Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TeamViewerで地球の裏側からPCを使ってみる

え~、仕事でシリコンバレーに来ています。行きの飛行機はアップグレードでビジネスクラスになってラッキーだが、搭乗ぎりぎりにアップグレードされたため、医者に処方された強烈な睡眠薬を飲んだあとで、メシを喰うまでは頑張って起きていたのだけれど、デザートが出てくる頃には寝込んでしまい、夜中のスナック(カップラーメンらしい)とかは喰えずじまい。珍しく平日だったせいもあるだろうけど、飛行機は空いてましたね。

ま、それは置いておいて、今日のお題はteamviewerというソフトを使って、家の外から自宅のPCをリモートで使う話。まあ、日本にいる間に、PHSとかで実験済みなので、動いて当たり前なのだけれど、シリコンバレーのホテルからもばっちりです(さっき、見たらWOWOWで4400の録画中でした)。
 普通、こういう場合、SSHとかで繋いで、トンネリングでVPNした上で、リモートデスクトップなり、vncなりを使う、というのが定番なんだろうけど、ルーターの設定を変えたりいろいろと面倒くさい。
 teamviewerでは(少なくとも我が家では)、そのようなことを一切せずに使うことができました(すばらしい)。逆にいえば、常にWANから使えてしまうので、普段はオプション設定で、LANからのみアクセス可にしておくほうがいいかもしれないです。
 似たようなソフトでは、Crossloopとかがありますが、Crossloopは、vncベースのせいか、遅いし、パスワードは1分ごとに変わるので、誰かにpcの前にいてもらわねばならない。スピードもteamviewerの方が速いです。あと、個人で使う分にはfreeです。

 さすがに、反応はそこそこかったるいですが、メディアセンターの録画状況の確認とか、WOLでファイルサーバーを起動して、録画ファイルをRaidボリュームにコピーするくらいなら問題はありません。

 あとは電源をWOLで入れられれば一応完璧かな?・・・方法はあるらしいが、今回は電源入れっぱなし。

---
[本日の御託]
 ホテルの近所のPCショップを覗いてみましたが、メボシイものは無し。米国メーカー製の品物以外は日本の方が安い。例外はHDDで、1TBのバルク品とかがまだ$150近い。
 Intel D945GCLF2が$69,(日本では、安いところで9500円位かな?気になるけど、チップセットも含めてファンレスになるまで我慢)、ANTEC 900が$109はかなりぐらっときましたが、どうやって持って帰る?

 



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/556-f18e2628
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。