Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャプチャソフト自作~カノープスのHD RECSその13

 「暑い」の対策をするために、少々遠回りなのだがHD_RECSで録画用に使っているPCをサスペンドなり、休止できるようにHD_RECSの制御プログラムを先週末から書き始めた。3月半ばから4月はじめにかけていったんやりかけたのだが、いろいろあってほっぽり出してしまったのだが、今回はカノープスのSDKをもとにWindowsプログラムである。

 Windowsのプログラムは10年位前にDelphiでちょこっと作ったことがあるけど、vc++/MFCはまったくの初見で、ざっとソースコード(2500行位)を読むことからはじめた。だいたい動くようになったのだけど、難しいというかやり方としてあっているのかどうかわからないのは、コマンドライン引数の取得の方法と、任意の時点でのプログラムの終了の方法。まあ、web上でサーチしてそれらしい方法を見おう見マネでやるんだけどね・・・

 HD_RECSが本当にタコだと思うのは、入力されている信号のフォーマットを知る方法がないこと。現在設定されているフォーマットにあった入力がされているかどうかしかわからないのだ。・・・ orz

 仕方ないので、想定されるフォーマットをセットして、入力が正しい場合はキャプチャし、正しくない場合は他のフォーマットを指定するということを正しいフォーマットになるまで繰り返すしかない。これによって、(あらかじめ想定している範囲の)どのような入力フォーマットであっても、自動的に正しい設定をしてキャプチャするアプリにできた。

SDKのサンプルより優れている点は、この一点だけ。入力信号のフォーマットが途中で変化した場合でも自動的に追従します。
 ただ、HD→SDと入力が変化したときにうまく追従できていない(SD→HDの場合はOK)。昼休みに、コードを眺めていてちょっと気がついたことがあるので、帰宅してからやってみようと思う。
---
本日の御託
実は家内は大変な癖毛で、美容院で「縮毛矯正パーマ」というのをかけている。これで、まっすぐサラサラの髪になるのだが、当然のこととして髪の毛は伸びるわけで、暫くすると根元が癖で先の方はストレートになる。ブラシをかければなんとかなるのだが、寝起きでは、「興奮したセキセイインコ」みたいになる(笑)。

先日、あまりにひどく「『マーズ・アタック』みたいだ」といったらへそを曲げられた。

ともかくも昨日、美容室へ行って来た家内は、今は「まっすぐサラサラ」ヘアーである。
妻よ、『マーズ・アタック』でも、嫌いじゃないゼ(えへへ)。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/485-9d5d9d59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。