Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私がGV-D4VRに心惹かれないわけ・・・

IO DATAのGV-D4VRが発売になったらしいですね.

【送料無料】I・O DATA D4入力&フルHD対応 ハードウェアMPEG-2エンコーダ搭載 ビデオキャプチャボード PCIモデル [GV-D4VR]
 某掲示板では,早速いわゆる「神設定」を見つけたひとがいるらしい.でも,私的にはスルーかな・・・
 もちろん、Hauppauge HD-PVRがあるからだが、 
理由
・MPEG-2ベースでは再エンコ必須(ファイルがでかい)→今のCPUパワーでは死ぬほど時間掛かる.だいたいディジタル放送を録画(MPEG2→アナログ→MPEG2)だったら「TS抜き」したい・・・
・アナログオーディオ入力しかないので,5.1chオーディオが単独では不可.
・USBじゃない。やっぱ、便利なのよUSBは。。。

価格もHD-PVRに比べると(アメリカで買うことを考えれば)ほぼ差はない。
「録画人間の末路」さんにD1⇔D3の自動追従の話が書かれていますが、HD-PVRも付属のWindows用のソフト(TotalMediaExtreamのOEM版)ではできています。
実はこの機能は結構重要で、私の視聴しているCATVはHD/SD混在だし、WOWOWやNHK教育も同様。(CanopusのHDRECSの時は苦労しました。サンプルソフトをもとに自分で自動追従するソフト作ったし・・・)
 ただ、おまけのソフトは解像度が変わったときもそのまま、同じファイルになってしまうので、あとで再編集するときはちょっと不便です。Linux用は自分で作りましたけど、こちらは解像度が変わったときファイルを分けるようにしました。
 そういえば、そろそろ自分で作ったソフトも公開しますかねぇ…

まあ、なにはともあれ、HDの録画環境が増えるのは喜ばしいことです。。。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/613-205c43bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。