Dies Aliquanti

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATVのセットトップボックスが死んだっぽい…

CATVのセットトップボックス(STB)が死んだっぽい… orz

「E202 受信できません」が16日の夕方あたりからの録画されています…STBのメンテメニューのでRFの入力レベルを確認してみますが、0を指していますね。入力ケーブルを別のチューナーに差し替えると(パススルーで受信している)地デジはちゃんと受信できてますね。ということは、メッセージに反して入力はちゃんと来ているわけですね…
 「お約束」として、リセットボタンを押してみても状況は変わりません。一応AC電源を抜いて数分間放置の後、お祈りしながら(笑)電源を入れ直して見ますが、当然だめ。どうやらSTBのチューナーモジュールがお亡くなりになった模様です。

CATV会社のサポートコールは当然昼間だけですから、外から連絡しますが、オペレータに状況を伝えると、「リセット以外に、念のためB-CAS・C-CASカードの抜き差しをしてみて欲しい」とのこと。内心それは「E101とかE102のエラーコードの場合じゃないかなー」と思いながらも、今STBの前にいないのでチェックは今晩以降になるが、先行して修理などの手配をお願いしたい旨、伝えるとSTBの故障でない場合は有料になる場合があるとのこと。
これまた内心「じゃあSTBに故障だった場合は、16日の夕方以降、受信できていない分のCATVの料金は払い戻されるのか?」と思うが、オペレータの方と議論しても仕方ない気がするので、明日の朝いつ修理を行うかサービス部署から連絡をもらうことにしてそれまでに、CASカードの抜き差しは試してみる、ということにしました。

帰宅して、アホくさいと思うが念のため、CASカードの挿抜をしてみるが、当然だめ。頼むぞ、JCN!    orz ...

ちなみに、デジタル放送機器のエラーコードは各社共通化されているはずで、一覧表はたとえば、ここにあります。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://diesaliquanti.blog.fc2.com/tb.php/705-80add4a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。