Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hauppauge HD PVR ubuntuの時計あわせ

ここのところ書いているように、XP MCE2005でタイマー録画そのものの制御をし、XP(ホストOS)上でVMPlayerを用い、ubuntu serverをゲストOSとして実行し、HD PVRでキャプチャをするシステムになっています。致命的な問題ではないのだが、ubuntu(ゲストOS)の時計がメチャメチャ狂いますね。キャプチャにはまったく影響しないのだが、ログファイル中のイベントの時間がメチャメチャで、ログファイルの意味がないです。
録画中以外は、XP(ホストOS)のPCスリープさせてあるのだが、ゲストOSはそんなことを知る由もなく、ホストOSがスリープ中に、時計が止まってしまうのが原因だろうと思います。時刻あわせには、ntpを使うのが一般的なようですが、ゲストOSでsambaのクライアントを動かしているので、Windowsの場合と同じように、net timeコマンドを用いて、2分後とにホストOSと時刻を同期させるようにしてみました。スクリプトは最後に載せるが、

 %timeset &

こんな感じ。最初の一回はパスワードを求められます。

これで、ソフトはほぼ完璧かな。いずれ、linux系のmythtvとかに以降することも考えなければならないでしょう(メディアセンターの番組情報の提供はいつまで続くかわかりませんし)が当座はこれでいいことにしましょう。

あとは、HD PVRの熱対策を少し考えたいと思います。
---
[本日の御託]
山田優見たさ(笑)に録画してあった、「正義の味方」を今更ながら、見始めた。予想外に面白くてちょっとハマッています。なるほど、志田未来は話題になるだけのことはある。この子、どっかで見たことあると思ったら、ウルトラセブンのOVAに出てた子だな、たぶん。


----8<------- cut here ------8<-------
#!/bin/sh
while [ 1 ] ; do
   sudo net time set -S rec0
   sleep 120
done
----8<------- cut here ------8<-------



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/540-054bd03d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。