかBASFとかでも探してみよう...
-----
 本日の御託
実は、雑草以外にも敵がいる。
野良ネコがう○ちするんだよねー。
うちの庭はお前のトイレじゃないぞー!
ネコちゃんしないで
防水のスーパーツィータが手に入れば自分でも作れそうな気がする...



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/208-ed1b3c8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。