Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TMPGEnc 4.0 XPress~カノープスのHD RECSのその後その7

HD RECSのユーティリティもほぼ満足いく状態になったが、さすがにばかでかいAVIファイルで残しておくわけにもいかず圧縮することを考えなければならない。フリーのソフトでやるなら、aviutilやVirtualDubMod と ffmpegあたりでやることになるのだろうけど、TMPGEnc 4.0 XPressの体験版を使ってみたら、結構良かったので製品版を買ってしまった。(だって、ffmpegのパラメータ、良くワカンナイんだもん。ヘタレである。)
製品版にしかない機能で、「バッチ機能」いうのがあるが、カット編集後エンコードの予約をして、「1つ終わったら、次のファイル」ということができる。予約リストの順番も変えられるし、一度予約してしまったものを再編集やパラメータを変更して再度予約することができるのが結構気が利いてる。

 使用しているフォーマットは、WMV。みんなマイクロソフトって嫌いみたいだけど(笑)、H264よりもエンコード/デコードの要求するCPUパワーは少なめ(軽い)な感じで、映像もビットレートを少し高めにすればそれほど悪くない。
 あと、フィルム素材(最近の映画はフィルム製作じゃないだろうけど)やアニメはノンインターレースといわゆる24fps化(逆テレシネ変換)をしたほうが(特にPCで再生する場合は)結果的に見やすいことも判った。
 圧縮率というかビットレートはどれくらいが適切なのかは、まだあまり見極められていない。(要研究)

問題はすっげ~時間がかかること。2passでビットレートをやや高めにとっているせいもあるのだが、少なくともAVIファイルの実時間の長さよりも時間はかかる。調子に乗って録 画していると、AVIファイルのエンコードが消化しきれないで、どんどん溜まる。
まじ、クアッドコアとかが欲しい。いや、E8400とかでもう一台PCを組む方が安いか?(キケンな考え方である、笑)
----
本日の御託
これで、わたしもりっぱな「エンコー・オヤジ」である(笑)。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/461-82e2f03d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。