Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PICを作ろう パイプラインの検討、割り込み編,その2~昼休みにまったり進めるプロジェクト~

引き続き,割り込みサイクルのパイプライン処理の挙動です.Inst(PC)が分岐命令の場合が,Fig4-2(昨日の図を見てください)になります.CYCLE=1で分岐命令が実行されるので,CYCLE=2でのプログラムカウンタの値は,分岐先になり,割り込み処理ルーチンからの復帰の際はこのアドレスに戻ってこなければなりません.

また,割り込みの発生と,割り込みをマスクをする命令の実行が重なった場合,気をつけなければならないですね.Fig.4-3のように動作すればいいと思います.この場合は,割り込みルーチンへの分岐は起きませんが,1Cycleのダミーサイクルが挿入されます.たぶん,実際のPICでも同じだと思うのですがちょっと調べようがありません.

次回は,割り込みサイクルの検討の3回目です.条件分岐(スキップ命令)の場合を考察します.

----
本日の御託
上司が離婚するらしい。この間呑んだときに、問わず語りに話したのは、

「『あれしろ、これしろ、あれするな』ってウルサいんだよねぇ…」

といっていた,なんて話を家内にしたら、

「うっ、ちょっと耳が痛いかも…『手を洗え』とか、『歯磨きしろ』とか、『鼻くそほじるな』とか、『お尻だすな』とか、『…』とか、『…』とか、言ってるかも…」

といたってマジメな顔で言うが、それを聞いていた私は、自分がつくづくダメ人間であることを改めて自覚させられる。orz.



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/343-21b44678
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。