Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DG965OTのインストールの続き

で、続いて、M/Bに付属のCD-ROMからドライバをインストールしようと思ったら、まったくディスクを認識しない(おろっ?)。ディスクをよく見たら、CD-ROMではなく、DVD-ROM(!)だ...くっそう、、、
 ここでオプションは、
1)閉店間際の近所のヤマダ電機にダッシュして、新しいDVD-ROMドライブを買う。→1~2万円の出費?却下。
2)インテルのWebページから、NICのドライバを別のPCでダウンロードして、USBメモリ経由でインストールして、残りも、インテルのWebページからダウンロードする。→時間がかかる&面倒くさい。限りなく却下に近い保留。
3)奥さんのPCのDVD-ROMドライブでDVD-ROMを読んで、CD-Rに焼きなおす。→同上。

昨日書いた問題のDVD-ROMドライブは、実は1394経由で普段は使っていて、問題はなかった。ということで、とりあえず、1394でM/Bに繋いでみると、あっさり読めた。念のため、いったんDVD-ROMドライブの内容をHDDにコピーする。DVD-ROMドライブの、健康状態は別途調べることにして、ドライバをインストールする。ちょっと気の利いたインストーラーで、ひとつのインストーラーで全部のドライバを一回でインストールできるようになっている。また、DVDプレーヤーやオーサリングソフトがおまけで付いている(知らなかった)のは、ラッキー。

 ネットワークも無事つながったが、Jumbo Frameを有効にする方法がよくわからない。Viiv用のドライバはインストールできないが、これはCPUがCeleron Dなので、(一縷の望みを持っていたが)また、まあ予想通り。

で、しばらく使っていて、特に問題がない感じなので、「ハイバーネーション(休止)」させようと思ったら、トラブル発生だ。一見、ちゃんとハイバーネーションができたように見えるが、起動すると、復帰ではなく、最初からブートしてしまう。ついでに「サスペンド」も調べてみたら、同じ症状だ(おっと)。
このM/BはIntel Quick Resume Technology Driver (QRTD) に対応しているのだが、いろいろ調べてみたら、なぜかQRTDのドライバがインストールできていない。くっそ~、どうすりゃいいのよ・・・
 ひょっとして、Viivのドライバが入っていないとダメとか???だとしたら、MCEじゃなくて、普通のXPを使う場合はどうすんじゃい!
 などと、考えていて、そういえば、最近のMCEは3枚組みになっていて、「ロールバック」用のCD-ROMが別にあることを思い出した。普通に使ってる分には別に問題ないので、いままで、使ったことがない。インストールしようとすると、「Microsoft.Net fix 1.1が必要」と怒られる。.Net fix1.1を先にインストールして、「ロールバック」をインストールしてから、もう一度QRTDのドライバをインストールしてみたら、できた。
 「ハイバーネーション」は問題なし、「サスペンド」にすると、CPU FANも、電源ユニットのFANも停止してしまう。「あれ?何で電源が落ちたんだ?」と思って、電源SWを押したら、瞬時に復帰した。そうかこれが、QRTDなのか...気に入った。
----
 本日の御託
で、「時東あみ」ってだれ?



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/269-f321965f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。