Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MCE2005の録画をネットワーク上に記録する

 TrueCryptというフリーのソフトを使ってみた。これはディスクエミュレータとかヴァーチャル・ディスクというわれるソフトの一種である。この手の中にはDVD/CD-ROMをエミュレーションするものとHDDをエミュレーションするものがあるが、これは後者のタイプだ。後者のタイプは、HDDそのものを暗号化する目的や、ローカルのHDDを必要とする他のソフトを騙す目的で使われる。このソフトはHDDの暗号化が本来の目的だが、ここではMCE2005を騙す目的でトライしてみた。
 MCE2005はテレビ番組の録画をするHDD、ローカルのドライブしか許さない仕様になっており、ネットワークドライブには直接記録できない。この仕様自体はネットワークドライブの性能があまりよくないというか、保障できないことを考えると、まあ妥当と言えるだろう。ただ、私のように静音化を目指す場合には、あまり嬉しくない仕様だ。現在は、2.5インチのHDDに記録して、ディスクがあふれる前にネットワークドライブに移動しているが、直接ネットワークドライブに記録できればそれに越したことはない。
 で、TrueCryptのホストファイル(バーチャルHDDのデータを記録するファイルをこう呼ぶ)をネットワークドライブに作成して、MCE2005を騙せるか?だが、結論から言えば、できるが実用にならない
 MCE2005はTrueCryptのドライブに録画を記録できる。いままで類似のソフトをいくつか試したのだが、上手くいかなかったことを思えば進歩なのだが、問題は省電力モードから復帰したときにおかしくなってしまう。ならば、ということでJava Scriptで簡単なスクリプトを書いて、省電力モードから復帰したときに再接続をするようにしてみた。再接続自体はうまくいくのだが、なぜか、MCEの録画プログラムからはうまく見えないらしく、「遅延書き込みエラー」がおきてしまう...省電力モードを使わず(電源も切らず)電源を入れっぱなしにしておけば、問題なく動作するんだけどねぇ...
 なかなか、うまくいかないものだ。まあ、TrueCryptはソースコードがついているから、暇をみて直すことも考えられるけど。
----
 本日の御託
なんとフリースケールの身売り話があるそうである。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/252-c9a34672
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。