Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジタルオーディオ・・・そして、夢の後

現在の我が家のオーディオシステムは、サラウンドアンプ(Sony TA-DA7000ES)のプリアウトから、カマデンKITのTripath TA2020をメインアンプにしている。実は、去年の今頃、Tripath社の別のICを使って新しいアンプを作ろうと思ったのだ。そこでTripathの代理店をしている会社に知人がいるので、担当営業の人を紹介してもらおう何度かお願いしたのだが、なんかはぐらかされるようにうやむやになってしまった。「ああ、そういうことなのだな」とピンときたら、案の定今年の2月になって連邦法11条(=日本で言う会社更生法)の適用を申請してしまった
まあ、よくあることだけど。。。
formartripath写真は、Tripathの本社跡。Office for Rent・・・(ヒマなんだよ、悪かったな)

ラステームのRSDA302Pか、302Uという手もあるのだが、これに使ってる石はAPOGEE社のDDXi-2101。だが、APOGEEも、デジタルオーディオの技術(DDX)を既にSigmatelに売り払ってしまっているのである。頭が痛いことに、Sigmatelが数十Wクラスのパワーアンプのソリューションを出す気配が無い。
RSDA302P(またはU)はTA2020のキット(もう売ってない)やTA2041のキットの価格を考えれば、お買い得な気がするでしょ?確かにそうなのだが、APOGEEは在庫処分で、DDX技術を使った石や、その評価キットを投売りしているんだな、これが。さすがに石の方はリールとか箱入りレール単位なので、手が出ないが、DDXi-2101の評価キットは$45だ。(う~む、悩ましい)

さらに最近ヤマハの石を使った、こんなもの

■税込■[新品]SCYTHE SDA-1000(鎌ベイアンプ)
も最近発売されている。購入→即ばらして改造にはもってこいか?

TIからは、こんなニュースワイヤも来てるし。

本当は、自分で1からデジタルアンプ(パワーアンプね)を設計してみたいのだが、パワーMOS-FETって意外に遅いし、ハイサイドのドライバが悩ましい。
TIとかのほかには、
NXP(旧フィリップス)のTDA9831
とか、変わったところでは新潟精密のFN2151
みたいな石もあるけど。
----
本日の御託
Tripath
Direct Digital Path - Onkyo
Pure Path Digital - TI

って、みんなデジタルオーディオに関連した名前(商標)ですが、どこが一番早いのでしょう? やっぱりTripath? 倒産の記事とかをみていて見つけたんだけど、創設者の名前が、Tripathiなんだね。発音は「トリパチ」かな?(もちろん「チ」は「th」の音なんだけど)インド系っぽいな。。。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/421-f9dd7d53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。