Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CE-ATAは死んだか?

東芝が、1.8インチの新しいHDDを発表しました。
80Gの方は、5mm厚なので、私のTabletPCの換装にも使えるかもしれません。発表資料からはコネクタが、2.5インチHDD互換タイプなのか、ZIFタイプなのかわかりませんが...これで、MK4007GALの値段が下がるといいな。

驚いたのは、160GタイプがインターフェースにCE-ATAを採用していること。前にも書い
たが、個人的にはCE-ATAは絶滅危惧というか、ランプ・アップしないと思っていたので実に意外。
と思ったら、iPod Classicが採用しているんだね。まあ、これ一機種でも採算はとれるのだろう。確かに、PATAは今やピン数が多すぎで、コネクタがデカイし、さりとてSATAは消費電力(モバイルものには)致命的なくらいPHYの消費電力が多い(一般に100mW以上、ホストデバイスの両方に必要)から、CE-ATAが現実的な解ではある。
----
本日の御託
 家内の美容院は、縮毛矯正をやらなかったとかで、短時間で済み、昼時には帰ってきてしまった。「爆食」+昼からビールはならず。残念。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/381-2a85c3d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。