Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PICを作ろう 準備編その2 ~昼休みにまったり進めるプロジェクト~

 
んでもって,ちょっとアーキテクチャを見てみることにしましょう.16F84AのデータブックのFIGURE 1-1: PIC16F84A BLOCK DIAGRAMを眺めてみます.FileRegisterや,I/OなどのSpecialFunctionレジスタとALU周りの接続は双方向バス風に描かれていますが,「んなはずはないだろう」と突っ込みを入れます.近代的なLSIの設計では内部に双方向や3ステートバスを入れることはありませんね.また,ここでは,アーキテクチャの概要を理解することが目的なので,I/OやSpecialFuctionRegisterは無視して,FileRegisterのみとして,さらにFileRegisterはアドレスは入力はいいとして,データ入力ポート(data-in),データ出力ポート(data-out)を分離したものにします.

 そんなことを考えて,ブロックダイアグラムを書き直すとこの絵のようになると思います.これでだいぶわかりやすくなりました.これなら,単相クロックでも動きそうです.もう少し,考えます.
---
本日の御託
「デジタル放送、コピー9回までOKに 総務省検討委」だそうである.村井先生ががんばったみたいね.残念ながら孫コピーは作るれないみたい.苦肉の策だが,メーカーはあまりモチベーションが上がっていないようである.また,現行市場に出ている製品が恩恵を受けられるようになるかは,難しいだろうな.



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/336-792dbfcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。