Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D945GSEJT,ACアダプタで動してみる

ACアダプタで動作させてみました。データブックでみると50~60WクラスのACアダプタを想定しているようです。今回は秋月電子の12V5Aのアダプタ を使ってみました。
M/B側のDCジャックは外径5.5mm内径2.5mmタイプなので残念ながらこのままでは適合しません。外径5.5mm内径2.5mmタイプのプラグは 一般的なようなので、秋葉原の部品屋さんでも見つけることはできるでしょう。今回はM/Bを買いに行った時間がちょっと遅くて部品屋さんがしまっていたの と、この手のDCプラグは普通は5Aとかを流すことを前提には作られていないような気がするので変換ケーブルを作りました。同じく秋月電子で売っているDCジャックパネル取り付けタイプもあります) とこんなこともあろうか(笑)と買っておいた、12Vの延長ケーブル

【★人気商品】アイネックス PX-007 ATX12V用電源延長ケーブル
を途中で切って、半田付けして写真のようなケーブルを作ってみました。
powercable早速使ってみます。3.5インチHDD2台でも問題はないです。ACアダプタはそこそこ熱を持ちますが、ケースの外に置けるので放熱の点では有利ですね。PC本体の熱はほとんど感じられなくなりました。

もっとも、D945GSEJT上のCPU、MCHの温度はかなりですし、HDDも触った感じでは50℃近いのではないかと思いますので、ケースファンはゆっくりとですが廻しています。

ということで、とりあえず結果は上々。中長期的な信頼性はまた別ですが、しばらくこれで運用してみます。

(2009/6/10追記)
こちらの方によれば、秋月の口径変換器、もとい変換アダプタが使えるとのこと。これならお手軽ですね。そういえば、部品箱の中に転がっていたような…



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/664-6e3f11b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。