Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビデオラインセレクタ(笑)を作る。その7

 割り込みの周期が、D4の場合で60μSくらいになってしまう件ですが、手元に余っている16F648Aでは内蔵クロック(4MHz)を使うと、1μS/インストラクション(実際には分岐するときのムダがあるのでもっと遅い)ですので、せいぜい40ステップくらいになってしまいます。D5の場合はさらに半分の時間になります。2バイトデータの比較だけで4ステップ以上喰いますから、とても無理そうです。

 外部の発振素子を使うことにして、20MHzとかにするしかなさそうです。これでも、200ステップくらいなので、ぎりぎりかな?D5はあきらめることにします。また、ただでさえ少ないIOピンがまた少なくなってしまうので、機能をすこしケチることにします。本当は、16F877あたりを使えばよいのですが、なにせ648Aが余っているので・・・

 ラインセレクトの範囲ですが、どうせ見たいのはVSYNCの辺りだけです(笑)。そこで、本来11ビット必要なところですが、5ビットだけ割り当てることにします。また、奇数/偶数フィールドの選択に1ビット、インターレースの両方または奇数、偶数ののどちらかを選択するのに1ビット、LMH1981からのインターフェースに3ビットで入力は合計10ビット。
 ラインセレクトの出力に1ビット、入力フォーマットD1~D4の表示で2ビット合計3ビット、あと1ビット余りますが、イザというときのための予備とします。
---
[本日の御託]
 麦茶に牛乳を入れてみた。意外においしかった。。。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/504-b76dc8fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。