Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PICを作ろう、コンパレータ・モジュール

コンパレータモジュールのデバッグだが、コンパレータの動作を確認するためには、2つのアナログの電圧が必要だ。vrefモジュールもこの目的に使えないわけではないが、1つしかないので、D/Aコンバータをビヘイビアモデルで作った。実機にするつもりがなければ、こんなに簡単である(笑)。これを2つインスタンスして、入力はPORTB0-3,PORTB4-7へ接続。出力は、AN0とAN3へ接続する。
で、CMCONのCMフィールドが'b100の場合を確認。C1INVフィールドの設定で、反転も確認する。
さて、残りをどうするかな・・・
----
本日の御託
昼飯のあと、家内と近所を散歩する。旧東海道が近くにあるので、これに沿って少し歩く。途中、銘菓の最中を売っている和菓子屋で、最中と饅頭を一個づつ買って帰宅。約1時間ほどだったが、少し汗をかいた。最中と饅頭はおやつにおいしくいただく。帰ってから、栗蒸し羊羹にすればよかったと思うがあとの祭り。次回はそうしよう・・・

module dac(
    output `ANALOG a_o ,
    input [3:0] d_i
) ;
    real real_val ;

    always@ * begin
 real_val = d_i/15.0 * 5.0 ;
    end // always
    assign a_o = $realtobits( real_val ) ;
endmodule // dac



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/401-ab60a12a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。