Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「キーボードを捨てよ、町へ出よう」

TabletPCを買った。
モデルはNECのVersaPro VJ11F/GL-Rだ。最後まで迷ったのは富士通のFMV-STYLISTIC TB12/Rだが、結局軽量さをポイントとした。もともと、1KgをきるノートPCがほしかったのだ。(と思ったら、富士通は新型をだしたね、FMV-P8210。まあ、液晶がWSVGAじゃあんまり魅力ないし、厚さが結構あるな)
数週間使っての感想を少々
ほとんど(紙の)ノートの感覚で使える。仕事では紙のノートを使うことが多かったのだが、すべてこれに切り替えた。タブレット入力の識字率も思ったより高いのである(ちなみにオレはかなりの悪筆)。電車に乗ったときにたったままノートPCを使うのはかなり無理がある(片手キーボード操作はともかく、落としそう)が、TabletPCならば何とか使える。
キーボードを捨てよ、町へ出よう なんちって…

イマイチな点
バッテリがもう少しもてばよいと思う。標準の4セルバッテリ(公称2時間)のほかに6セルバッテリ(同3時間)が選べる。重さにこだわって4セルバッテリを選択したのだが、MediaPlayer10でビデオを見ていると1時間程度、音楽を聴いていると1時間半程度だ。通勤経路ではまったく問題がないが、出張に出かけるときは、もう少し何とかしたい。
液晶も最近のノートPCから見ると、正直見劣りする。特に屋外ではかなりきつい。この点はFMV-STYLISTIC TB12はたぶんかなりよいだろう。
保守部品が高い!ACアダプタやスタイラスの値段はなんとかしてほしい。特に本体に収納できる小さいほうのスタイラスは、ペン先の交換ができないとのことなので、摩滅したら買い直すしかなく、しかも大きい方のスタイラスとセット販売(¥8000!)のみなのである。
熱い!まあ、これはノートPCでも同じことだが、来年の夏が思いやられる。ついでにいうと、Fanレスではない。動作音も、昨今のノートPCよりはややうるさく感じる。
ハードディスクも18Gでは、少々物足らない。1.8インチタイプである。
拡張スロットは、CFスロットのみ、PCMCIAではない。USB2.0は3ポート、これは◎だ。(仕事で使っているノートPCは1つしかなく、結局ハブを持ち歩いている)
価格が高い。1Kg以下のノートPCと比べて、定価ベースで見た場合、極端に高いというわけではないのだが、法人向けモデルということでほとんど値引きをしてもらえないため、実質の差は1割くらいはある。
Panasonicもこんなもの作っている暇(ちなみに、このPCの標準OSはTabletPCエディッションではないようだ)があったら、Rシリーズの製造技術でTabletPCを作ってくれぬものか?

で、なんにこのPCを使っているかというと、
新聞を読みながら、音楽を聴く(出社途中)
MCEでとったビデオ(見る暇がないのだ)を消化する、(帰宅途中)
電車で座ることができたら、ちょこっとプログラムを書いたりして。
会社でノートの代わり

ちなみに、電車の中での注目度は結構高い。このあいだ、隣に座っていた同年代の男性が、PanaのRと思しきノートPCで、必死に機械製図をやっていた(こいつもかなりの莫迦オヤジである)が、私がTabletPCを使っているのに気づくとかなり気にしていた。私が何をやっていたかというと、OrCadで回路図を引いて、PSspiceでシミュレーションをしていたのだが(もっと莫迦),,,
---
本日の御託
ビデオをいれて持ち歩くには少々、ハードディスクがきついので、交換したいと思って値段を調べてみたら、高いね。もともと入っているのは東芝製なので調べてみたところ、30Gでも¥16000円台の後半だ。
まてよ、東芝はGigabeatってだしてたよね。楽天で調べると、30Gのモデル
¥31000台後半からある。ということは、いわゆるハードディスクオーディオプレーヤーってのは、製造原価の7割以上はHDDの値段ということか?歪んだ商品だな~

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/29-1bc2fa15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。