Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hauppauge HD PVR ポスト処理とインターレース解除

今まで使っていた、カノープスのHDRECSのサンプル動画や、インターネット上のエンコーディングの話をみても、インターレースを解除(考えてみればヘンな言葉だ)してプログレッシブ化するのがあたりまえと思っていた。特にフィルム製作(映画)や海外のドラマに多い、24fps素材のものは、24fps化とその際にプログレッシブ化するほうがよいと、盲目的に信じて再エンコをやっていたのだが、HD PVRでキャプチャした動画(とうぜんインターレース)をそのまま再生するほうが、結果としての再生画像は「自然」な気がします。もちろん、この場合も、ffdshowをレンダラに使う場合は、インターレース解除を指定ているし、、TotalMediaTheatreは(おそらく)自動で解除しているのだろう。テレビとPCのなんていうか、構造の違いから、プログレッシブ化は必須なのはわかっているつもりです。 
 要は何が、いいたいかというと、プログレッシブ化はどの過程でやるべきなのか?というギモン。HD PVRで録画したものを、いくつか再エンコードして、MS VC-1にしてみたのだが、再エンコードしたものは、どうも時々「引っかかる」ような絵になってしまう。特に24fps素材が著しい。普通に見ていれば、特に気になるほどではないのだが、インターレースを解除しないままのVC-1の方が「自然」な感じがする。
 インターレースという技術自体は、古典的な動画圧縮の一手法と考えられるから、うまく使えばデータ量を抑える、あるいは、同じデータ量であれば画質を上げることができるはず。

 う~ん、ワタシの眼がおかしいのか?作業の手順がわるいのか?なぞだ・・・

---
[本日の御託]
番組改変期の嵐もなんとか乗り切って、やっと「24」を観終えた。相変わらずめちゃくちゃなはなしだし、ちょっと飽きてきた感じもするが、まあ、ドラマとしては非常によくできているといえるだろう。
 わがバカ夫婦の最近のプチブームは、机の脚に小指をぶつけたり、掻き毟ったあとに、「キンカン」を塗ったりしたときに、
「うぉ~、モハベ砂漠、シャドーバレー」と絶叫する、というものである(笑)。あ、24観ててもわからないか・・・ 



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/546-1569dbfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。