Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今夜から使えるデート向けレストラン (笑)

昨夜は、上司の元上司(ややこしいな)とお客さんの会食のお相伴にあずかる。お客さんの相手は、上司に任せて、私はひたすら食べる方に徹する。
Alexander's Steakhouseという、Valcoのショッピングモールの端、ちょっと日本かぶれのステーキハウスって感じ。

前菜は、マグロのたたきとか、まあそんなもの。柿(persimon)とかぼちゃ(punpkin)とPで始まる何か(忘れた)のPPPサラダは旨かった。

メインはギャルソンお勧めのSteak&Steakという(牛とロブスターのステーキ)を食べた。$65とかなり高額。シリコンバレーでは望外に美味しいレストランだった。まあ、メインはほとんど$45以上という個人的にはこれ以上の経験は無いぐらいの価格レンジなので、これで不味かったら客は来ないだろう。宮崎牛(A5)のステーキはなんと$250。誰かが頼んだら、私も頼もうとおもったが、だれも頼まないのでさすがに自重。

デザートメニューに「葉巻」があるのは、カリフォルニアでは「ありえない」。値段は$25~$100とかなり本格的。自分が「仕切り」のディナーであればともかく、同行者でタバコを吸うのは私だけでは致し方ない。
同僚がもらった、バニラアイスは、皿にココアパウダーで絵が描いてあったりと、さすがに普通の米国風を越える。
私は、ロクフォールをもらったが、これはちょっと熟成が足らない感じで、惜しかった。添えてあった、クランベリーのコンフィ(甘さがかなり控えめだったので、自家製だろうと思う)は極めて美味。

全体として、店構えや給仕など、全体としての高級感は結構いいと思うが、シリコンバレーではいわゆる「ドレスコード」はほとんどないので、私も含め、客の方が雰囲気をぶち壊してるかも(笑)。

ちなみに当地にも一応ドレスコードはあって、一番一般的なビジネス・カジュアルは、以下のような感じ。
 1)襟付きシャツ ~ ポロシャツOK、Tシャツ、タンクトップNG
 2)長ズボン ~ ただし、ジーンズはたとえデザイナーズブランドでも不可と思ったほうがいい。コッパンはOK、黒いズボンはすこしフォーマルな感じ。
 3)靴は、革靴のほうがのぞましい。スリップオン可。
(なんかこうして書くとゴルフ行くみたいなかっこだな・・・)

脱線しました。
結論
 デートに最適(するのか?シリコンバレーで)
 前菜は勘違い系な日本食の影響(メインは普通のステーキハウスメニュー)
 米国で食べた最高のステーキ。値段も最高(自腹じゃ正直きつい)。客単価はワインにもよるだろうけど$100は軽く超えるだろう。
----
朝会社の駐車場で、リスがぴょんぴょんと走り回っていた。植え込みの中になにか隠すようなしぐさをしていてなかなかカワイイ。携帯のカメラでとるが、ぼけぼけで載せられない。国際ローミング用に借りている電話なので使い方がイマイチわからないのも敗因の一つ。P905とかにマジで買い換えようかな・・・



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/422-d9f69cd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。