Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AACデコードの続き~その3

ステップ2 AVIファイルを作成
 映像用の編集ソフトは、一般的に、複数のモノのWAVファイルを読み込むことができないので、AVIファイルに変換します。
Windowsのメディアエンコーダー9でも変換はできるようですが、私はマイクロソフトの
Windows Media モノからマルチチャネルへのウェーブ コンバイナ 9 シリーズをつかっています。

 これで作成されたAVIファイルは、TEMPGEncなどでも読み込むことができますので、映像と張り合わせることができます。
 もちろん、リップシンクの調整をする必要があります。ちなみに、TMPGEncは最大1分の範囲でしか調整ができません。

 今回この手順でやってみたのですが、リップシンクの調整がうまくいきません。理由は音声を、(画像と非同期に)アナログ経由で録音しているために微妙にサンプル周波数が異なってしまうためのようです。リップシンクのズレは0.1秒くらいが限界で、これを超えると不自然になります(「いっこく堂」みたいになる。笑)。
 30分くらいのソースならばなんとかごまかせます。(当たり前ですが)アニメは比較的不自然さが出にくいです。
 さすがに2時間を越えるソースだと、前半で合わせると後半でズレが無視できなくなり、逆も同様です。
 う~ん、どうしましょう・・・
---
[本日の御託]
 京都みやげといえば、「生八橋」。家内は「黒ゴマ」がお気に入りなのだが、近頃は各社から出ていて、どこのが美味しかったのかよくわからない。家内に「買ってこようか?」と聞くが、ちょっとダイエット中とかであまり乗り気ではない・・・
と、思ったら携帯のメールで「発見!黒のおたべ 10ヶ入り、630円!」とPCで検索した画像つきのメールが送られてきた。
ていうか、やっぱ食べたいんじゃん」(笑)



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/492-5b228e15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。