Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D級AMPを作る(3)

で、「ポップノイズの除去」の続きである。
電源のポップノイズは、DCオフセットのズレとは本質的には別の問題だ。
このIC TA2020には、Mute端子(11番ピン)があるので、これを制御することを考える。が、通常動作時にもMute端子を制御すると小さなクリック音がする。ということでこの案は却下。(いったい何のためのMute端子だ?)
出力に入れているリレーでコントロールするしかなさそうだ。
今回は、外付けのスイッチング電源のユニットから電源を供給しているのだが、電源SWをつけていない(AV AMPのサービスコンセントを使いたいのだ)。スイッチング電源とAMPの間を入り切りすると問題のポップノイズ、AC側を入り切りするより小さいことに気が付いた。多分、供給されている電源が緩やかに落ちていく場合が問題なのだろう。
このICのデータシートをみると、電源電圧は8v以上必要なことが書いてある。アナログ系に電源を供給する内蔵のレギュレータの制限かな。
そこで、電源ON時は数秒のディレイのあとリレーを動作させ、電源Off時には、電源電圧が10V~11Vくらいまで落ちたらリレーを切ってしまうように回路を適当に考えた。約10vを検出するにはツェナーダイオードが必要だが、そんなものは当然手持ちの部品にはないので、LEDの順方向の電圧降下を利用する(LEDは100単位で買ったものがまだたくさん手元にあるのだ)。4~5本直列にすれば大体OKなはずだ。パイロットランプ代わりにもなるし。というわけで、ポップノイズの除去は成功である。回路図はそのうち掲載しよう。しかし、ケースが小さい。もう少し大きなものにしておけばよかった。

もうひとつのゲイン不足の問題であるが、OpAmp部の帰還抵抗(9番-10番ピンの間、および12番-13番ピンの間)を大きくすればよいはずだ。+3dBくらいあれば良いような気がするので、とりあえず、10KΩ位を直列にいれてみた。ゲイン不足は普通には問題にならないだろう。オレ場合は、サラウンドシステムのフロントにこのアンプを使おうとしているので、他のスピーカーとバランスを取らなければならないのだ。

なお、Tripathのwebページには、TA2020のリファレンスデザインが他にもいくつかあるのだが(たとえばこれ)、よく見ると出力のコイルのところのショットキバリアダイオード(SBD)が追加されている。最初、キットの回路図を見たときに、ICの出力がコイルの逆起電力によってマイナスに駆動されるのを防ぐためにSBDついているのを見て、「じゃVCCより高くなる場合はいらないのかよ?」と、ひとり突っ込んだりしていたのだが、やっぱり必要らしい。これも要検討だが、SBDはさすがに手持ちがないので、とりあえずほっておくことにする。まあ、出力段はMOS-FETだろうから寄生ダイオードがある(SBDではないが)はずなので、大丈夫だろうし、音質には(多分)影響しない。
なんか、カジュアルにはじめたアンプつくりだがハマッているな。

というわけで、ケースの蓋を閉め、AVラックに戻す。が、問題発生である。単体では電源を入り切り時のポップノイズは完全に除去できているのだが、前段のイコライザがポップノイズを出す。
我が家のシステムでは、
[AV Amp Sony TA-DA7000ES] →[Bose 901 markIV用イコライザ]→[TA2020キット]→[Bose 901 markIV]と接続しているのだが、イコライザは電源swがなく、DA7000のサービスコンセントを使っている。こいつが電源が落ちるときにポップノイズをだすのだ。サービスコンセントのACが落ちたときにTA2020のキットのDC側の電源が落ちるよりも先に、イコライザの電源が落ちるのが問題だ。仕方ないので、イコライザの電源は入れっぱなしにする。
ついでに、ゲインの調整だがまだ少し足らない(ちゃんと測定とかしないからこういう事になる)。
さらに、このイコライザのS/N比があまりよくないことにも気付く。耳をスピーカーにあてるとホワイトノイズがきこえるのだ。もちろん、普通に聞いている分には問題ないのだが、いまどきホワイトノイズが聞こえること自体、ダサすぎる。
くっそ~、つくづく901は使いにくい。


---
本日の御託
ソニーのwebページ(例によってフラッシュがウザい)をみたら、TA-DA9100ESがでるな。ついにSonyも自動音場セットアップに対応だ。欲しいが、高過ぎだし、デカすぎ。TA-DA9000ESをあきらめて、TA-DA7000ESを買ったときと同じ理由であきらめる。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/23-4611d1ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。