Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wake On Lan

 RAID5を組んでいるファイルサーバー用のPC(VIA EPIA-SP13000)のWake On Lan(WOL)の設定だが、実はできているつもりが、うまくいっていなかった。Magic Packetで起動をかけたかったのだが、WOLの設定を有効にしていると、なぜか勝手に電源が入ってしまうのだ。以前は大丈夫だったのだが...よくよく調べると、ネットワーク中に常時稼動しているWindows XPのPCが追加されたため、こいつが何かパケットを出していて、それに反応してしまうらしい。Magic Packetではないのだが...。ためしにpingを送ってみると、起動してしまう(おいおい)。仕方ないので、とりあえずWOLはあきらめた。
 と、いうことをふと思い出してネット上を再度探してみた。Wake On LANでコンピュータを起動するという記事が、非常に具体的でわかりやすかった。Magic Paketによる起動は、実はOS(もしくはその設定)とは直接には関係ない。(でなければ、S5(電源の完全OFF状態)から回復できないもんね。)したがって、設定はBIOS側で行う、とはなから思い込んでしまっていたのが、敗因だった。
 OS(Windows)がこの設定をオーバーライドもしくは補完するのだ。で、記事の内容にしたがって、デバイスマネージャからNICのプロパティを開くが、Wake on Lanの項目がない(おっと...)。
 気を取り直してVIAのWebページから最新のドライバを入手して、インストールしたところWake on Lanの項目が現れて、Magic Packetの設定ができるようになった。ためしに、Tablet PCからMagic Packetを送ってみる(MagicBootを使用)とちゃんと起動できた。また、勝手に起動することもなくなったようだ。
 これで、リビングに置いてあるメディアPCに連動してファイルサーバーの電源投入することができる。あとは、ファイルサーバーの電源を切るタイミングだが、定期的にpingでメディアPCの状態を調べればいいかな...
----
本日の御託
 部屋の片付けは一向にすすまないし、
 疲れた...



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/217-196d72b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。