Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PICを作ろう 準備編 その3~昼休みにまったり進めるプロジェクト~

で,簡単にデータ・パスを見てみます.PIC16ファミリは,一段2ステージのパイプライン処理をしています.具体的にはどこ,とは書いていませんが,インストラクションレジスタのところで切れる,すなわちインストラクションレジスタが,システムのクロックで,命令をラッチしていると考えるのが妥当でしょう.一段目の命令フェッチが,緑のパス,2段目の命令の実行が赤のパスになるでしょう.命令実行パスは,実行する命令によって若干変わります.この絵では,BYTE ORIENTED FILE REGISTER命令でのパスのつもりで書いています.
 ちょっと,緑のパスと,赤のパスのバランスが悪いですが,1段2ステージのパイプラインの場合はいたしかたないでしょうね.
 「ALU」の右側の入力のマルチプレクサは,LITERAL命令を実行するときに,使用されるのだろうとおもいます.青で書いたパスに相当するわけです.
2007/7/16追記。パイプラインの段数の数え方ですが、PICの場合、「命令フェッチ」ステージと「命令実行」ステージの「2ステージ」になります。一方、パイプラインレジスタ(PICの場合インストラクションレジスタになります)に注目すると「一段」という数え方もできます。ちょっと混乱するので、PICのデータブックにあわせて「2ステージ」に統一することにします。
----
 本日の御託
 今週は忙しかった.といっても,After5の話だけど.火曜日から金曜日まで連日午前様.極めつけに,金曜は銀座で3時くらいまで呑んでいて,最後まで呑んでいた4人で,「なんとなく,腹がへったので炭水化物を摂って帰ろう」ということになって,6丁目の蕎麦屋,木挽町 山葵へ行く.
 酒肴を何品かと焼酎を一杯ずつ,ざるを一枚で,4人で1万円ちょうど.死ぬほど旨いというわけではないが,この場所でこの時間にこの値段で食べる内容としては,かなりよい.が,4人のうちの一番若いのが,「ワイン」とか「カレーうどん」とか,注文し、われわれ残り3人に,「T.P.Oをわきまえたものを頼め!」と、一括される.ちなみに両方ともありません.

場所柄,お店がはねたあとの,キレイなオネエさんもよく見かける.



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/337-077a33d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。