Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Xonar HDAV 1.3 Deluxe vs Auzen X-Fi HomeTheater HD

 PCからマルチチャンネルのHiFi Audioをデジタルのまま出力するのは、意外にむずかしい。Dolby Digital Live(DTSではDTS Neo:PC DTS Interactive)くらいしか事実上方法がなかったし、これらはロッシー圧縮なのである。DVDがこれらに相当する音声だからそのクオリティを思えばまあ、十分という考えもないではない。

一方、Blurayディスクでは、Dolby TrueHDなどの、ロスレスのマルチチャンネルオーディオが出てきているがこれらは、HDMI経由でしか出力できないことになっているので話がややこしい。

いままで、一部のビデオカードでは、外部からSPDIFでデジタルオーディオを入力したり、ATi(AMD)系ではビデオカードにデジタルオーディオの機能を持ったりしたものもあったのだが、いずれも上記のDolby Digital Live等ロッシー圧縮ばかりであったのだけど、ここへ来て、ちょっと新しい動きが出てきた。今までと逆に、HDMIでビデオを入力し、ロスレスのデジタルオーディオを重畳したうえで再度HDMIで出力するサウンドボードが出てきた。

調べた範囲では、
ASUSのXonar HDAV 1.3(Deluxe)AuzentechのAuzen X-Fi HomeTheater HDが見つかった。Xonerの方は、アナログ出力用のドータボード付き(Delux)とHDMI出力のみの二つがあり、Deluxの方は既に日本でも販売が始まっているようだ。一方、Auzenの方は、ブレークアウトケーブルで、アナログ出力に対応する。価格は、ASUSが23000円前後。Auzenの方がUS$200位なので、代理店が適正な価格をつければ大体同じくらいかな。PC用のサウンドカードとしては高額なほうですね。

本当は、Auzentechの方が気になる(米国では2009年1月末に販売予定)のだけど、CreativeのLSIを使ってるとのことで、ドン引き(orz)。ASUSは画像も同時にアップグレードできるとのことだが、そっちは大して期待はしてはいません。

というわけで、ASUSの方を買おうと思ったら、売り切れ  orz
----
[本日のにゃんこ]
だいたいネコというものは、こっちがおもちゃとかを用意してもぜんぜん無視したりしているが、これははまった。
kitten20081215
100均で買ってきたボウルをフリースで包んで、ネコなべもどきの一丁あがり!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/571-64fbc7e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。