Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RubyでAutoItX/COMオブジェクトを使う

 相変わらず,RubyとAutoItで遊んでます.AutoItには,AutoItXというCOMオブジェクト版があります.この2つを繋いでみました.(「.NETじゃだめ?」という,ツッコミはこの際無しね.笑)

 添付のプログラムは,AutoItX 3.3.0.0をインストールした環境で,ActiveScriptRuby(1.8.7)で試しました.実行すると,マウスカーソルが画面上の左上に移動します.それだけです(大笑)

 じゃ,そういうことで...

(2009/3/30追記)
COMオブジェクトの使い方に関していくつか見つけました。
 AutoIt v3.3.0のヘルプファイル
  「るびま」Win32OLE 活用法

-------------------------------
require 'win32ole'
oAutoItX = WIN32OLE.new("AutoItX3.Control")
sleep(0.1)
oAutoItX.MouseMove( 0, 0)



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/603-848928e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。