Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出張報告 - ボーイング2707を見に行こう!

今回の出張の主な目的は、ボーイング2707を見に行くことです(「仕事は?」という突っ込みは無しです。笑)。少し前、Webの上でみなさんよくご存知のボーイング2707(知らないって)が、サンフランシスコ近郊のヒーラー航空博物館に展示されていることを知ったので、見に行ってきました。飛行可能な機体が作られなかったことは知っていましたが、設計の検討段階で作られた実物大のモックアップが移設さたのだそうです。(飛行機に乗るのは大嫌いなくせに)「コンコルドに乗る」という私の人生の野望は潰えてしまったので、その超縮小版です。

コンコルドに対抗すべく、1960年代に米国は、SST(超音速旅客機)の計画を立てます。
当時、小学校の低学年だった私の心をわしづかみ(笑)にしたのは、B2707でした。だって、ツポレフ144やロッキード2000は小学生にはコンコルドのマネっこにしか見えません。ところが、2707は可変翼ですよ、可変翼。「かっちょい~」ではありませんか!
2707-1.JPG
コックピット上方から。レンズが長すぎて全景をとれません。

2707-2.JPG
反対側から、

2707-3.JPG
でかすぎてすべては入らないので、この辺まで。

2707-4.JPG
最終案の三面図。今回、展示を見に行って始めて知ったのですが、2707も最終的には固定翼に変更され、翼の形も、「オージー翼」???という一升瓶を縦割りにした断面みたいな形(コンコルドも同じ)になってたんですね、知らなかった・・・ でも、独立した水平尾翼があります。

2707-5.JPG
コックピット脇にカナードがついているのも始めて知りました。可動式ではないようです。

2707-6.JPG
コックピット脇。よく見ると折れ曲がるところの継ぎ目がわかります。

2707-7.JPG
コックピット。前はほとんど見えません。よく見ると、操縦桿が2本生えてます。内側でリンクされているのでしょうか?ヘンです。

2707-8.JPG-8
ノーズコーン先端。
前からみると、先っぽは「先端恐怖」を感じない程度に丸められてます。テニスボールくらいかな。採算性や騒音の問題で結局計画はキャンセルされてしまいましたが、もし実現していたら、米国出張もさぞ楽だったろうと思います。可変翼のアイデアは後にB-1爆撃機に生かされます。

その他
trsureirand.JPG
サンフランシスコ湾のトレジャー・アイランドには、PanAmの飛行艇の発着場がありました。上の方に見切れて写っているのは、ベイブリッジ。右側がサンフランシスコ。

 

Hiller1.JPG
ヒーラーはもともとヘリコプターの会社なので、垂直離着陸モノが得意だったようです。


Hiller2.JPGもう少し、新しい型。左の方で見切れていますが、同行した同僚がフライトシミュレータに乗っています。モニターを良く見るとかなり水平線が傾いてます。このあと、彼は何度も「墜落」しています。


A4.JPG
A4イントルーダーのコックピット。私の膝が写っているとおり、搭乗できます。


corncob.JPG
1955年製 プラット・アンド・ホイットニーR4360-CB2型エンジン。28気筒、3500馬力。よく見ると、各バンクの各気筒がインラインでなく、オフセットをつけて巻き込むような形で並んでいます。エンジン長を短くするためでしょうか?この形から"Corn cob"(とうもろこしの芯)という愛称があるそうです。ボーイング377やB36のエンジンだそうです。


APU.JPG
APU。ジェット旅客機などの補助エンジン。写真はボーイング727-100(と-200)用だそうです。構造としてはガスタービンですね。


AD-1.JPG
AD-1。なんかパースが狂っているように見えます(笑)。NASAの実験機AD-1

 

お土産コーナーが充実してます。ここだけでも私は半日時間を潰せそうです(笑)。

B-2.JPG
写真は、B-2爆撃機。設計者のアル・メイヤーのオートグラフ(サイン)入り。マジで買ってしまいそうになりましたが、値段($199)もさるものながら、置き場所に関して家内とひと悶着するのは、必定なので断念。orz

お土産
necktie.JPG
で、お土産には、B-2の小紋とSR-71の三面図のプリントのネクタイ。左の方にあるのは、NWA柄のマグネット。先端を押すとエンジン音とともに、エンジンが赤く点滅する。

ああ、面白かった。
----
本日の御託、
家内(B2のネクタイを見て)「なにこれー、お魚みたい」
私「それは、ノースロップ・グラマンB2と言ってだな、アメリカ空軍の爆撃機だ」
家内「・・・」
私「ノースロップという人は、生涯、全翼機の実用化を夢見ていて・・・」
家内「ぜんよくき、ってなに?」
私「胴体も、尾翼も無く羽だけの飛行機」
家内「尾翼って、飛行機の後ろのところにあるアレでしょ?アレが無いの?」
私「そう」
家内「やだぁ、それじゃどこの航空会社かわかんないじゃない!
言うと思った・・・



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/427-c6ebdd72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。